ナースのお仕事の登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ナースのお仕事 > ナースのお仕事の登場人物

ナースのお仕事の登場人物(ナースのおしごとのとうじょうじんぶつ)では、テレビ番組映画ナースのお仕事』の登場人物について説明する。

外科病棟(第1外科)ナース(看護師、看護婦)[編集]

人数が多いため、長期レギュラー出演者以外は初登場した作品ごとに分ける。

パート4以前の法的呼称は「看護婦」であり、看護師長も「看護婦長」であった。

長期レギュラー出演のナース[編集]

朝倉いずみ(あさくら いずみ)
演 - 観月ありさ
本作の主人公。パート1では昭和49年(1974年)4月15日生まれだが、パート4では昭和49年7月2日生まれである(演じた観月ありさは昭和51年生まれである)。
栃木県出身。パート1第1話での台詞から、浪人せずに3年制の看護学校を卒業しており、就職時点で21歳で、直後の誕生日で22歳である。東京へ出て遊びたいという理由でいろいろな短大や専門学校を受験するが、全て不合格となり、唯一合格した看護学校に入学し上京する(本人曰くところてん式)。だが、自分の考えとは逆に全く遊べないまま卒業し、若葉会総合病院に就職。想像以上にハードな仕事環境と失敗が多いことから何度か辞めようと思うが、奨学金返済のためもあり仕事を続ける(奨学金返済のために掛け持ちの仕事も。そんな状況の中、仕事上の経験を通して徐々にナースとしての自覚が出る(パート3以降では自称「ベテランナース」)。
絵に描いたようなドジであり、点滴は3回に1回は失敗、採血は下手、入浴介助で熱湯を出す、ワゴンをひっくり返す、食事配膳車で翔子を引きそうになる、薬局に返さなければいけないモルヒネ(劇薬)のアンプルをゴミ箱に捨ててしまうなど、普段はミスを連発(パート3では患者からドジナース1位という不名誉な称号を与えられる)。しかし、患者の急変時や事故等で怪我人が多数運ばれた時などは、見違えたように的確な行動をとる。逆境に強い、いざというときに本領を発揮するタイプである。
また手術時にスタッフとして参加する時は、器械出しとして参加するが、研修時(器具を出し間違えたり、縫合用の糸が通っていないミスがあった)を除き的確な対応をしている。
能天気で天真爛漫、細かいことを気にしない性格。同じようなミスを連発しても悪びれないため、翔子にいつも怒鳴られる。患者に対してはとても優しく明るく接するため「いずみちゃん」と呼ばれ[1]、男性患者を中心に人気がある。
患者を想う気持ちは随一で、亡くなった患者の通夜・墓参りに行ったり、無理やり退院しようとした患者に「仕事と命どっちが大事なんですか」と必死に説得したことがある。
パート3以降では、後輩を指導する経験から随分と成長し、疲れから犯したミスを隠そうとした翔子を指摘をしたこともあった(パート3第6話)。
歴代の研修医と交際している。パート1では水島龍太郎、パート2では牧原耕太郎、パート3では高杉健太郎と交際。パート3中盤では健太郎と交際中であったのにもかかわらず、患者の付き添いで再び登場した水島と再び交際し始め、直後水島からプロポーズを受けられ悩んでいたが、最終的に水島のプロポーズを受け結婚間近に見えたが、結局水島と別れ、パート3最終回で健太郎と結婚した(水島の件に関しては、まどか曰く「魔性の女」)。
映画版では、弾切れマシンガンを手にした犯人から銃を奪おうとした際、マシンガンの中に引っかかっていた弾の銃撃を誤って受けて瀕死の重傷を負い、一時は生死の境を彷徨ったが、夫である健太郎の手術を受け無事奇跡的に一命を取り留める。
パート3ではまどか、パート4ではひろみの指導係を担当している。まどかとは当初は犬猿の仲ながらも、次第に「喧嘩するほど仲がいい」的な仲になっていく。また、まどかが大きなミスをした時はフォローしている。ひろみとは当初は指導する側とされる側として立場で、後には健太郎をめぐりギクシャクしていたが、徐々に信頼関係を築き上げる。パート4最終回にはデートで着る洋服探しを一緒に選んでいた。大島と仕事以外の付き合いはほとんどないが、一度だけ大島と他の大島派のメンバーと合コンに参加した(パート3第7話)。
横文字には特に弱く、薬品の名前はうろ覚えだったり、アメリカの都市をきちんと言えないことがしばしばである。また、食べることが好きなことが幸いして食べ物の名前と間違えることがよくある(「ピッツバーグ」を「ピーナッツバーグ」「クリントン」を栗きんとん等)。
特技は大食い。病院の食堂で食事するシーンでは毎回ご飯が山盛り、無料の超大盛りラーメン(制限時間あり)を平らげるほど、好物は沢山ある(好物はシリーズによって違う)。
パート4最終回で若葉会総合病院を辞めて高杉のアメリカ行きを応援しようとするが、健太郎の母が癌となったことで考えを改め、健太郎と一緒に若葉会総合病院を辞めて健太郎の母の故郷である式根島で診療所を営むこととなった。
離島編/再会編では、若葉会総合病院が掲示したアメリカでの最新医療の研修プログラムを健太郎と共に受けるが、新居が未定の状態となり延期となったため、翔子の住むマンションにしばらく居候しつつ、若葉会総合病院第一外科病棟に応援としてやって来る。患者である永瀬のセクハラに悩まされていた第1外科の看護師、村上が永瀬の看護を拒否し、様態が急変。オペ室送りにしてしまった際は彼女を平手打ち。翔子に「今は叩くのは禁止」と叱責されるも、主任の安藤に「私でも同じことをすると思う」と援護を受ける(村上は仕事を休むもその後復帰)。そして再会編の終盤でようやくアメリカに行くことが決まったが、出発間際に翔子の住むマンションの管理人を負傷したことが発覚(いずみが落としたバナナの皮を踏んでしまい滑って転倒)。管理人は大腿骨骨折の疑いで救急車で若葉会総合病院に搬送されたが、翔子と共にその救急車に搭乗し搬送されるところで終わっており、その後どうなったかは描かれなかった。
初期は後述の翔子のことを「尾崎さん」と呼んでいたが、次第に「先輩」と呼ぶようになり、翔子が昇進を重ねてもそう呼んでいる。救急処置その他の公の場や、他の人物との会話における翔子の三人称としてもこの呼称を使っており、事実上公用語と化している(ただし、初対面の患者やその家族などには主任と呼ぶこともあった)。
尾崎翔子(おざき しょうこ)
演 - 松下由樹
本作の準主人公。昭和42年(1967年)生まれ。パート1時点で9年目の29歳(演じた松下由樹は昭和43年生まれであり、パート1時点では28歳だった)。
経歴:若葉会総合病院外科ナース(パート1) → 若葉会第二病院外科主任(パート2) → 若葉会総合病院外科主任(パート3・映画版) → 若葉会総合病院外科婦長(パート4) → 若葉会総合病院訪問看護科初代婦長(パート4最終回) → 若葉会総合病院第一外科師長(離島編/再会編)。
若葉会の史上最年少婦長就任記録を出した実力派。離島編の終盤で専門看護師の資格について合格が通知された。
いずみが看護学校の卒業祝いのコンパに参加した際、酒の飲み過ぎで体調を崩し、若葉会総合病院に担ぎ込まれた際に、担当ナースとして出会う。
その後、若葉会総合病院に就職したいずみの指導係になるが、いずみのドジに振り回される。しかし、いずみが点滴に失敗し続けていた時には、いずみのために自分が練習台になったことがある。
患者に人一倍心優しいいずみと出会うことにより、技術一点張りだった仕事の仕方に変化が見られるようになる。いつもいずみに怒鳴ってばかりだが、本心ではいずみを信頼しているため、いずみとの絆は深い。いずみからは「先輩」と呼ばれている。
サッパリとした性格で几帳面・負けず嫌い。同期の大島とは最大のライバルで、大島が自分の主任・婦長の座を奪うと目論んでいた時にはその座を死守した。しかし、大島とはあくまでも仕事上のライバルであり、ドクターと対立を起こす時には、必ずと言ってもいいほど手を組む。
パート1には彼女の高校時代のクラスメイトや元担任が登場し、パート3第21話には新人時代を知る元同僚ドクターが登場した(元クラスメイトからだまされ200万円を失い、看護婦寮に戻る)。
パート2第9話の終盤に倒れ、10話で妊娠が発覚する。パート3の初盤まで産休をとり、パート3第1話で出産する。主任代理は大島。大島は翔子の産休中に若葉会総合病院に異動する。
スペシャルで沢田と結婚したが沢田の渡米が決まった際、ナースを辞めることができず日本に残ることを決断し、パート4第1話で離婚(娘のまりあは翔子の元に移る)。パート4では永島と次第に良い関係になり、パート4第12話で永島からプロポーズを受けられ、一時は断ってしまうが、パート4最終回で沢田の招きで渡米、そこで沢田から別の女性との再婚を告げられたことで、永島と交際を続けることとなった。
全シリーズを通してよく居酒屋に行ったり、いずみの自宅のアパートで缶ビールを大量に飲んだりと、いずみ以上に酒に強い。桃の缶詰が大好物。
同僚ナースに対しては(いずみより後輩のナースに対しても)ほとんど「さん」付けだが、いずみに対しては初期を除き、全シリーズ通して「朝倉」と呼び捨て(パート1では院長の前では「朝倉さん」と呼んだ)であり、怒鳴る際は「あーさーくーらー!」と一音ずつ発する。公の場や、他の人物との会話における三人称としてもこの呼称を使っており、これも事実上公用語と化している。
離島編/再会編では、娘のまりあがアメリカに留学中のため、自身は都内のマンションで一人暮らしをしている。
根本雅子(ねもと まさこ)
演 - 吉行和子
パート2以外の全作に登場。
経歴:若葉会総合病院外科婦長(パート1) → 若葉会総合病院看護部長兼外科婦長(パート1第10話〜第13話・パート3) → 若葉会総合病院看護部長(映画版以降)。
若葉会看護師のトップ。
部下思いで、物静かな厳しさをも秘めている。時には厳しく叱ることもあるが、ナース達からの信頼は厚い。その一方で、部下のナース達を守るために、温和で柔らな物腰ながらもはっきりと意見を言うことから、ドクターと対立することも少なくない。
パート1でいずみの患者とのトラブルが病院の理事会で問題になり、これまでの病院の備品破損の件も含めて、懲戒処分を見送る代わりにいずみに辞表を書かせて依願退職させるよう理事から迫られた時は、「ナースにとって一番大切なのは患者さんの治そうという気持ちを引き出してあげる事です。朝倉はそれが出来るナースです。確かに朝倉の行為に行き過ぎはあったかもしれません。しかし、朝倉は処分を受けるような事は何一つしてはおりません! 私は朝倉のような部下を持った事を誇りに思います。もし、朝倉をクビにするというのでしたら私も一緒に…、ナースキャップを外します!!」と理事達に堂々とした態度で迫り、最終的にいずみの処分を1週間の謹慎に軽減させた。いずみは根本に対し心から礼を言うが、根本は1週間の謹慎という処分も納得しておらず、このような処分になった事は自分の看護部長としての力足らずであると、いずみに逆に詫びている。
パート2にはいずみと、翔子、沢田が第二病院に異動した為、登場していない。
パート3では仕事に過剰な執着心を見せている翔子を諫め、第10話で院長の大久保からナースのリストラ命令が出た際は、他のナースを辞めさせないために自ら辞表を出したが、後に大久保の使い込みが露見したため、リストラは撤回された。映画版で外科婦長を退任して看護部長に専任となる際には理事会で自身の後任外科婦長に翔子を推薦するが、叶わず矢口が就任する運びとなり、このことで翔子に詫びるシーンがあった。また、看護学校の講師も担当しており、翔子が根本に仕事上の相談のため看護学校を訪れたこともあった。
その後、パート4で晴れて外科婦長に就任した翔子に対し、当初は敢えて距離を置き(翔子の台詞による)、厳しい態度で接していたが、訪問看護科設立構想を出した翔子に力添えを要請された際には快く了承した。
パート4以降では看護部長専任となったため、出番が減った。
演じた吉行和子はパート1開始時点でもう既に60歳以上であってもう定年を過ぎている年頃ではあったが、ドラマ内ではまだ定年を迎えていないと言う設定になっていた。
大島冴子(おおしま さえこ)
演 - 伊藤かずえ
パート2から登場。
経歴:若葉会第二病院外科ナース(パート2) → 若葉会総合病院外科ナース(パート3・映画版) → 若葉会総合病院外科主任(パート4) → 若葉会総合病院外科婦長(パート4最終回) → 若葉会総合病院外来師長(再会編)。
初登場時点で10年目である(同期の翔子が10年目であることから)。黒縁眼鏡とひっつめ髪がトレードマーク。仕事に対しては完璧主義であり、相手が新人ナースであっても妥協を一切許さない厳しい性格。それに患者に対しても厳しいため多くの患者達から一目置かれている。ただし、他のナースらに対しては決して呼び捨てにせず、三人称としても「さん」付けで呼んでいる(ただし唯一の例外として、パート2の小池のことは呼び捨てにしていた)。パート2、パート3では仲間内のナースをカラオケに誘うことがあった。
翔子とは同期のライバルでもあり、主任・婦長の座を幾度となく争った。パート2での終盤で一旦翔子との不仲は解消されるが、パート3の冒頭ではその点がリセットされ、ライバル関係が復活している。パート4放送開始時にもライバル関係は再復活しており、対立関係は解消されなかった(最終的に異なる部署の婦長同士となった)。
パート2
婦長命令によりいずみの指導係を命じられる。
初登場であるこのシリーズでは、大島自身未熟かつ問題のある人物として描かれていた。第2話ではいずみに対してナース全員で仕事を押し付けるイジメの首謀者となり、第3話でも、主任となった翔子やいずみに対する反発から、他の全ナースとともに勤務をズル休みして遊びに出かける首謀者になることをはじめ、遊びに行った帰りに交通事故に遭い、いずみ・翔子・山岡以外の外科病棟ナースが負傷、最終的に患者に迷惑のかかる問題も起こしていた。
第3話の件で処分された後も反省の色もなく、翔子に反抗し続けており、山岡に翔子批判を告げたりしている。翔子のことも「尾崎さん」と呼び続け、主任としては認めようとしなかった。終盤で翔子と2人で夜勤の際に搬送された急患への対応でミスを重ね、翔子に救われる形になり、ようやく翔子を主任として認めたようである。
パート2の第1話で主任の近藤が退職し、次期主任として噂され、自分も自信満々だったが、第2話での山岡の台詞から、まだ主任の器ではないと見なされていたようである。
ただし、「今どきの若手ナースはなっていない!」という考えでは、翔子と意見が合い、一緒に怒ったりしていた。
パート3
パート3では、翔子へのライバル意識を剥き出しにする以外はほぼまともな人物に描かれるようになった。翔子のことを「尾崎さん」と呼ぶことも職場では希になった。第13話で倒れたところを翔子に救われてからはお互いを認め合って和解する。和解後は、私的な場で2人だけの時や酒の席では同期の仲として「尾崎さん」と呼ぶこともあった。いずみ・まどかを遅刻させないために、大島が翔子に入れ知恵をしたこともある。終盤では、根本から「今すぐにでも主任になれる人」と評価され、大島自身も成長した姿が描かれた。
仕事は完璧主義。そのためいずみやまどかには厳しく接するが、パート2の頃を除けば、いじめているわけではない。
仕事中は厳格で近寄りがたい雰囲気があり、若いドクター(特に健太郎)からは恐れられているが、オフは取り巻きのナース(常時3人おり、シリーズ毎に一部入れ替わる)と居酒屋に行くこともあり、噂話も好き。カラオケの十八番は梶芽衣子「怨み節」。
パート3では2度に渡り、取り巻き3人組との関係が一時的に悪化した。パート3第13話で自暴自棄になってズル休みをし、自宅で独り焼肉をしている際にCO中毒で若葉会総合病院に搬送されてきてから(いずみに自殺と勘違いされ、病棟中が大騒ぎになった)は、前述のとおり同シリーズ中においては翔子との不仲は解消された。
恋には純情な面がありパート3第7話では合コンで相手となった旅館の若旦那の小野田雅彦にプロポーズされ、一度だけ眼鏡を取り髪を下ろして勤務したことがある(あまりにも容貌と雰囲気が違うので同僚ナースやドクター達に驚かれた)。だが結局、他の患者を置いてナースを辞めることができず破局。最終的には浜野と結婚する。
映画版
映画版冒頭では第2子妊娠中で産休前日であった(演じる伊藤は実際に第1子妊娠中だった〈主演の観月の雑誌上での話より〉)。いずみや翔子とともに、新婦長の矢口と対立する。終盤では復帰と同時に外科病棟主任となる。
パート4
外科主任になり、ナースステーションが自分の独擅場と化し一段と仕事に精を出していた。翔子とのバトルは相変わらずだが、主に婦長と主任という職務上の立場による対立だった。仕事で気に食わないことがあると、浜野に内緒で浜野のゴールドカードを勝手に使ってナース全員に高級料理を奢る癖がある。そしてパート4最終回で新設された訪問看護科の婦長に翔子が異動したことに伴い、夫の浜野に同行するはずだったアメリカ行きを取りやめて晴れて外科婦長に就任する。外科婦長としての大島は最終回のエピローグとして少し描かれたのみである。
パート4終了後から再会編までの間に若葉会総合病院が経営難に陥った際に実家が資産家のため、浜野と共に多額の寄付をした。よって病院内の地位が向上し、再会編では外来師長になっている。

