ナンショウダイダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナンショウダイダイ
保全状況評価[1]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 双子葉植物綱 magnoliopsida
階級なし : バラ類 Rosids
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
: ナンショウダイダイ C. taiwanica
学名
Citrus taiwanica Tanaka & Shimada
和名
ナンショウダイダイ
英名
Nansho Daidai Sour Orange、Nansho Daidai

ナンショウダイダイ(南庄橙、学名Citrus taiwanica (Tanaka & Shimada))は、柑橘類の一種である。台湾の固有種

概要[編集]

ナンショウダイダイは、台湾の竹南郡南庄(現在の苗栗県南庄郷)に住んでいた湯本矢太郎氏が発見。後に柑橘類専門家の田中長三郎博士と植物研究家(当時:農業試験所員[2])の島田彌市氏が、共同で新種として1926年に発表した[3]

特徴[編集]

ナンショウダイダイの最も重要な特徴は、小さい枝に長い棘を備えていることである。果実はとても酸っぱい。常緑樹で高さは4メートルまで伸びる[3]

脚注[編集]

  1. ^ Pan, F.J. (1998). Citrus taiwanica. The IUCN Red List of Threatened Species 1998: e.T35142A9914463. doi:10.2305/IUCN.UK.1998.RLTS.T35142A9914463.en Downloaded on 12 January 2019.
  2. ^ 臺灣歷史人物小傳 島田彌市2018年8月22日閲覧。
  3. ^ a b 南庄橙 認識植物2018年5月13日閲覧。

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 臺灣植物誌 第二版 第三巻、P516、1993年、陸續出版
  • 台灣高等植物彩色圖誌 第六卷、p118、應紹舜

リンク[編集]