ナンブトウウチソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナンブトウウチソウ
Sanguisorba obtusa 4.JPG
岩手県早池峰山 2014年8月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: ワレモコウ属 Sanguisorba
: ナンブトウウチソウ S. obtusa
学名
Sanguisorba obtusa Maxim.[1]
和名
ナンブトウウチソウ(南部唐打草)[2]

ナンブトウウチソウ(南部唐打草、学名:Sanguisorba obtusa )はバラ科ワレモコウ属多年草[2][3][4]

特徴[編集]

多年草。地下の根茎は太い。根出葉は束生し、長い葉柄があり、その先に6-8対の小葉をもった奇数羽状複葉がつく。小葉柄は無柄かあっても短く、小葉は長さ2-5cm、幅1.5-3cmになる楕円形で、互いにやや接近してつき、葉質はやや硬い。小葉の先端は円形または鈍形になり、基部はやや心形になり、縁にやや深い鈍鋸歯があり、裏面は粉白色になる。葉軸や葉裏の主脈に沿って赤褐色の縮れた軟毛がある。は高さ30-50cmになり、軟毛があり、単一か上部で分枝し、茎につく葉は互生する。[2][3][4]

花期は8-9月。穂状花序は茎先、分枝した枝先に1個ずつつく。は淡紅色で、花穂は円柱形で長さ4-7cmになり、垂れ下がる。花穂には花を密につけ、花穂の上部から基部にかけて開花していく。花に花弁はなく、花弁状の裂片が4個ある。雄蕊は4個あり、長さ8-10mm、萼裂片の長さの3-4倍になり、花外に突き出る。花糸の上部は扁平になり幅が広く、葯は乾くと黄褐色、花後には脱落する。子房は下位で萼筒に包まれ、1個の胚珠があり、小型の柱頭はふさ状になる。果実痩果で、やや革質になる[2][3][4]

分布と生育環境[編集]

日本固有種。本州の岩手県早池峰山の特産種で、高山帯の蛇紋岩地に生育する[2][3][4]

和名の由来[編集]

牧野富太郎によると、ナンブは産地である岩手県の南部地方から、トウウチソウは唐打草の意味で、中国から渡来した「打紐」の色感と本種の花穂の印象が似ているためではないかとしている[4]

保全状況評価[編集]

絶滅危惧IB類 (EN)環境省レッドリスト

Status jenv EN.png

(2012年環境省レッドリスト)

ギャラリー[編集]

花穂は垂れ下がり、個々の花から雄蕊が突き出る。 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ナンブトウウチソウ 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑8 高山に咲く花』p.255
  3. ^ a b c d 『日本の野生植物 草本II 離弁花類』p.184
  4. ^ a b c d e 『新牧野日本植物圖鑑』p.295

参考文献[編集]