ナーイアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの絵画『ナイアド(ヒュラスとニンフ)』(1893年, 個人所蔵)。ナイアドがヒュラースを見つけた。

ナーイアス古希: Ναιάς, Nāïas)は、ギリシア神話に登場する妖精種族で、ニュンペーである。ギリシア語νάειν, naein (流れ)またはνἃμα, nama (流水)に由来する。英語フランス語などではナイアド: Naiad: Naïad)。英語ではネイアドとも発音する。ドイツ語などではナヤーデ(Najade)。

複数形ナーイアデス古希: Ναιάδες, Nāïades)。英語ではナイアズ(Naiades)。

日本語では長母音を省略してナイアスナイアデスとも表記される。のニュムペーであるネーレーイス(ネレイド)とは別。

伝承[編集]

各々の泉や川に別のナーイアス(1人または複数)がいる。その泉や川のの娘とされることが多いが、ホメーロスによればゼウスの娘。オーケアノスの娘とされることもある。

ナーイアスがいる泉や川のを飲むと、病気が治る。しかし、水に入ることは冒涜とみなされ、呪われ病気になったり気が狂ったりする。

地方の伝承には頻繁に現れる。また、人間のとなることがあり、英雄先祖や妻として系図に姿を現す。

主なナーイアス[編集]

アレトゥーサを捕らえようとするアルペイオス
ヘルマプロディートスを襲うサルマキス

同名の登場人物が他にいることがあるので注意。

  • アイグレー (Aegle)
  • アバルバレア (Abarbarea)
  • アレトゥーサ (Arethusa)
  • アンナイド (Annaed)
  • エケナイス (Echenais)
  • オルセーイス (Orseis)
  • カスタリア (Castalia)
  • カリロエー (Callirrhoe)
  • クレウーサ (Creusa)
  • クレオカレイア (Cleochareia)
  • コーリュキデス (Corycides) - 次の3人の総称
    • コーリュキアー (Corycia)
    • クレオドーラー (Kleodora or Cleodora)
    • メライナ (Melaina)
  • サルマキス (Salmaci)
  • ステュクス (Styx)
  • ドロセア (Drosera)
  • ノミアー (Nomia)
  • バテイア (Bateia)
  • ハルピンナ (Harpinna)
  • プラークシテアー (Praxithea)
  • ペリボイア (Periboea)
  • ピタネー (Pitane)
  • メリテー(Melite)
  • メンテー、ミンター (Menthe, Mintha)
  • ララ (Lara)
  • リライア(Lilaea)
  • レーテー (Lethe)

ナーイアスからの命名[編集]

衛星ナイアド

関連項目[編集]