パート1初登場[編集]

長期レギュラー出演者を含め、本作で初登場のナースはそのままスペシャルにも登場した。

桜井華子(さくらい はなこ)
演 - 深浦加奈子
外科主任。中原真保の指導係。
噂話が大好きで同僚の福山とは何かと勤務中に世間話をしている。しかしナース歴17年の大ベテランであり、仕事においては完璧主義なため相手がいくら新人ナースであっても妥協を一切許さない厳しい性格である。それに患者に対しても厳しいため、多くの患者達からも一目置かれている。
独身。沢田に想いを寄せ事あるごとにアプローチするが、沢田には見向きもされない。
パート1第9話では階段から転落し入院する羽目になった[2]。その時もいずみ他のナースを厳しく指導し、同室の患者にも薬を正しく服用するよう細かく指導していた(そのことで患者やいずみから反感を買う)。
しかし、同室の小野寺が深夜に発熱した時は的確に患者を診察し、発熱=冷やすと思い込んでいるいずみに「リネン室から電気毛布を持って来て患者を温める」よう指示をだす。
患者は順調に回復し、実は自身はかつて小児科に勤務しており、その際に小野寺の息子を担当しており、親子共々世話になった事を患者から涙ながらに感謝された。
ナースステーションに戻り、発熱で患者を温める指示に納得のいかない、いずみに翔子が「熱発=冷やす、じゃないのよ。患者は寒気を訴えていたはずよ。そういう時はまず温めるの。その後発熱したら冷やすの。あれがナース歴17年の経験よ。あんたなんか足元にも及ばないって」と言わしめている。
根本の看護部長昇進の際には外科婦長への昇進を夢見ていたが、根本が看護部長と兼任で外科婦長も引き続き担当することが決まったためその夢は叶わなかった。しかし、婦長への夢を諦めていない。
パート2第8話でもゲストとして短時間ではあるが登場し、自身と性格がそっくりな大島と絡んだり、主任の先輩として翔子を励ましたりするシーンがあった。
パート3以降は他の病院に転勤となったのか不明だが、一度も登場していない。
中原真保(なかはら まほ)
演 - 小島聖
いずみの同期で、同じく若葉会総合病院に配属される。仕事はいずみ以上に優秀で真剣であったが、パート1第5話で担当した須藤が急死しショックを受けてしまい、死を受け入れることができず、思い詰めて後を追おうと寮で自殺を図り、いずみに「馬鹿!」とビンタされ止められる。結局若葉会を辞め郷里に帰っていったが、その後若葉会総合病院宛てにお礼の手紙と(特にいずみに対して)スイカが送られた[3]。故郷でもナースは続けていて(しかし、12話に中原役ではないが患者役でナースステーションの受付で話をしているシーンがある。エンディングで確認できる)、その後スペシャルで半年ぶりに若葉会総合病院に復帰する。いずみからは「真保」と呼ばれている。
足立と共にいずみの同期ではあるが、パート2以降は一度も登場していない。
足立美紀(あだち みき)
演 - 椋木美羽
いずみの同期で、同じくして若葉会総合病院に配属される。指導係の福山を凌ぐオシャレ好きの男好き。仕事中でもナース服に化粧道具を入れっぱなしにして華子に没収されたり、夜勤の時に居眠りして福山に「居眠りしてんじゃないわよ!」と怒鳴られる場面があった。中原と違って彼女メインの回がなかった。
中原と共にいずみと同期ではあるが、パート2以降は一度も登場していない。
福山夕子(ふくやま ゆうこ)
演 - 井上晴美
パート1〜2に登場。
茶髪[4]。情報収集がいち早く、大体の院内や同僚に関する情報の発信元でもある。さらに水島をはじめとする若葉会の研修医を、細かくメモでチェックしていた。父親を早く亡くし、パート1第10話では入院してきたニュースキャスターの桂木浩二に父親の面影を感じ、手厚く看病しネクタイをプレゼントした。足立美紀の指導係。いずみからは「福山先輩」と呼ばれている。パート2では若葉会総合病院を退職し、屋台居酒屋「ゆうこ」を営む。登場するナースの中で唯一煙草をくわえるシーンがある(パート1第2話)。
パート3以降は一度も登場していない。

※この他、第3話では、育児のため退職する2人のナースの送別会の場面が描かれている。

パート2初登場[編集]

