ナリタハヤブサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナリタハヤブサ
欧字表記 Narita Hayabusa[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1987年4月28日[1]
死没 2003年2月27日(17歳没・旧表記)
ナグルスキー[1]
フェアーカップ[1]
母の父 ダイハード[1]
生国 日本の旗 日本北海道門別町[1]
生産 下河辺牧場[1]
馬主 山路秀則
→岩村忠太
[1]
調教師 中尾謙太郎栗東
→向山勝(新潟
[1]
厩務員 角居勝彦(JRA)
競走成績
タイトル JRA賞最優秀ダートホース(1991年)[1]
生涯成績 41戦9勝[1]
獲得賞金 3億1366万7000円[1]
勝ち鞍 GIIIウインターステークス(1990・1991年)
GIIIフェブラリーハンデキャップ(1991年)
帝王賞(1992年)
[1]
テンプレートを表示

ナリタハヤブサ[1]は、日本競走馬種牡馬。主な勝ち鞍に1990年1991年ウインターステークス1991年フェブラリーハンデキャップ1992年帝王賞。1991年度のJRA賞最優秀ダートホースに選出された。

戦績[編集]

  • 特記事項なき場合、本節の出典はJBISサーチ[2]

1989年9月10日、阪神競馬場での新馬戦でデビューし、3着。2戦目で初勝利を挙げる。しばらくは勝ち星を挙げられなかったが、4歳に入ってきさらぎ賞3着を経てペガサスステークススプリングステークスと連続で2着に入り、牡馬クラシック第一冠の皐月賞に出走するが、12着。続くNHK杯も8着に終わる。その後も4戦芝のレースに使われたが、蹄が非常に脆かったために、芝に比べて負担のかからないダート路線への転向が図られる[3]。初ダート戦となったウインターステークスでは6番人気ながらカリブソングを破って、さらにレコードタイムで重賞初制覇を達成。1991年初戦のフェブラリーハンデキャップもレコードタイムで制して重賞2連勝を達成する。その後しばらくは2着を二度記録するも勝てない競馬が続いたが、年末のウインターステークスで前年達成のレコードタイムを自ら更新して2連覇を達成。また、1991年度のJRA賞最優秀ダートホースに選ばれた。

1992年を迎え、60キロの斤量を背負ったフェブラリーハンデと仁川ステークスは3着、4着に終わったものの、マンジュデンカブト、ラシアンゴールドとともに中央競馬代表で出走の帝王賞では、ラシアンゴールドと1着同着優勝を達成した[4][5]。続く武蔵野ステークスもトップハンデの60.5キロの斤量を背負いつつ1分34秒5のレコードタイムで勝利、このタイムは2001年武蔵野ステークスクロフネが更新するまで、東京競馬場のダート1600メートルのレコードタイムとして維持された[6]。その後は1993年中京記念で2着に入ったほかは勝てず、ウインターステークスの3連覇もチェリーコウマンに阻まれた[7]。1993年の帝王賞8着を最後に公営新潟競馬・向山勝厩舎に移籍し、移籍初戦から3連勝を達成したが、1995年4月の三条競馬場の仲春特別で競走を中止し、これが最後のレースとなった。

装蹄はディープインパクトエアグルーヴ、そしてクロフネの装蹄も務めた西内荘が担当しており、西内は後に「今の自分の技術で装蹄することができたら、メジロマックイーンのライバルになれたかも知れない」との評価を送っている[3]

競走成績[編集]

