ナンテンカズラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ナンテンカズラ
Nanten kazura.png
ナンテンカズラの花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : ジャケツイバラ亜科 Caesalpinioideae
: ジャケツイバラ属
Caesalpinia
: ナンテンカズラ
Caesalpinia crista
学名
Caesalpinia crista L.
シノニム
  • C. chinensis Roxb.
  • C. kwangtungensis Merr.
  • C. laevigata Perr.
  • C. nuga (L.) W.T.Aiton
  • C. nuga (L.) Aiton
  • C. paniculata Desf.
  • C. paniculata (Lam.) Roxb.
  • C. scandens Roth
  • C. szechuenensis Craib
  • Genista scandens Lour.
  • G. bonduc var. minus DC.
  • G. crista Small
  • G. nuga L.
  • G. paniculata Lam.
  • G. semina Lour.
  • Ticanto nuga (L.) Medik. [1]
和名
ナンテンカズラ

ナンテンカズラ(南天蔓、学名Caesalpinia crista L.)[2]は、マメ科ジャケツイバラ亜科つる性の落葉低木。

屋久島以南の南西諸島台湾東南アジアインドに分布する。概して海岸近くのマングローブの林縁に自生する。ツルの長さは3〜5m程度であり葉軸には鋭い逆向きのトゲを持つ。葉は2回羽状複葉で羽辺に3対程度の小葉をもつ。小葉は光沢のある長さ2〜4cm、幅1〜2cmの狭卵形で厚みがある。3〜5月頃、葉脇から総状花序を出し、径1.5cm程度で黄色い蝶形花をつける。花後には扁平な豆果実をつける。

脚注[編集]

  1. ^ Caesalpinia crista L.”. The Plant List. 2015年9月24日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants 和名−学名インデックス(YList)”. 2015年9月24日閲覧。