唯一若葉会第2病院が舞台となった本作初登場のナースは、大島以外はすべてパート2のみの登場となった。

山岡美智子(やまおか みちこ)
演 - 野際陽子
若葉会第二病院外科婦長。
ナース歴30年の大ベテラン。根本と同期とされる。物静かな厳しさを見せる根本とは対照的に、ナースたちを激しく叱責することも珍しくない。主任以下部下のナースにも敬語で話す。
仕事に対しては相手がどんなナースであっても妥協を一切許さない程の厳しさを見せており、相当のプロ根性の持ち主である。これは若手の頃多忙であったが故に寝坊して遅刻をし、担当患者の急変に気付けず、死亡させてしまった経験があり、相当後悔し、同じ思いを部下に味わってほしくないという強い気持ちがあるためである。だが、これが仇となり、部下に反感を持たれたり、退職されてしまうこともあった。
一方、人を見る目があり、ドジばかりのいずみに対してもいち早く長所を認めていた。
第1話で研修医の牧原が当直の夜、急患を独断でオペした為、いずみが婦長の山岡の指示を仰がずに外科部長の沢田を夜間に勝手に呼び出した事を指揮系統違反であると厳しく叱責するも、いずみが帰る時に「朝倉さん…、お疲れ様」と笑顔で優しく声を掛けるなど、部下に対して的確な厳しさと優しさを持っている。
第3話では搬送されてきた患者たちのうち、怪我で泣き叫ぶ子供を抱き上げて歌ってあげて、緊迫した場の空気を和ませた。
また、第3話において大島一派が翔子を困らせようと、山岡が婦長研修で留守の日に職場ボイコットを企んだ事が発覚した際は、大島らには、「ボイコットをして最終的に困るのは主任や朝倉さんではなく患者さんたちである(人手不足による看護の質の低下という形で最終的に患者にツケがまわる)」こと、一方ボイコットされた翔子・いずみに対しても「なぜ、他科から速やかに応援を呼ばなかったのか(大島に対する対抗心から応援を呼ばずに翔子・いずみの2人だけで乗りきろうとしたため)」と激怒し、全員に対して「患者さんの気持ちのわからない人はナース失格です!!」と患者第一で行動するよう叱責した。入院してきた牧原の母のわがままに主任の翔子が対処しきれないときも自ら出馬して押さえ込むなどの頼もしさも描写された。
根本と違い、こちらはドクター達からの信頼が厚い。
演じた野際陽子はパート2開始時点でもう既に60歳以上であって本来は定年を過ぎている年頃だったが、ドラマ内ではまだ定年を迎えていないと言う設定になっていた。
北村千明(きたむら ちあき)
演 - 上原さくら
いずみと同期で、彼女以上に優秀である。大島派のカラオケなどにも加わらず、翔子派でも大島派でもない中立派。ただし、第2話、第3話での騒動には大島派に付き合って加担する。研修医の牧原に片思いしており、そのことを巡ってはいずみと対立し、それが発端となり仕事上でもライバル意識を燃やしていく。
小池春子(こいけ はるこ)
演 - 光浦靖子
パート2における大島派ナース4人組のサブリーダー格。第3話での職場放棄騒動までは大島同様、翔子に反抗する中心的存在だったが、その後は翔子やいずみと和解していき、大島に気兼ねしつつも翔子に従っていく。牧原に想いを寄せているのか牧原のことを「マッキー」と呼びしつこくストーカーのように追いかけるなど、コメディリリーフ的存在。
中尾悦子(なかお えつこ)
演 - 宮地雅子
パート2における大島派ナース4人組のリーダー格。バツイチのシングルマザーで、小学生の子供、和也・まりこがいる。第3話での騒動までは大島同様、翔子に反抗する中心的存在だった。しかし、ある日の夜勤中に子供の具合が悪くなったと連絡があり、直前に尿の出が悪い患者に利尿剤を投与し、経過観察が必要な旨を他のナースに引き継がないまま一時帰宅してしまい患者が急変するミスをしてしまう。沢田が駆けつけて処置し事なきを得たものの、処置が遅れれば腎不全に至る可能性もあった為婦長から厳しく叱責されるも、翔子が、夜勤中の一時帰宅許可は主任として自分が判断を下したものであること、今回のミスは自分の監督不行き届きであり、全責任を負うとして中尾を庇ったことがきっかけでその後は翔子やいずみと和解していき、大島に気兼ねしつつも翔子に従っていく。第7話では、上の子供である和也が登場し、子供思いの母親らしき一面を見せている。
渋谷圭子(しぶや けいこ)
演 - 安達香代子
パート2における大島派ナース4人組の1人。口の利き方から、小池よりは先輩もしくは年長である。上記の3人と違い、メインとなるエピソードはなかった。異動当時のいずみに対して、中尾・小池に次いで冷たかったのが目立った程度である。
上野奈緒(うえの なお)
演 - 有沢康子
パート2における大島派ナース4人組の1人。第7話の大島派一同での居酒屋における小池の台詞から、いずみや北村を除けば一番下になる。この2人とは同期もしくは先輩である。渋谷同様、メインとなるエピソードはなかった。

※第3話で登場していた、出勤表における序列は以下のとおりである。

翔子(主任)―大島―中尾―小池―渋谷―上野―北村―いずみ

パート3初登場[編集]

名前の多くがプロ野球選手(投手)から採られている。

赤木まどか(あかぎ まどか)
演 - 神田うの
パート3、映画に登場。
いずみが初めて指導した新人ナース。自称東京都出身だが、実際は新潟県出身の田舎生まれの田舎育ち。ネイルアートをつけたままで勤務し、仕事を忘れていずみと脚線美について競い合い、患者の世話を嫌がる。更には初めての夜勤でのラウンド(夜勤巡回)中に彼氏と電話して患者である山本の容態急変に気づかずオペ室送りにするなど、いずみ以上に破天荒なナース。そのため先輩ナースにとってはいずみと並んで頭の痛い存在となっている。しかしいずみ同様、土壇場になるとミスはゼロで、血液を恐れず完璧に仕事をこなし、いざという時に本領を発揮する。『ナースのお仕事ザ・ムービー』では、銃弾に打たれたいずみのオペの機械出しとして健太郎、翔子のサポートを担当。いずみが心停止し、亡くなったと信じ込んでしまった際は動揺し現場を離れるも、それまではオペ室ナース並みのプロフェッショナルなフォローを行っている。いずみとは当初は対立するも、次第に「ケンカするほど仲がいい」的な存在になっていく。パート3最終回で担当した患者が亡くなりショックを受け、さらに一緒に担当していたいずみが患者の死にショックを受けておらず、この仕事を続けているといずれ患者の死に慣れてしまうことを恐れ、一度はナースを辞めるも、根本からいずみの患者に対する想いを聞かされ思いとどまり復帰する。本人曰くナースは「暇つぶしの仕事」「男受けがいいから」続けていて、金持ちと結婚してさっさと寿退職するつもりである。
『ナースのお仕事4』(フジテレビ出版)においては、パート4の開始時点ですでに転勤したと記されている。
上原真弓(うえはら まゆみ)
演 - 国分佐智子
パート3、映画に登場。
大島取り巻きトリオの1人。いずみと同期のナース4年目であるが、いずみとの私的な付き合いは(ナースステーション全員での行事を除き)一切ない。いずみとは「朝倉さん」「上原さん」と呼び合っている。パート2の北村のような位置づけの面もあるが、職場内の恋愛は一切ない。いずみと違い、普通に年数相応の仕事はできる。
パート3前半では、いずみの陰口をきいたり悪口を言ったり、翔子に嫌味を言うこともあった。が、後半では、翔子の娘・まりあと接したり、その後のナース勢とドクター勢との対立騒動を機に翔子やいずみとの不仲は解消されていった。初登場の第1話で、翔子が産休から復帰した折に「はじめての人もいるので」と互いに自己紹介をさせている。過去のシリーズに登場していないことから、採用時には少なくとも若葉会総合病院(本院)や同第2病院には所属していなかったことになる。特に他の2人(工藤・松坂)と違う判断や行動をすることで、キャラクターやストーリーに弾みがついていた。
第22話では他の二人と共に主役のような形になっていた。
映画版では台詞が多くなっており、また、いずみをよく知る同僚的な側面が強調されていた。
松坂弘子(まつざか ひろこ)
演 - 高田聖子
パート3のみの登場で、同シリーズにおける大島取り巻きトリオのリーダー格。独身。勤務年数は不明だが、大島よりは後輩で工藤よりは先輩または年長である。上原を含めトリオであるが、工藤とは互いに相方のような存在になっている(工藤からは「松坂さん」と呼ばれるものの、タメ口を聞かれることがほとんどであるため、この2人の上下関係が曖昧になっている)。
前半では翔子への嫌味を言うことも大島に次いで多かった。
第13話の病棟旅行では、他の2人(工藤・上原)とともに、同行していた沢田夫妻の娘、まりあに癒される一方で、旅先や帰ってきてからもカラオケに連れ出す大島に嫌気がさし、一時的に大島と対立した。
第22話では3人でストーリー上の主役になった。このときは大島の引き抜き話を聞かされ、自分たちが見捨てられたと、他の2人とともに怒り、再度一時的に大島と対立し、3人で共謀して1日だけズル休みする(これにより、大島だけでなく、翔子・いずみ・まどか、さらにはドクターも迷惑を被った。その後、3人での夜勤時に急変した伊達を、電話を通じての大島の助言(上原が浜野に伊達が急変したと連絡するも、引き抜かれ先の院長と酒を飲み、泥酔状態で対応不能。一緒にいた大島が浜野の携帯を取り上げ、心室細動を起こす可能性があるため除細動機を出すよう指示)により救っており、この時は自ら除細動を担当した(本来除細動機はドクターの許可無しで使用してはいけない機械。それにもかかわらず、ドクターの許可なく勝手に使用したと他のナース2人と一緒に浜野から叱責されかけるが、沢田が「許可なら僕が出したよ」「3人が伊達さんを必死に救おうとしていた時、君は一体どこで何をしていたんだ。君の患者さんだろう」「君こそ何さまのつもりだ(浜野がナース3人に何様のつもりだ!と激しく詰め寄った為)」と逆に浜野を叱責。浜野からは叱責されずに済んだ)その後、3人で「私たちを育ててくれたのは大島さん」と、大島に感謝して和解する。
いずみ・上原・赤木のことは呼び捨てにしている。工藤に対する呼び方は不明。
病院関係者で唯一パート3のみ登場。
工藤幸子(くどう さちこ)
演 - ふせえり
パート3、パート4に登場。ただし、その間に公開された映画版には登場しなかった。
大島取り巻きトリオの1人。独身。パート3の時点では祖母と母が扶養家族であるが、パート4では母のみとなっている。勤務年数は不明だが、いずみ・上原よりは先輩であり、この両名とまどかのことは呼び捨てにしている。後述の松坂に対しては「松坂さん」と呼ぶ場面があることから、松坂よりも後輩であるが、松坂にはほとんどタメ口である。パート3第13話での台詞から、前年の病棟旅行の時にもいずみと一緒だったことが明らかになっており、この時点ですでに総合病院の同僚だったことが明らかである。パート3第22話では他の二人(松坂・上原)と共に主役のような形になっていた。映画版には登場していないが、その理由については明記されていない。パート4では取り巻きトリオのリーダー格となり、台詞が多くなった。

映画版[編集]

矢口俊子(やぐち としこ)
演 - 根岸季衣
看護部長専任となった根本の後任として、他の病院からやってきた新外科婦長。これまでのやり方をことごとく否定するため、翔子と対立する。取り巻きのナースとして、後述の桑田・高津がいる。かなり無責任でもあり、ナースステーションを乗っ取られた時には部下たちを見捨てて自分が先に逃げようとするなどしていた。映画版ラストでは外科婦長を退いており、翔子が後を引き継いだ(いずみが倒れる場面あたりまでしか登場していない)。
桑田和子(くわた かずこ)
演 - 土屋久美子
矢口取り巻きコンビの1人。映画版ラストまで登場。
高津幸江(たかづ さちえ)
演 - 小林美江
矢口取り巻きコンビの1人。映画版ラストまで登場。

パート4初登場[編集]

河合ひろみ(かわい ひろみ)
演 - 安達祐実
いずみが2人目に指導した新人ナース。小柄。とても新人ナースとは思えないぐらい仕事においては完璧で優秀であり、パート3にていずみが最初に指導した新人ナースのまどかとは正反対である。ただし、その態度故に大島派からはしばしば反感を買っている。大量の血液を目の当たりにすると、過去の記憶からか、過呼吸に陥りパニック状態になってその場から逃げるが後に克服。優秀さ・プライドの高さが災いしてか、ミスを犯した際の挫折感に堪えられず一度はナースを退職して引っ越しセンターに転職するが、いずみや健太郎の説得で仕事に復帰した。しかし、それがきっかけで健太郎に恋心を抱き始め、トレードマークだった眼鏡とポニーテールをやめ、コンタクトをして可憐な姿になる。いずみも初めは気にしていなかったが、次第に怒りを覚え始める。しかし、当の健太郎に振られてからはあっさり身を引き、その後はポニーテールに戻る(コンタクトはそのまま)。通勤時は自転車を使用していたが後半になると弟の就職が決まって思い切って購入した(または恋をしたきっかけで購入した[5])自動車でのマイカー通勤になる(車種はダイハツのコペン)。いずみのことは当初は指導係であるにもかかわらずドジばかりのいずみに苛立ちついには指導係の変更を直訴するほどだったが、一度辞めた河合を連れ戻すなど少しずついずみを信頼するようになり、呼び方も最初は「朝倉さん」と呼んでいたが、次第に「朝倉先輩」と呼ぶようになる。
堀内良恵(ほりうち よしえ)
演 - 宮田早苗
大島取り巻きトリオの1人。工藤同様に、いずみよりも先輩だが、工藤との上下関係は不明。第2話で大島らが作成したナース一覧表では工藤の下に位置していた。パート3におけるトリオの場合と違い、人物像が深く掘り下げられることはなく、目立った活躍は全く無かった。
金田由香(かねだ ゆか)
演 - 須之内美帆子
大島取り巻きトリオの1人。いずみと同期らしい(ただし、『ナースのお仕事4』(フジテレビ出版)における須之内の話では、いずみより1歳ぐらい年上と語られている)。第2話で大島らが作成したナース一覧表では堀内の下かついずみの上に位置していた。パート3の上原のような立場だが、彼女と違い、いずみのことを(少なくとも3人称では)「朝倉」と呼び捨てにしている。河合に対してはさん付けした回と呼び捨てにした回とがある。と堀内同様、パート3におけるトリオの場合と違い、人物像が深く掘り下げられることはなく、目立った活躍は全く無かった。