以下の内容は、JBISサーチ[2][8]およびnetkeiba.com[9]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 枠番 馬番 オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F/4F
着差 騎手 斤量
[kg]
勝ち馬/(2着馬)
1989.09.10 阪神 3歳新馬 芝1600m(良) 14 3 3 04.3(2人) 3着 01:37.3 (50.5) -0.2 岡潤一郎 52 スーパートライ
0000.10.01 阪神 3歳新馬 芝1600m(良) 14 7 11 01.5(1人) 1着 01:36.8 (48.6) -0.8 武豊 52 (タマモハヤト)
0000.10.28 京都 もみじS OP 芝1600m(良) 10 7 8 02.7(1人) 6着 01:36.3 (48.5) -0.5 武豊 53 ツルマルミマタオー
0000.12.02 阪神 エリカ賞 400 芝2000m(良) 7 7 7 01.9(1人) 2着 02:02.2 (48.5) -0.4 武豊 54 グランドゴールド
0000.12.23 阪神 千両賞 400 芝1600m(良) 15 4 7 02.2(1人) 2着 01:37.2 (49.7) -0.6 武豊 54 シンシノブ
1990.02.11 阪神 きさらぎ賞 GIII 芝2000m(不) 12 5 6 05.8(3人) 3着 02:04.9 (51.2) -0.8 武豊 55 ハクタイセイ
0000.03.04 阪神 ペガサスS GIII 芝1600m(重) 12 4 4 07.6(3人) 2着 01:38.0 (49.9) -0.1 武豊 55 キーミノブ
0000.03.25 中山 スプリングS GII 芝1800m(良) 14 6 9 12.0(5人) 2着 01:49.7 (37.7) -0.8 武豊 56 アズマイースト
0000.04.15 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 8 17 16.6(8人) 12着 02:03.3 (37.9) -1.1 武豊 57 ハクタイセイ
0000.05.06 東京 NHK杯 GII 芝2000m(良) 16 1 2 16.4(9人) 8着 02:01.6 (37.1) -0.8 蛯沢誠治 56 ユートジョージ
0000.05.26 阪神 マーガレットS OP 芝1600m(良) 9 1 1 02.1(2人) 3着 01:36.6 (48.6) -0.6 河内洋 57 ホリノウイナー
0000.09.16 中京 朝日チャレンジC GIII 芝2000m(不) 11 6 6 04.1(2人) 4着 02:02.4 (37.1) -0.5 岡潤一郎 53 ファンドリポポ
0000.10.14 京都 京都新聞杯 GII 芝2200m(良) 15 7 13 15.8(8人) 14着 02:14.7 (48.9) -2.4 土肥幸広 57 メジロライアン
0000.11.24 東京 キャピタルS OP 芝1400m(良) 16 7 13 24.4(13人) 14着 01:22.4 (35.4) -1.4 蛯沢誠治 54 ストロングクラウン
0000.12.16 中京 ウインターS GIII ダ2300m(良) 15 5 8 15.4(6人) 1着 R2:25.3 (37.5) -0.1 横山典弘 54 カリブソング
1991.02.16 東京 フェブラリーH GIII ダ1600m(重) 14 3 3 02.7(1人) 1着 R1:34.9 (36.7) -0.3 横山典弘 56.5 (インターシオカゼ)
0000.05.11 東京 武蔵野S OP ダ1600m(良) 12 6 8 02.5(1人) 2着 01:35.5 (36.9) -0.1 松永幹夫 58 ミスタートウジン
0000.06.30 札幌 札幌記念 GIII 芝2000m(良) 16 7 13 11.2(5人) 13着 02:02.2 (37.6) -1.3 横山典弘 57.5 メジロパーマー
0000.07.27 札幌 タイムス杯 OP ダ1700m(不) 12 6 7 02.4(2人) 2着 01:43.4 (37.4) -0.2 横山典弘 58 カミノクレッセ
0000.08.25 函館 シーサイドS OP ダ1700m(良) 12 5 5 02.8(2人) 5着 01:46.5 (39.0) -1.7 横山典弘 58.5 カミノクレッセ
0000.10.05 東京 神無月S OP ダ1600m(良) 11 2 2 04.0(1人) 5着 01:36.8 (36.9) -0.4 横山典弘 58 マンジュデンカブト
0000.11.02 東京 根岸S GIII ダ1200m(良) 13 4 5 05.2(2人) 9着 01:11.7 (36.2) -1.7 横山典弘 58 トモエリージェント
0000.12.15 中京 ウインターS GIII ダ2300m(良) 12 1 1 05.8(3人) 1着 R2:24.5 (37.0) -0.1 熊沢重文 58 (マンジュデンカブト)
1992.02.22 東京 フェブラリーH GIII ダ1600m(良) 16 5 10 08.8(5人) 3着 01:35.7 (36.5) -0.3 横山典弘 60 ラシアンゴールド
0000.03.21 阪神 仁川S OP ダ1800m(重) 10 1 1 02.1(1人) 4着 01:52.0 (48.5) -0.8 松永幹夫 60 ヘラクレス
0000.04.15 大井 帝王賞 ダ2000m(稍) 13 5 6 00.0(6人) 1着 02:06.6(00.0) 同着 横山典弘 56 (ラシアンゴールド)
0000.05.16 東京 武蔵野S OP ダ1600m(稍) 13 5 6 03.6(1人) 1着 R1:34.5 (35.5) -0.2 熊沢重文 60.5 (ダイカツジョンヌ)
0000.06.14 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(良) 13 7 10 16.3(6人) 9着 02:22.7 (54.8) -4.1 田島信行 57 メジロパーマー
0000.07.04 中京 東海S OP ダ1700m(良) 11 7 9 02.1(1人) 5着 01:45.0 (37.6) -1.5 熊沢重文 59 ヘイセイシルバー
0000.11.07 東京 根岸S GIII ダ1200m(良) 14 8 13 20.2(2人) 9着 01:11.7 (35.7) -0.7 橋本広喜 59 ハッピィーギネス
0000.12.20 中京 ウインターS GIII ダ2300m(良) 16 2 3 02.0(1人) 5着 02:27.0 (38.8) -1.1 横山典弘 59 チェリーコウマン
1993.01.31 東京 銀嶺S OP ダ1400m(良) 14 6 9 12.2(6人) 7着 01:23.9 (35.8) -1.0 横山典弘 61 スタビライザー
0000.02.20 東京 フェブラリーH GIII ダ1600m(良) 16 5 10 11.9(5人) 8着 01:37.1 (36.3) -1.4 横山典弘 61 メイショウホムラ
0000.03.21 小倉 中京記念 GIII 芝2000m(良) 16 4 7 07.5(5人) 2着 02:03.4 (36.3) -0.1 久保田英敬 57 アラシ
0000.04.12 大井 帝王賞 ダ2000m(良) 16 7 14 00.0(2人) 8着 02:06.3(00.0) -0.8 横山典弘 55 ハシルショウグン
0000.06.28 新潟(公) 金北山特別 A2 ダ1700m(良) 8 6 6 00.0(1人) 1着 01:49.9(00.0) -0.7 向山牧 55 (ダイワベッカー)
1994.09.18 新潟(公) 米山特別 A2 ダ1700m(良) 10 5 5 00.0(1人) 1着 01:50.6(00.0) -0.7 向山牧 55 (エイシンライダー)
0000.10.10 新潟(公) 神無月特別 A1 ダ1700m(良) 10 8 9 00.0(1人) 1着 01:49.5(00.0) -0.1 向山牧 55 (タケデンファイター)
0000.11.20 新潟(公) 晩秋特別 A1 ダ1600m(重) 9 4 4 00.0(1人) 4着 01:40.4(00.0) -0.4 向山牧 56 カルストンテリブル
1995.04.16 三条 仲春特別 A1 ダ1700m(稍) 9 8 9 00.0(2人) 競走中止 向山牧 55 レイクダービー