再会編[編集]

名前が女子フィギュアスケート選手から採られている。

安藤美嘉(あんどう みか)
演 - 柿丸美智恵
第一外科主任で、大島と同じく黒縁眼鏡を掛けている。これまで登場した主任(経験者)と異なり、年齢的に近いこともあってかいずみの顔を立てている。いずみに対し「お噂は色々と…お聞きにならない方が」と言葉を濁したり、後述の村上をいずみが叩いた折には「その状況なら私でも」と支持していた。台詞から夫はドクター以外の仕事についている。子供がいる。
中野友加子(なかの ゆかこ)
演 - 小林きな子
第一外科所属の大柄ナース。一時的に在籍した外科医・溝口に気がある。
村上佳菜美(むらかみ かなみ)
演 - おのののか
第一外科所属。若手だが、新人かどうかは不明。大部屋の入院患者・長瀬からセクハラ行為を受けていることに悩んでいる。そのため、ラウンド時に長瀬のところに行かず、それが原因で長瀬の異変を招いてしまい、いずみに平手打ちされる。

ドクター[編集]

沢田俊介(さわだ しゅんすけ)
演 - 長塚京三
パート1〜3に登場。
外科部長。一人称は「僕」、ごく稀に「俺」、オペ時や一部の患者には「私」になる。かなりの腕の持ち主で、難しいオペを何度も成功させ患者から信頼を得ている。仕事を離れたときはコミカルキャラクターであることが多いが、オペなど職務中は一転して厳格になる。時には研修医に厳しく接し、怒鳴りつけたり、自分の技量を過信し急患のオペを無断で行って大腸ガンを盲腸と誤診した研修医の牧原を殴り倒したこともある。だが(元)妻の翔子絡みのこととなると、我を忘れパニックになることもあり、また娘のまりあを溺愛している。当初、翔子の主任就任を反対していた。翔子と結婚後、一時はパート3第4話で退職し専業主夫になるも[6]、パート3第6話終盤で外科部長として復帰。仕事と家庭を両立しながら円満に夫婦生活を送ってきた。映画版ではまりあと共にアメリカ旅行をしていたため若葉会総合病院に不在という設定になっていた。
この後(パート4開始時点)、渡米が決まったがその際、翔子は外科婦長に就任したばかりだったため、ナースを辞めることができず日本に残ることになり離婚。映画版以降、一切登場していないが、パート4最終回で翔子に手紙を送り、翔子がそのことを永島に話すシーンがある。また、場面は描写されていないが、別の女性との再婚をすることが判明した。
離島編/再会編では、アメリカ留学中のまりあの面倒を見ている(翔子との電話での会話より)。
浜野雄一(はまの ゆういち)
演 - 石原良純
パート3から登場。本作では唯一の中堅ドクター的な存在であり、ストーリーに厚みを持たせるようになった。ドクターになって7年目(第22話の本人の台詞より)であり、パート3にて湘南大学病院から若葉会総合病院に異動し、研修医である健太郎の指導医となる。大島と同じ黒縁眼鏡がトレードマーク。
やや傲慢な性格で、大声を出すなどかなり荒っぽい言動をする直情型の性格で、健太郎はおろか時には上司の沢田に対してすら一人称を「俺」として話したり、「ナースに甘すぎる」などズケズケものを言う。趣味はゴルフやボウリングであり、自身と同じくゴルフが趣味の大久保院長とは馬が合うため派閥は院長派である。それに大のボウリング好きであり、マイボールにマイシューズを所有している。
自分の後輩である健太郎に厳しいところがあるが、いじめているわけではなく、荒々しい兄貴とやや大人しい弟のような関係である。本心では健太郎を信頼しており将来を期待しているためである。水島の登場時には健太郎とともに彼に対抗しようとしたり、いずみを奪われた健太郎をカラオケに誘ったりしていた。
仕事に対して行き過ぎとも言える貪欲さを見せる健太郎とは、時たま衝突する。学会に論文を発表することに余念がなく、出世に精を出している。健太郎の渡米研修を斡旋した。
第11話では突然盲腸で倒れ、健太郎による緊急手術を受ける事となる。しかし健太郎にとってそれは初オペとなり、彼にお腹を切られるのを当初はとても嫌がり反対していたものの、彼による手術は無事成功し一命を取り留める事が出来た。
ナースに対してもやや傲慢で厳しい(というか、軽んじている)ところがある(特にいずみや翔子に対して)[7]
当初はナースとの付き合いを軽んじていたが、パート3第13話で松坂ら3人に誘われてカラオケに行ってから、大島派との付き合いが多少ながら出てくる。
大島とも最初は付き合いはなく、患者の状況に関する意見を退けたりしていた。同第22話では、沢田夫妻の存在故に昇進できないなどの共通点から引き抜き話に誘うなど、意気投合し始めていた(この件は当初、いずみと健太郎に職場恋愛と誤解された)。パート3最終回でついに大島と結婚。子どもを2児もうける(最終回では大島が第1子を妊娠中だった)。
その傲慢さ故に、時折沢田から苦言を呈されている。パート3第22話では自らが泥酔して担当患者の伊達の急変に駆けつけられなかったにもかかわらず、代わりに除細動を行った松坂らやそれを指示した大島を糾弾したときにはさすがに沢田の怒りを買い、怒鳴られはしなかったものの、ナース一同の目の前でかなり厳しく叱責された。
映画版では臓器移植の手術を担当する事となる。臓器移植の手術は10回以上も経験しており、一度は提供された臓器が古かったために失敗となった事がある(健太郎の発言より)。しかしその臓器移植の手術当日に犯人(かつて若葉会総合病院に入院していた猿渡)が若葉会総合病院に立てこもると言う事件が起きたためにその手術を行う事がなかなか出来なくなり、さらにはその手術を受ける予定だった患者の容態が急変し、すぐさまその患者の手術を水島と共に行った。
渡米した沢田に代わって外科部長に就任するのを夢見ていたのだが、パート4第1話にて永島が外科部長に就任したためその夢は叶わなかった。また、永島就任直前に外科部長就任祝いとして、ゴルフクラブを買いたいと大島に話して買ったものの、外科部長就任の夢は叶わず大島と夫婦喧嘩となってしまった。その後パート4最終回でアメリカの病院からの誘いがあったが、大島は外科婦長就任のため若葉会総合病院に留まることになり、1人で渡米しアメリカの病院へと移る。再会編では既に帰国して若葉会総合病院に戻って来ており第二外科部長となっている(大島の発言より)。
立場上、健太郎はじめ他のドクターとの絡みが多く、いずみと絡む場面は比較的少なかった。
桂木京子(かつらぎ きょうこ)
演 - とよた真帆
パート3第14話〜第16話に登場(クレジット上はゲスト扱い)。
アメリカから帰国したシリーズ唯一の女医。健太郎の医科大学時代の先輩。沢田との異なった治療方針やナースを軽視する態度(翔子・大島以外)をとり、ナースからの反感を買われる。また健太郎が自分についていくこともあって、いずみとの仲が険悪になるほか、沢田も「京子ちゃん」呼ばわりしていたことが原因で、翔子にも反感を買われる。ついには彼女が原因でナースと彼女を含めたドクターが日々対立する派目にまで至ってしまう。さらに、第14話の終盤では「レベルの低い喧嘩は私抜きでやってちょうだい」といずみに引っぱたき、その直後にいずみに叩き返された。その後ナースとドクターの仲を直しかけたところで「アメリカに向いている」という沢田の意見や「婚約者がいる」という自らの理由もあり、若葉会総合病院を辞め、アメリカに移住し、アメリカの病院へと移った。アメリカ生活が長かったことがあり、スキンシップが激しい。健太郎がオペを成功したお祝いとしてキスをする。
永島淳平(ながしま じゅんぺい)
演 - 益岡徹
パート4・離島編/再会編に登場。
渡米した沢田の後任として長野からやってきた新外科部長→第一外科部長(離島編/再会編時)。沢田と同様に優秀で腕の良いドクターである(パート4第9話で恩師の稲本教授曰く「君は優秀だった」と言わしめるほど)。沢田以上に患者とのコミュニケーションを大切にし、当初は過剰な患者との会話に健太郎はなかなか受け入れることができなかったが、次第に尊敬するようになる。場面は描写されてはいないが、翔子曰く「患者の心に常に寄り添う、ナースのようなドクター」を目指している、とのこと。翔子の仕事ぶりや考え方に次第に共感するようになり、訪問看護科立ち上げの際何かと協力する。パート4第12話で翔子にプロポーズしたが、断られてしまう。だがパート4最終回で翔子が沢田から送られた手紙のことを話したことにより、交際継続となった。
離島編/再会編では長らく翔子になかなかプロポーズできずじまいにいたが再会編の終盤、いずみの計らいで翔子にようやくプロポーズをした。
久野院長(くの いんちょう)
演 - 仲谷昇
パート1第3話と最終話に登場。事実上の準レギュラーではあるが実際にはゲスト扱いである。
パート1に登場する若葉会総合病院の院長。パート3以降は当院の院長を既に退いており、その後任として大久保がパート3にて当院の院長に就任したため一度も登場していない。
下の名前までは明かされていない(クレジット上でも久野院長と表記)。
大久保ひさし(おおくぼ ひさし)
演 - 神山繁
パート3第4・10・16話、パート4第12話と最終話に登場。事実上の準レギュラーであるが実際にはゲスト扱いである。
パート3以後に登場する若葉会総合病院の院長。パート1に登場した久野院長がパート3開始までの間に当院の院長を退き、その後任としてパート3にて当院の院長に就任する。非常に傲慢で厳しい性格なためナースを軽んじており、出来が悪くて役に立たないと判断したナースは即刻リストラするほどである。
パート3第4話では、辞職を申し出た沢田を引き留めようと、妻である翔子に非常に高圧的に説得を命じ、根本からも怒りを買う。この時はまだ名前が明かされなかった。
パート3第10話(この時点で65歳)では事実上のメインゲストとなり、初めて名前が明かされる。内科のナースを1名リストラし、外科のナースを1名リストラしようとした矢先に自身が愛人宅で転倒し、自身の病院に搬送され、外科病棟に入院する。入院当初は院長であることは伏せられ、名前も偽名の小久保ひさしにされた。大部屋の患者たちからは「石屋」と誤解された。その際にいずみとまどかと大島派4名から報復される。その後、食道動脈瘤の破裂で吐血して緊急オペを受け、翔子やいずみのケアによりリストラを取りやめる。その後、愛人のために経費を使い込んでいたことが発覚した。
パート3第16話では、査問委員会の場面のみ登場した。立場上かナースに味方はしなかった。
パート4第12話、最終話でも会議の席でのみ登場している。
永島が以前在職していた長野の病院の院長と知り合いである。
大久保自身が理事長の存在に言及していることから、理事長兼務ではない。
趣味はゴルフであり、自身と同じくゴルフが趣味の浜野とは馬が合う。
溝口榮太郎(みぞぐち えいたろう)
演 - 要潤
再会編に登場。健太郎とは大学時代の知り合いで浜野の大学の後輩。無口で無愛想なところがあるが、礼儀正しいところもある。いずみと翔子を食事に誘い、その際に健太郎との結婚するまでのことや沢田との結婚生活や離婚した理由などを聞いた。元看護師で患者の川澄穂奈美との結婚に悩んでいたのが理由で聞いた。以前、川澄との結婚する話になっていたが、両親に半人前という理由で反対されたこともある。しかし、一人前の医師として再度プロポーズしたが、断られた。その後、浜野の紹介で結婚することになったが、式当日に退院して渡仏した川澄が現地で再入院したと聞いて結婚は破談となった。浜野は納得いかなかっが、大島は溝口と婚約者の気持ちを理解していたのか糾弾せず、フォローした。その後、若葉会を退職して医学の道を退いて渡仏して川澄と共に美術の勉強をしつつ結婚した。処置中も沢田や永島のように冷静に対応していた。

研修医(後にドクターとなる者を含む)[編集]

水島龍太郎(みずしま りゅうたろう)
演 - 岡田浩暉
パート1とスペシャル、パート3第18話・第19話と映画、離島編/再会編に登場。
収入が少ないためにいずみ達の住む看護婦寮に住む事となった(本来看護婦寮は男子禁制であるため男性が住む事は一切許されないのだが、水島の場合は病院から特別に許可を得て住ませてもらっている)。幼少の頃に弟を自転車事故で亡くし、その時に見た血が原因で血を見るのが怖くなり、それがトラウマで少しでも血が視界に入ると気を失ってしまう。そしてそのことが原因で初のオペが遅れる羽目に。
その後パート1第8話でようやく初オペに成功した(その患者はいずみの幼馴染みの三上博之)。その後スペシャルで青森の総合病院に移る。
パート3第18話で患者の付き添いで若葉会総合病院を3年ぶりに訪れてスペシャル以来の登場を果たし、いずみと再会する。パート1とは違って研修医時代のような雰囲気から一人前で腕のいいドクターへと成長し、多くの患者達から信頼されるほどとなっていたが、血を見ただけで倒れる所だけは研修医時代と変わっていなかった。いずみへの恋心は捨て切れず、健太郎と交際していたにもかかわらず、いずみにプロポーズし、いずみを悩ませる。最終的にはいずみがプロポーズを受け入れ結婚目前であったが、結局破局。いずみとの結婚はなくなった。その後いずみとは元彼かつ友人としての関係で接している。
映画版では若葉会総合病院にて臓器移植の手術が行われる事となったため、その提供された臓器を持って当院へやって来る。しかしその日犯人(かつて当院に入院していた患者)が当院に銃を持って立てこもると言う事件が発生したため臓器移植の手術が中止になる事を懸念した。だが最終的にはその手術を受ける予定の患者が事件解決直前に突然吐血して倒れ、その患者の緊急手術を浜野と一緒に行い、その際に臓器移植の手術も行い命を救った。
パート4には一度も登場しておらず、それに名前さえも登場していない。
離島編/再会編では若葉会総合病院に戻っており、映画版以来の登場を果たした。また、トラウマだった血も見ただけで気を失ってはいないためある程度の克服はしている模様。
シャケのおにぎりと焼肉が大好物。
趣味は人体模型とデュエットして歌う事であり、最初はその事を誰にも内緒にしていたが、パート1第4話でいずみ達にその秘密がバレてしまった(いずみ達はちょうどその頃新人研修としての体験入院で寮には不在であったため安心して人体模型とデュエットして歌って楽しんでいたが、その頃新人研修を勝手に放り出して寮へ戻ってきたいずみ達にその場面を偶然発見される)。
パート1では若葉会総合病院の研修医であるためレギュラーとなっているが、パート3で登場したのは18話と19話のみだったためゲスト扱いとなっている。
牧原耕太郎(まきはら こうたろう)
演 - 松岡昌宏TOKIO
パート2に登場。
今作品に登場するドクターの中で一番若いドクターである。水島とは対照的にクールで気が強い男である。その気の強い性格が災いしており、いずみのアドバイスを聞かずに誤診を招くことになった[8]。その性格が原因で沢田に殴られる羽目になる。一度失敗したら中々立ち直れないところもある。しかし成功したら鼻が高くなり、調子に乗る場面も出てくる。研修医の収入が少ないせいか毎日カップ麺を食べている。
自身の勤める若葉会第二病院に異動して1日目のいずみに誤ってバケツの水をかけられ激怒し、当初はいずみを最低なナースだと見下していた。しかしいずみに想いを寄せられるが、北村からも想いを寄せられ、さらには小池からもストーカー気味につきまとわれる。いずみと北村と三角関係気味になった。
幼い頃に父を病気で亡くし、母により女手一つで育てられた。母はいつも亡くなった父(夫)にお経を唱えるのが日課となっている。
パート3以降は一度も登場していないが、パート3第11話でのいずみと翔子が飲酒するシーンで翔子が「牧原は地方の病院に行ったきりで、音信不通になって(いずみとの恋人関係が)自然消滅になった」と話すシーンがある。他の2人と違い、唯一研修医のまま姿を消し、再登場しなかった。
高杉健太郎(たかすぎ けんたろう)
演 - 藤木直人
パート3から登場。昭和46年(1971年)4月16日生まれ。
若葉会総合病院の外科のドクターの中では一番若いドクターである。若葉会総合病院の外科に研修医として配属となるが、初出勤日に駅の構内にて栄養失調で倒れ、お互い同僚になるとは知らないままいずみに助けられる。いずみと交際し、彼女のアパートに大家の許可も得ず無断で転がり込む(パート3第17話にていずみのアパートに無断で住んでいる事が大家にバレてしまう)。だらしないいずみに代わりゴミ出しや料理をするなど家事に対してはマメだが、ケンカをしてアパートから追い出され、医局に住み着く事があった。パート3第11話では自身の指導医である浜野が突然盲腸で倒れ、その浜野の手術を担当する事となる(自身にとってはこれが初オペとなった)。パート3最終回で念願のアメリカ研修へ行き、1年後に帰国していずみと結婚する。それと同時に一人前のドクターへと成長した。結婚後は「いずみ」「健太郎」と呼び合っているが、いずみが不機嫌になると「高杉先生」と呼ばれる。パート4最終回でアメリカの病院に異動が決まった浜野から誘いを受けるが、いずみの意思により、母の看病と診療所を開くことを理由に母の故郷に帰るため、いずみと共に若葉会総合病院を退職し、開業医となった。
映画版では、弾切れマシンガンを手にした犯人から銃を奪おうとした際、銃撃を誤って受けて瀕死の重傷を負った妻・いずみを手術。妻の体にメスを入れる恐怖があったものの、翔子のアシストにより恐怖を克服。途中、いずみが長時間に及ぶ心肺停止となり、蘇生を続けるも、応援に来た水島の判断により(長時間心臓が停止していたことから)死亡が確定とされ、いずみの体につけていたモニターや麻酔機が外されるが、その判断に納得せず「新婚旅行でハワイに行くんだろう!」「早く起きないと置いていくぞ!」と、妻への思いを涙ながらに伝え、いずみの頬にキスをしたところ、その思いが通じたのか息を吹き返した。
離島編/再会編では、長らくいずみと共に高杉診療所を営み、悠々自適の生活をしてきたが、新たな最新医療を学ぶため、若葉会総合病院が掲示したアメリカでの最新医療の研修プログラムを受けるが、新居が未定の状態となりアメリカ行きは延期となる。そして再会編終盤にて新居も決まりようやくアメリカ行きが決まる。しかし前述の通り、いずみが出発間際に失態を犯したため、その後どうなったかは描かれなかった。
誰に対しても優しく、人当たりがいい。そのためいずみによく嫉妬される。いずみには乱暴な言葉遣いをすることもあるが、恋人故の気安さという範囲である。物腰は柔らかだが仕事に関しては野心家で強情な面を見せる。仕事に熱中するあまり視野が狭くなり、パート3ではオペ中に沢田の指示を聞かなかったり、パート4では難しいオペ中に永島のアドバイスに耳を傾けようとはしなかったことがある。一方パート4では、自信をなくしたひろみを励まし、復帰させることに成功した(しかし、そのことでひろみが健太郎に恋心を持ち、いずみと衝突することになってしまう)。
祖父は町医者、父は普通のサラリーマン、母はフリーライターで世界各国を飛び回っている。大学の先輩である桂木にラブレターを渡したことがあり、さらには医大時代に教授の娘と付き合っていた。
同僚ドクターと仕事以外で関わっている描写は少なく、友人関係は不明。ナースの中で翔子と大島が苦手。だが浜野とバーでよく飲んでいることが発覚している。健太郎にとって浜野の存在はたった1人の先輩であり、浜野が社会復帰できない騒ぎになった時には涙を流したこともある。
メロンパンが好物。醤油ラーメンをたらふく食べてメロンパンでしめるという食べ方が好きらしい。この食べ方はいずみも好きなようで、ドラマ中よくラーメンやメロンパンを食べるシーンが沢山出てくる。いずみと同じく、美味しいものを沢山食べることが好き。料理上手でお好み焼きなどを作る。

医療関係者以外(家族、大部屋常連患者など)[編集]

パート1[編集]

三上博之
演 - 諸星和己
いずみのボーイフレンドであり、幼馴染みで大学4年生。大学へは現役入学したが2度留年しているため6年間在籍している。たこ焼き屋「京たこ」(実在)の移動販売車店舗でアルバイトとして働いているが、店を任せられている。いずみが定職に就いたこともあり、「京たこ」の正社員登用就職試験に挑むが、当日に虫垂炎を発症して水島による緊急手術を受ける事となる(その緊急手術が水島にとっては初オペとなった)。シリーズを通して終始三角関係になるのはこのシリーズのみ。
いずみの幼馴染みのボーイフレンドではあるが、パート2以降は一度も登場していない。
木村義和
演 - 田山涼成
パート1に登場。いずみが担当する大部屋の常連患者。パート2では若葉会第2病院に転院する。第1話ではいずみに命を助けられる。
里中
演 - 斉藤暁
大部屋の常連患者。大のプロレス好きであり、第4話では同室に入院する木村とプロレスごっこをして何度も転んで膝を擦りむき、その際に何度もナースコールをしていずみを困らせた。

パート2[編集]

市川太一
演 - 田口浩正
いずみが担当する大部屋の常連患者で、外資系ビジネスマン。元々は腸閉塞のために手術を受け入院していた。第5話で鼠径ヘルニア脱腸の手術を受ける。最終回でようやく病状も回復し無事退院するが(最初は自分で勝手に退院しようとしてナースらに引き止められるが、その後登場した沢田から退院の許可が出る)、退院直後に工事現場からの転落事故で内臓破裂の重体となり大手術を受ける。手術中に心停止し、沢田は開胸心マをしていたので、牧原が止血した。そして術後2週間で意識が回復しようやく元気を取り戻したかのように思えたのだが、その後血小板が減少し出血傾向があると懸念され、その懸念通り血小板減少による出血のため突然多臓器不全を起こし死亡する(いずみが夜勤明けに起こしに行った時にはもう既に心停止しており、心電図モニターをつけた時にエイシスとなり死亡が確認される)。
なお、第3シリーズに登場した大部屋の常連患者の毛利正も自身と同じく退院直後に事故で内臓破裂の重体となり大手術を受けるが、彼は自身とは違い術後数日経ってから突然多臓器不全を起こし死亡した。
今作に登場する大部屋の常連患者の中で唯一死亡した患者であり、大部屋の常連患者が死亡したのは今作が初めてである。

パート3[編集]

男性患者の姓の多くは、戦国大名や武将から採られている。第17話のみ女性患者の部屋が舞台となったため、常連の男性患者は登場しなかった(同話でも名前のみ登場した患者はいる)。ゲスト患者は入口から見て右側の一番奥(場面上は左側の一番手前)のベッドに入る。院長の大久保や浜野が患者になった時もこの位置だった。なお、大部屋の常連患者の1人である毛利正は最終回で死亡し、そのため大部屋の常連患者が死亡したのは前作に引き続いて2回目である。