引退後[編集]

引退後は種牡馬となり、供用7年間で血統登録頭数44頭、出走頭数はそのうちの35頭を記録した[10]。その後、2003年2月27日に死去、オリオンファームに墓碑がある[11]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ナリタハヤブサ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ニジンスキー系
[§ 2]

*ナグルスキー
Nagurski 1981
鹿毛 カナダ
父の父
Nijinsky II 1967
鹿毛 カナダ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
父の母
Deceit 1968
黒鹿毛 アメリカ
Prince John Princequillo
Not Afraid
Double Agent Double Jay
Conniver

フェアーカップ 1968
鹿毛 日本
*ダイハード
Die Hard 1957
栃栗毛 イギリス
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Mixed Blessing Brumeux
Pot-Pourri
母の母
健宝 1959
黒鹿毛 日本
*ヒンドスタン
Hindostan
Bois Roussel
Sonibai
トキノタカラ *プリメロ
スターカップ
母系(F-No.) フロリースカツプ(GB)系(FN:3-l) [§ 3]
5代内の近親交配 Nearco5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [14]
  2. ^ [15]
  3. ^ [14]
  4. ^ [14][15]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q ナリタハヤブサ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。
  2. ^ a b ナリタハヤブサ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。
  3. ^ a b 城崎哲『カリスマ装蹄師西内荘の競馬技術 - 空飛ぶ蹄鉄をいかにデザインするか』白夜書房 p.84
  4. ^ 10R 帝王賞 A1 1992年4月15日(水)1回大井2日”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。
  5. ^ 【オークス】92年帝王賞も蛯名&横山典”. スポニチアネックス - ギャンブル. スポーツニッポン (2010年5月24日). 2020年4月8日閲覧。
  6. ^ 優駿』2001年12月号、p. 140
  7. ^ 11R ウインターS 1992年12月20日(日)3回中京8日”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。
  8. ^ 10R 仲春特別 A1 1995年4月16日(日)1回三条6日”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。
  9. ^ ナリタハヤブサの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年4月8日閲覧。
  10. ^ ナリタハヤブサ 種牡馬情報:世代・年次別(サラ系総合)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。
  11. ^ ナリタハヤブサ”. 競走馬のふるさと案内所. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。
  12. ^ クラソラユケ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。
  13. ^ アンプルカット”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。
  14. ^ a b c ナリタハヤブサ 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。
  15. ^ a b c ナリタハヤブサの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年4月8日閲覧。
  16. ^ 健宝”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月8日閲覧。