織田和夫
演 - 石井正則アリtoキリギリス
いずみが担当する大部屋(306号室、以下同様)の常連患者の1人。第1〜14話と最終回に登場している。ベッドは入口から見て左側(場面上は右側)の真ん中である。翔子が復帰する3週間前から入院していることが本人の口から語られている。製造関係の会社に勤めているためかパソコンが得意で、病院内のあらゆるデータを集めるのを趣味とし、特にいずみの失敗の統計を細かくとっていて、何かあるたびに披露するのが入院生活の楽しみとなっている。誰に対しても礼儀正しく接するためとても今時の若者とは思えない。第9話で会社からある条件でリストラを宣告されて無理矢理退院したが、外回りの営業の仕事中に倒れて救急車で担ぎ込まれて沢田による緊急手術を受けて一命を取り留める(沢田からは外科的手術が必要だと判断されるものの、外科だからと言って何でも切るのはおかしいといずみに噛みつかれて薬による治療に変更されて退院し、その後突然倒れて病院に担ぎ込まれて結局は外科的手術を受ける事となった)。その後しばらく入院していたが回復し、第14話で無事退院し、仕事にも復帰した。最終回でいずみと高杉の結婚式場面にて正装して登場した。
毛利正
演 - 石塚義之アリtoキリギリス
いずみが(後にまどかも)担当する大部屋の常連患者の1人。第17話を除く全回に登場している。ベッドは入口から見て右側(場面上は左側の真ん中)であり、織田の向かい側になる。ハンバーグが大好物であり、病院食にハンバーグが出るととても喜んで食べる。そして大のお菓子好きなためいつも隠れてこっそりお菓子を食べており、第7話にてお菓子を隠れてこっそり食べていた事が大島にバレてそのお菓子を全て没収される。第12話では体の不調を訴え薬を処方され、その薬をグレープフルーツジュースで飲んだ事により容態が急変し、健太郎と翔子による応急処置を受ける(初めはどのような処置をしたら良いのか分からなかったが、いずみが書いた毛利の看護記録に薬をグレープフルーツジュースで飲む癖があるから注意すると書かれていた為、その記録を見て適切な処置が行えた)。建築会社に勤めており、工事現場の監督をしている。本来は彼が1年後に控えたいずみと健太郎の結婚式のスピーチを担当する予定であり、第23話でようやく病状も回復して無事退院し、大部屋の仲間からは「また来てね~」と送り出される。しかし、送り出されてしばらくしてから「また来てね~」が現実となってしまう事案が発生する。自身が監督をする工事現場で事故に遭い内臓破裂の重体となる。そしてすぐに救急車でかつぎこまれ沢田による緊急手術を受けて一命を取り留めるものの、術後にDICから多臓器不全を起こすと懸念され、その数日後に懸念通りDICから多臓器不全を起こし死亡する(まどかがラウンド中に突然苦しみ出し、その直後に意識を失い、そして翌朝ついに心停止となり死亡が確認される)。
なお、前作である第2シリーズに登場した大部屋の常連患者である市川太一も自身と同じく退院直後に事故で内臓破裂の重体となり大手術を受けるが、彼は自身とは違い術後2週間以上経ってから突然多臓器不全を起こし死亡した。
今作に登場する大部屋の常連患者の中で唯一死亡した患者であり、そのため大部屋の常連患者が死亡したのは前作に引き続いて2回目である。
斉藤善平
演 - 螢雪次朗
大部屋の常連患者の1人。第17話を除く全回に登場している(17話では名前のみ登場した)。ベッドは入口から見て左側の一番奥(場面上は右側の一番手前)であり、すなわち織田の左側で毛利の向かい側である。当初は左腕を骨折していたため左腕にギプスをしていた。採血では痛がる(本人曰く、血管が繊細だから)。その為翔子以外の採血を拒否していると、第3話の段階で語っていた。第5話では退職した沢田の手術を希望していずみや翔子を困らせた(辞めた沢田に代わり高杉と浜野が執刀予定だったが、第4話で高杉が病名を誤診し、沢田のオペの甲斐無く亡くなった患者がいるとまどかが大部屋の患者に触れ回ってしまい、それが原因で高杉のオペを受けるのが怖くなってしまった為)。浜野や高杉が「万全の体制で行うから」と説得をするも拒否。大部屋の仲間からは「そんな話を聞いたら自分たちだって怖くなる」と援護を受ける。その後、沢田が公園で怪我をした不良少年を若葉会に搬送した際、オペを受けるように説得した(翔子のからいずみに伝えられた。その場面は描かれていない)。沢田を信じて承諾書にサインをする。オペの描写は描かれていない。
今作に登場する大部屋の常連患者の中では入院期間が最も長い患者である。
明智大介
演 - 和田周
大部屋の患者の1人。第3〜7話に登場し、その後退院したが、第23話で再度入院し最終話まで登場した。ベッドは2度の入院とも入口から見て右側の一番手前(場面上は左側の一番奥)である。第7話で手術を受けるが、オペを前に、信頼しているいずみにオペが怖いと打ち明ける。その一方で大島を嫌っていることが明らかになり(大島には何も話したくないと言っていた)、それがいずみと大島の耳に入ったのがきっかけで2人が喧嘩になった。
今作に登場する大部屋の常連患者の中では唯一一度退院してまた入院してきた患者である。
今川義之
演 - こねり翔[9]
大部屋の常連患者の1人。第7話にて一度退院していった明智との入れ替わりで第8話から第14話まで登場した。ベッドの位置は退院した明智と同じく、入口から見て右側の一番手前(場面上は左側の一番奥)である。第11話では健太郎のミスに巻き込まれ、一度は主治医の変更を申し出る(浜野となる)が、健太郎の初手術(浜野の盲腸)成功を受けて、浜野からの推薦で再度主治医が健太郎となる。第14話で桂木の手術を受けるが、その後急変し、一時危険な状態になる。これが、妻が持ち込んだ枕から黄色ブドウ球菌が検出されたことが原因かと疑われ、桂木らドクターとナースらの対立の引き金になった。
今作に登場する大部屋の常連患者の中では最も入院期間が短く、第15話以降は一度も登場していない(なぜ登場しなくなったのかは明確にされていない)。
伊達政治
演 - 大河内浩
大部屋の常連患者の1人。第14話にて退院していった織田との入れ替わりで第15話から登場。ベッドの位置は入口から見て左側の一番手前(場面上は右側の一番奥)であり、以前の織田のベッドの右手側である。基本的にはいずみ・まどかが担当する患者の1人。第22話ではストーリー上メインの患者となり、浜野が担当医であることが明確にされた。また、このときは上原が担当になっていた。心臓疾患による手術延期を告げられてから疑心暗鬼になり、ついには暴れだしてしまう。その後、松坂・工藤・上原が夜勤の夜に、病院を抜け出そうとして倒れ、生命の危機に陥ったところを、松坂ら3人の除細動により救われる。
沢田まりあ
演 - 前田歩未夏
翔子と沢田の1人娘。パート4で翔子と沢田が離婚してからは親権は翔子に移った。

映画版[編集]

患者の多くは当時の日本代表サッカー選手から採られている。

猿渡剛
演 - ウド鈴木キャイ〜ン
かつて若葉会総合病院に入院していた患者。ケーキ屋に勤めている。ある日当院に翔子を頼ってまた入院しようとしてやって来たが、自身はもう既に病気が治っているために入院させてもらえず、それに腹を立てて当院にマシンガンを持って立てこもり乱射すると言う事件を起こしてしまう。
沖田総一郎
演 - 原田龍二
いずみが担当する大部屋の常連患者。優しくてイケメンである。同室に入院する他の患者3人とは違ってサッカーには全然興味無いような感じだが、実はサッカー選手であってサッカースポーツ少年団のコーチもしており(教え子達が見舞いに来てサッカーのコーチだと言う事が同室の患者達にバレた際にはサッカーに興味無くてコーチはただの仕事だと言って誤魔化した)、今回やっとドナーが見つかりまたサッカーが出来るようになるのを夢見ていた。しかしその臓器移植の手術当日に猿渡が若葉会総合病院にマシンガンを持って立てこもると言う事件が起きたためにその手術がなかなか出来なくなり、それに腹を立てて病室を抜け出し、ナースステーションまで駆け付けて猿渡を怒鳴りつける。その直後に突然吐血して倒れ、浜野や水島による緊急手術を受けた。
川口潤一
演 - 森下能幸
大部屋の常連患者。腕を骨折している。サッカーが好きであり、同室の小野と柳沢と共にテレビでサッカーワールドカップの決勝戦を見ていた。パート4にも引き続き登場した。
小野浩
演 - まいど豊
大部屋の常連患者。
柳沢直泰
演 - 瀬戸陽一朗
大部屋の常連患者。
沖田の教え子達
演 - w-inds千葉涼平橘慶太緒方龍一
沖田がコーチを務めるサッカースポーツ少年団に所属する団員達。サッカーボールを買ってそれに3人でサインし、それを持って沖田のお見舞いにやって来る。
熊野刑事(警部)
演 - 蟹江敬三
マシンガンを持って若葉会総合病院に立てこもった猿渡を逮捕するために当院にやって来た刑事。傲慢な性格であり、当院のナース達をやや見下している。もう時期定年を迎えようとしているためとても張り切っていた。
長谷川刑事
演 - 春田純一
熊野の部下。猿渡を一刻も早く逮捕するために無理な突入をしてしまい、上司の熊野に厳しく叱責される。猿渡から逃げる為にナースの格好をして出てきた健太郎を犯人と勘違いし手錠をかけるも「(健太郎が)この病院ののドクターなんです!」と翔子に言われ、手錠を外す。
大屋刑事
演 - 内田健介
熊野の部下。
報道番組キャスター
演 - 福井謙二(フジテレビアナウンサー)
報道番組リポーター
演 - 城ヶ崎祐子
サッカー試合中継アナウンサー
演 - 青嶋達也(フジテレビアナウンサー)

パート4[編集]

レギュラー患者の名字は川口を除き、日本人スキージャンプ選手から採られている。なお、第2シリーズや第3シリーズとは違い、大部屋の常連患者が死亡する事は一切無かった。

高杉美鈴
演 - 秋川リサ(第1 - 4話、第12話、最終話)
高杉健太郎の母で、すなわちいずみの姑。フリーライターであり、世界各国を飛び回っている。健太郎の母でありながら彼が初登場したパート3には一度も登場しておらず、今作にて初登場した。とても頑固で意地悪な性格であり、息子の健太郎と違って料理もろくに出来ないいずみの事を毛嫌いしている程である。第1話にて日本へ帰国してからしばらく健太郎といずみの住むアパートに居候する。第2話では若葉会総合病院に検査入院する。第5話から第11話までは再び海外へ旅立っていたため登場していなかったが、第12話にて再び日本へ帰国して再び登場し、その際には健太郎と離婚するようにいずみを説得する。最終回にてアメリカへ旅立つ事となるが、その直前にスキルス胃癌に侵されている事が判明し、アメリカへの旅立ちが見送りとなる。そして健太郎による手術を受けて一命を取りとめ、その後故郷の式根島へ戻って療養する。離島編にて、5年前(2009年)に亡くなっている事が判明。
尾崎まりあ
演 - 坂野真弥
翔子の一人娘。4歳に成長している。翔子が沢田と離婚したため、尾崎姓になっている(離島編/再会編では、翔子にかかってきた国際電話の中で、翔子の会話でその存在が明らかにされており、ドクターへの道を志すためアメリカに留学中で、沢田の元にいることが示されている)。
谷本内科婦長
演 - 田岡美也子
内科病棟の婦長。最年少で婦長となった翔子を快く思っておらず、何かにつけて嫌がらせをしてくる。最終回では彼女が進めていた訪問看護科設立計画を潰すために内科病棟から外科病棟へトランスした患者にわざと問題行動を起こさせるなどしていた。
今作の事実上の準レギュラーではあるが、クレジットではゲスト扱いである。
原田学
演 - 坂本ちゃん
いずみが担当する大部屋の常連患者の1人。十二指腸潰瘍のため入院しており、第1話で河合によるカテーテル治療を受けている最中に突然吐血し浜野による緊急手術を受ける(自身が吐血した際にひろみは過呼吸となってその場から逃げていった)。浜野が手間取っているところを見学していた永島に加勢された。人参が大の苦手なため病院食に少しでも人参が入っているといつもその人参を食べ残していたが、ある日夜中にお腹が空いて廊下でこっそり菓子パンを食べていた所を偶然入院中のひろみに目撃されてその菓子パンを没収され、その際に人参もきちんと食べなければいけないと彼女に説得されて立ち直り、その後は病院食に人参がいくら入っていても残さずきちんと食べるようになった。
船木
演 - 春海四方
大部屋の常連患者の1人。胆石症のため入院している。第2話ではひろみが夜勤でラウンドする夜に突然苦しみだし、それに気付いた彼女が駆け付けた際に突然吐血し永島らによる緊急手術を受けた(自身が吐血した際に河合はその場で過呼吸となって倒れ、頭を打ち気絶した)。
川口潤一
演 - 森下能幸
大部屋の常連患者の1人。映画版から引き続きの登場。
葛西
演 - 森一弥(エネルギー
大部屋の常連患者の1人。ひろみに想いを寄せている。中盤で病状が回復し一度退院するも、第12話で再び病状が悪化して再入院し、その時は会社をリストラされて自暴自棄になり自殺未遂をした。そしてひろみに叱責されて立ち直り、その後最終回で無事に退院し想いを寄せている河合をデートに誘い受け入れられた。
今作に登場する大部屋の常連患者の中では唯一一度退院してまた入院してきた患者である。
鈴木清美
演 - 兎本有紀

離島編/再会編[編集]

離島編
鮫島トメ
演 - 草村礼子
式根島の農婦。長年ずっと高杉診療所に通って治療を受けている。
安西涼太
演 - 阿部力
式根島の漁師。
大和田
演 - 大西武志
式根島の漁師で漁労長。
飯田加代子
演 - 武藤令子
鮫島トメの娘。東京で仕事をしている。
再会編
川澄穂奈美
演 - 今村美乃
女性の大部屋の患者。ドクターに胸を診られるのを嫌がり、そのためドクターの診察を頑なに拒否する。
長瀬一也
演 - ト字たかお
男性の大部屋の患者。ナースのお尻をよく触ったりしている。
その他
演 - 中村靖日
演 - 阿佐ヶ谷姉妹

ゲスト患者[編集]

パート1 / スペシャル / パート2 / パート3 / パート4

パート1(1996年)[編集]

第1話「やっぱりダメですか? こんな看護婦」[編集]

森下敏郎
演 - 石丸謙二郎
大腸癌を患って入院する患者。いずみと翔子が夜勤する深夜に吐血し、緊急手術を受ける事となった。吐血した原因は大腸癌の手術後に絶食だと言われたにも関わらず揚げパンを食べた事が原因である。第2話にて病状も回復して無事退院していった。

第2話「私、辞めます! この仕事」[編集]

森下敏郎
演 - 石丸謙二郎
演 - 遊井亮子
いずみがアルバイトをするナースクラブの従業員。

第3話「看護婦増やせ! 夜勤を減らせ!」[編集]

久野院長
演 - 仲谷昇
パート1に登場する若葉会総合病院の院長。パート3以降は当院の院長を既に退いており、その後任として大久保が当院の院長に就任したため一度も登場していない。

第4話「私患者やります!」[編集]

小沢八重
演 - 南美江

第5話「死なないで!」[編集]

須藤正平
演 - 榊原利彦
雑誌カメラマン。手術の結果、実は膵臓癌が転移しており既に手遅れだった。中原はそんな須藤に対して恋心を抱き、出来る限り最善の治療を受けさせようと努力するが、残り少ない人生を好きなように生きた方が良いと考えるいずみと看護方針を巡って対立する。そんな中、自身の容態が急変し帰らぬ人となったことで、中原はショックを受ける。
今作に登場するゲスト患者の中で死亡した患者としてはまず1人目である。

第6話「医師vs看護婦」[編集]

岡村朋也
演 - 布川敏和
翔子の高校時代のクラスメイト。
寺田和幸
演 - 浅野和之

第7話「先輩辞めないで!」[編集]

北野みどり
演 - 西尾まり
派遣ナース。翔子を他の病院に引き抜こうと模索する。
二宮金太郎
演 - 今福将雄
元々は胃癌のため入院しており、それに喘息持ちである。大の将棋好きであり、勤務中のいずみを無理矢理将棋に付き合わせたりするなどしていた。その後いずみが熱を出して仕事を休んでいる間に容態が急変し死亡する。
今作に登場するゲスト患者の中で死亡した患者としては2人目である。

第9話「婦長になりたい!」[編集]

小野寺純子
演 - 立石凉子
華子が入院した大部屋に入院する患者。息子が13年前に若葉会総合病院の小児病棟に10か月入院し、当時小児科のナースだった華子の世話になっていたと、華子を慕っている。息子の愛称は「たっくん」。華子が入院した際、夜に熱発。いずみは氷枕を用意するが、華子が電気毛布を用意するように指示(体が震えていたため)電気毛布で体を温め、熱が上がりきった後に座薬を投薬し、体を冷却(同じく桜井の指示) 適切な処置により無事回復する。
近藤キク
演 - 塩沢とき
華子が入院した大部屋に入院している。入院歴が長く、大部屋のお局的存在の中心人物であり、桜井が担当を受け持つ患者。華子にはいつもお世話になっているが、華子と同室に入院する事となった当初は彼女の事を華子だと気付かなかった(いつもの白衣・メガネ・お団子頭の姿でなく、髪を下ろして落ち込んでいる姿だった為)。華子が入院した際、病室でいずみを大声で叱責していたり、6時にアラームをかけていた華子に起こされたり、自身の薬の飲み方を注意されたりと(食前薬を飲んだか尋ねられ、いつも面倒臭いから食後の薬と一緒に飲んでいると伝えるも、食前薬は食前に飲まないと意味が無いと注意をされ、しぶしぶ服用。その後朝食を食べようとするも服薬後は30分飲食禁止。アラームをかけておくと言われた)。華子の様々な態度に苛立ちを感じ、病室の仲間を連れ立って「主任に注意しろ」とナースステーションにクレームを言いに行くが、華子に見つかり病室に連れ戻される。
桜井華子
演 - 深浦加奈子
外科病棟主任。階段で足を踏み外し、転倒。足の骨にヒビが入り大部屋に入院する。いつものナーススタイルではなかった為、大部屋の患者(小野寺以外)から、新入りの患者と間違われる。初めは気落ちしていたが「落ち込んでいる姿は君らしくない」と沢田に言われいつもの華子に戻っていく。朝の6時に大部屋の患者を起こしたり、食前薬を飲まずに食事をしようとした近藤を怒ったり、患者の前でいずみを叱責し「(いずみが)新人なんだからミスくらいする。患者の前で大声で怒鳴らなくても。こちらが不安になる」と、近藤を筆頭に大部屋の患者(小野寺以外)からクレームを受けるが、白衣を着ている時と同じように同僚や患者と接していく。小野寺の熱発時には、ベテランの貫禄を生かし的確な看護を行い、無事に回復させた。

第10話「VIPの入院」[編集]

桂木浩二
演 - 山下真司
ニュース番組『ミッドナイトジャーナル』のニュースキャスター。痔核の手術で若葉台総合病院に極秘入院してくるが、直前の不倫報道もありマスコミの取材殺到にナースステーションは騒然となる。常にマスコミが張っていた為、病室のネームプレートは「水島俊介」と偽名(澤田と水島の下の名前をもじった)手術の際は、根本婦長のアイデアで、ストレッチャーに乗った状態でシーツにくるみ手術室へ搬送する[10]など、病院側はマスコミに探られないように気を使っていたが、桂木の探りを入れに来た記者が、いずみの「(病院の)食堂が閉まってショック」という発言を「食道癌でショック」と聞き間違え「桂木が食道がんに」と記事を書き大騒動に。その後、根本婦長の指示で担当になった福山は、桂木を必死に看病。桂木と熱愛しているのではないかとデマの記事を書かれ、根本婦長から担当を外されるも、必死に看病を続ける。桂木の実直な一面に触れるうちに、次第に亡くなった父の姿を重ねるようになっていく。大事な対談があるからと沢田の指示を振り切り強制退院するも、生放送中で倒れ様子を見に来ていた福山に助けられる。若葉会総合病院に搬送され、腸の穿孔(穴が開くこと)で再手術。その後無事退院する。
東俊彦
演 - 森下哲夫

第11話「独り立ちします!」[編集]

松原雄一
演 - 柏原収史
松原君子
演 - 山村美智子
雄一の母。過保護で雄一から子離れできずにいる。雄一のオペ直前、お腹が空いて可哀想だからと牛乳を飲ませてオペを中止にさせてしまう(オペ室ナースには絶食しているといずみが申し送ったが、麻酔科医が挿管を行った際、口から異物が吐き出された)。「お茶や食事はダメだと言われたが牛乳はダメだと言われなかった」と説明し、水島からは「それは屁理屈」と言われるも「何故食事や水がいけないか、しっかり説明しなかったからこのような事態が起きた」「過去に裁判沙汰になった事例もある」と、婦長や華子、執刀医である沢田は牛乳を飲まさせた母親ではなく、担当であるいずみによる説明がしっかり出来ていなかった事を強く叱責する。

第12話「告知しますか」[編集]

片桐孝
演 - 今井雅之
翔子の高校時代の恩師。元妻の加納洋子とは離婚し、それ以降は独り暮らしをしながら塾の講師を続けてきた。ある日胃潰瘍の疑いで入院してきたが実は末期の胃癌だった。本人には胃癌だとは告知せずただの胃潰瘍だと言い通す方針のはずが、翔子のせいで自分が胃癌だという事を知り自暴自棄になってしまう。片桐を励まそうとするいずみは疎遠になっていた息子の誠を片桐に会わせ元気づけられた彼は治療を続けることを決める。
加納洋子
演 - あめくみちこ
片桐の元妻。いずみは自暴自棄になった片桐を励ますため誠を幼稚園から無断で連れ出してしまいそれを誘拐だと誤解し、いずみと病院を告訴しいずみは看護婦免許を取り消される危機に立たされるが、片桐が目の前で倒れて病状が深刻だと聞かされ片桐のために誠を連れ出したことを知り告訴を取り下げ、いずみは無事にナースを続けられることになった。
加納誠
演 - 明石亮太朗
片桐と加納の間の息子。

※第12話で、プロデューサーの両沢和幸が大部屋の患者に扮し、「モロサワです」と片桐に自己紹介する場面がある。

最終話「看護免許を取消します!」[編集]

片桐孝
演 - 今井雅之
加納洋子
演 - あめくみちこ
加納誠
演 - 明石亮太朗
久野院長
演 - 仲谷昇
土屋勝利
演 - 勝部演之

スペシャル(1997年)[編集]

谷口涼子
演 - 奥山佳恵
三上博之の婚約者。いずみのアパートで足を踏み外し転落し、若葉会総合病院に搬送される。オペが必要なのだが了承しない。いずみが懸命に説得しオペを受ける。
鬼塚たまこ
演 - 柴田理恵
オペ室ナースでいずみたちのオペ室研修の指導係となる。涼子のオペの器械出しの際、自らの体力の限界となり、器械出しをいずみに代わってもらう。
佐伯
演 - 蛭子能収
画家を目指した水道屋。もともとは内科に入院中で狭心症で水島の担当だったがMK(胃ガン)の検査入院のために外科に入院する。吐血し、緊急オペを受けるが、オペ中に心筋梗塞による心停止となり死亡する。
患者(元タクシー運転手)
演 - 神戸浩
いつも9時になると交通情報のラジオを聴いている。
蛭子と神戸は、観月主演作品ではボクたちのドラマシリーズ『放課後』以来おなじみのコンビである。

パート2(1997年)[編集]

第1話「いずみ! カムバック 新しい病院では最悪の出会いが待っていた」[編集]

近藤和美
演 - 宮崎淑子
いずみが異動した時点での若葉会第二病院外科主任。通勤環境の問題から遅刻が多く、薬品棚の鍵を誤って持ち帰るなどのミスを犯していた。山岡とは反りが合わず、ついには反発して退職してしまう。これが翔子を後任主任として本院から異動させるきっかけを作る。温厚な人柄で、いずみを気遣ってくれていた。彼女の退職から翔子の着任まで、いずみはほとんど孤立状態に陥った。遅刻や仕事上のミスが多くて役に立たないナースであるにも関わらずなぜ主任になれたのか不明である。
木村義和
演 - 田山涼成(第2話)
パート1でいずみが担当していた大部屋の常連患者。今作にて本院から若葉会第二病院に転院し、いずみが担当する大部屋の患者となる。

第2話「先輩! コンビ復活」[編集]

山本真一郎
演 - 石井愃一
パート3第1話にも登場。半年前にも入院していたが、検査入院する。病院食が待ちきれず焼き肉定食を食べて腹痛を起こす。パート3では直腸癌を患って本院に入院する。

第4話「主任は絶対翔子君」[編集]

田辺勝
演 - 酒井敏也

第5話「ドクター牧原誕生」[編集]

牧原百合子
演 - 岩本多代
牧原耕太郎の母。夫を早くに病気で亡くし、女手一つで息子の耕太郎を育ててきた。ある日入院する事となり、入院中に病室でろうそくに火をつけてお経をあげ火事を起こしてしまう。耕太郎の初オペの日に心筋梗塞を起こす。意識を取り戻し、耕太郎に「オペに行きなさい」という。

第6話「キスしてあげる!」[編集]

牧原百合子
演 - 岩本多代

第8話「えっ注射恐怖症!?」[編集]

桜井華子
演 - 深浦加奈子
本院の外科主任。パート1ではレギュラー。会議の為に若葉会第2病院へ来訪する。主任でもない大島(いずみ曰く、トップのヒラ)がなぜ偉そうにナースステーションを取り仕切っているのか疑問を感じ、大島に攻め寄っていく。そして本院と同じようなスタイルでナースステーションを仕切り出す(氷ができていない、ナースコールは3コール以内、薬が足りない、「はい!は1回!」など)。
秋山輝夫
演 - 左右田一平

第9話「婦長のロマンス!」[編集]

日高雄作
演 - 岡田眞澄
沢田の研修時代の恩師。また、山岡の恋人。肝臓がんの末期。

第10話「主任は、私よ!」[編集]

夏木五郎
演 - 有川博
アッペの術後、心停止を起こし、翔子と大島で蘇生をする。

最終話「さよなら、いずみちゃん」[編集]

ティッシュ配りのアルバイト
演 - 新山千春

パート3(2000年)[編集]

第1話「ナース4年目! 朝倉いずみに強敵現わる」[編集]

山本真一郎
演 - 石井愃一
パート2第2話にも登場している。今回は直腸癌を患って入院し手術を受ける事となる。オペ直前、赤木まどかの筋肉注射を拒否し、手を振り払った弾みでいずみの手に注射針が刺さってしまう。そして痛がるいずみの手から放たれた注射針は、大部屋の仲間が遊んでいたダーツボードのど真ん中に命中。怖い場面を目撃した直後にオペに向かう羽目に。更に手術をした日の夜勤時、翔子が愛娘まりあの体調不良により一時帰宅。まどかがラウンド(夜勤巡回)を彼氏と電話をしていたことにより怠り、いずみが探しに行きナースステーションを無人にしている間に様態が急変し吐血(ナースコールを鳴らしたがナースステーション不在だった)。いずみの連絡によりかけつけた沢田による緊急再手術を受ける。この一件により、翔子・いずみ・まどかの3人は根本婦長から強い叱責を受ける。

第2話「指導係失格! いずみVSまどか大乱闘!」[編集]

徳川正一
演 - 大竹まこと
頑固一徹な性格の上に大の風呂好きであり、朝から「おい!風呂はまだか!?」と何度もナースコールをする。手術後初の入浴の際にはまどかのミスでいずみが浴槽に落ちたため入浴出来なくなり激怒する。その数日後にまた機嫌が直り風呂に入りたいとナースコールをし、その時は入浴出来るようになったが、まどかが間違えて冷水をかけたため入浴中に心停止となるがいずみと健太郎の処置で蘇生する。
平塚花江
演 - 石井トミコ
いずみが住むアパートの大家。この時点では顔見せ程度しか登場せず、氏名も明かされなかった。

第4話「ナースに何が判る」[編集]

大久保ひさし
演 - 神山繁
若葉会総合病院院長。この時点では氏名は明かされなかった。実質準レギュラー。
平尾宣貴
演 - 二瓶鮫一
自宅での電球交換中に脚立から転倒し、夜間救急に搬送された沢田の元患者。救急外来でいずみと健太郎の処置を受ける。いずみは健太郎に「レントゲン撮った方が…」と伝えるが、健太郎はそれを拒否「そんな大袈裟なことはしなくていい」という平尾側の意向もあり、健太郎は足の処置だけして返してしまう。翌日、腹痛で再搬送。沢田により肝破裂と診断され手術を受けるが、手術の甲斐なく死亡した。今作に登場したゲスト患者の中で唯一死亡した患者である。
平尾芳江
演 - 大森暁美
平尾の妻。以前平尾が外科に入院した際、お世話になったと沢田を慕っている。手術の成功を信じていたが、平尾の死を受け泣き崩れてしまう。

第5話「一緒に暮らそう!」[編集]

コウジ
演 - 土倉有貴
不良少年。いつも学校をサボって公園でスケボーなどをして遊び惚けている。まりあを連れて公園に来ていた沢田に、公園でスケボーをするなと注意されて仲間と共に逆ギレするが、スケボーで転んで大怪我をして若葉会に運ばれ、それをきっかけに心を改める。
コウジの仲間
演 - 金子貴俊
コウジの仲間の不良少年。いつもコウジとつるんで学校をサボって公園でスケボーなどをして遊び惚けている。まりあを連れて公園に来ていた沢田に、公園でスケボーをするなと注意されてコウジと共に逆ギレするが、コウジがスケボーで転んで大怪我をして若葉会に運ばれたことをきっかけに心を改める。

第6話「先輩ミスしたの?」[編集]

山形大作
演 - 奥村公延
いずみが担当する大部屋に入院してきた患者。ある日翔子が点滴薬を間違えたためアナフィラキシーショックを起こし、そのため翔子がミスして訴えられそうになる。さらには枕が合わなくてなかなか眠れない事を翔子にようやく分かってもらえ、枕の調整をしてもらいよく眠れるようになった。
山形茂
演 - 宇梶剛士
山形の息子。とても傲慢な性格であり父の大作とは正反対である。しかも方角にこだわっているため父をもっと東の部屋へ移せといずみらを脅迫する。そして終盤ではいい病院を見つけてその病院に父を無理矢理転院させようとする。

第7話「夢の結婚退職!?」[編集]

小野田雅彦
演 - 中村俊介
いずみ達の合コン相手、老舗旅館の若旦那。胆嚢炎で入院してきた。大島がオペ室に運ぶとき、小野田から結婚を申し込まれた大島は、ナースを辞めて旅館の女将になろうと決心する。

第8話「モデルになりたい」[編集]

長谷川竜也
演 - 金子賢
バンドマンであり、ギターとボーカルを担当。まどかの高校時代の同級生で最初の彼氏である。足の怪我で入院し、検査で肺過誤腫が分かり手術を受ける(バンドのオーディションのために自身の見舞いに来たバンド仲間や同室の患者達と共に病室で歌って踊って盛り上がり、その祝杯でビールを差し入れに持って来た事がまどかといずみにバレて注意される)。そのために入院が長引いてバンドのオーディションに出れなくなったために自身が所属するバンドのボーカルをクビになり、それをまどかから聞いてその夜突然病院を抜け出してライブハウスへ行ってバンド仲間と揉め事を起こす。そこで呼吸停止となりまどかの処置で一命を取り留める。

第10話「クビになっちゃう」[編集]

大久保ひさし
演 - 神山繁
この話ではメインゲスト的な扱いである。非常に傲慢で厳しい性格であり、出来が悪くて役に立たないと判断したナースは即刻リストラするほどである。そのため内科のナースを1名リストラし、外科のナースも同様に1名リストラしようとする。ある日足の骨折で患者となって大部屋に入院するが、当初は院長であることを伏せられ、名前も偽名の小久保ひさしにされた。ナースに対する侮蔑的姿勢に反発したナース達(翔子・根本を除く6人)から報復されるが、その後、自らが食道動脈瘤の破裂により吐血し緊急オペを受ける。そして自身が入院して患者となった事で初めてナースのありがたみが分かり、そのためナースのリストラを見送りにした。

第14話「ドクター京子登場」[編集]

今川道代
演 - 広岡由里子
今川の妻。宿泊を希望し、担当医の桂木京子に拒否されるも、翔子・いずみが承諾する。その夜今川に急変が起き、彼女が持ち込んだ枕から黄色ブドウ球菌が検出され、枕が原因ではないかと疑われた。
丸岡奨詞

第15話「この浮気者!!」[編集]

山名満
演 - 竹下宏太郎
桂木の2人目の担当患者。桂木の執刀を嫌がり、健太郎の執刀(桂木がサポート)を受けるもその後急変。当初は健太郎の縫合不全が原因かと疑われたが、セントルイス脳炎という非常に珍しい病気であることが判明し、桂木の対応で救われ、彼女に感謝する。

第16話「私ドクターになる」[編集]

大久保ひさし
演 - 神山繁
この回では査問委員会の場面のみ登場する。立場上か、ナース側にもドクター側にも味方しなかった。
柴田弘美
演 - 野波麻帆
妊婦。事実上この回のメインゲスト患者。夫の入院に付き添うも、自らが陣痛を起こしてしまい、桂木と翔子を中心に帝王切開のオペを受ける。
雑誌記者
演 - 徳井優

第17話「私が育てたナース」[編集]

平塚花江
演 - 石井トミコ
いずみが住むアパートの大家。この回ではメインゲスト患者であり、初めて氏名が明かされた。ある日突然腹痛を訴え、「一度病院で診てもらったほうがいい」といずみに言われて検査入院し、まどかが担当となる。しかし口が達者で自己中心的でわがままな性格なため入院中はみんなに散々迷惑をかけまくり、それに胃カメラ検査の前日に大福を食べてしまいその検査が出来なくなってしまう。そしてしまいには同室患者にも嫌われ、自分で勝手に退院し、退院直後に突然吐血して倒れて病院に担ぎ込まれ、緊急オペを受け再入院する。娘を1年前に交通事故で亡くしており、娘は子育てで忙しいから呼べないと最初はまどかに嘘話をしてその事を隠していたが、再入院となった際にいずみが娘の旦那から電話で聞いてその事実が判明する。
与謝野鶴子
演 - 銀粉蝶
平塚と同室に入院する患者。愛犬家であり自宅で犬を飼っている。樋口と日野と共に平塚の態度に大迷惑する。
樋口多江
演 - 川俣しのぶ
平塚と同室に入院する患者。与謝野と日野と共に平塚の態度に大迷惑する。
日野礼子
演 - 伊達みず恵
平塚と同室に入院する患者。与謝野と樋口と共に平塚の態度に大迷惑する。

第18・19話「プロポーズ大作戦-行かないでくれ!」[編集]

松平登
演 - 綾田俊樹
水島が付き添う患者。沢田の肝中央二区域切除のオペを受けるために水島に付き添われ青森の病院から若葉会総合病院に転院してきた。沢田によるオペは無事成功したものの、19話にて容態が急変し水島による緊急オペを受け一命を取り留めた。その後青森の病院へ戻って行った。

第20話「ようこそ学生さん」[編集]

早坂由香里
演 - 上原多香子
看護学生。いずみの後輩。この回の実質的な主役である。病院では“優等生モード”だが、素顔は今どきの若者。ドクターとボウリングに行ったり、いずみとメロンパンを食べながら出勤していた高杉に手を出したり、やりたい放題。業務中も、オペ出棟前の細川(受け持ち患者)に手術着を着せ忘れ、いずみには「これだから学生は」「基本がなってませんよね~基本が」と笑われたり些細なミスを連発。挙句の果てには実習中に事故を起こして放棄(食事介護中に受け持ち患者である細川に食べ物を吐かれてしまい、それが汚いと看護を放棄し、タオルを取りに行っていた)。アルバイトに走り、外科病棟ナースの信頼を完全に失うことになる。やがて、細川の看護を引き継いだいずみの真摯な姿勢に心を打たれ実習に復帰、完遂する。映画版にも学生として再登場しており、優等生モードと今どきぶりは相変わらず。
トモミ
演 - 林知花
早坂の仲間の看護学生。この回では早坂に付き合ってアルバイトに走るまでが描かれた。映画版にも引き続き学生として登場している。
細川昭夫
演 - 梅野泰靖
早坂が担当する頑固一徹な履物職人。かなりの職人気質で頑固一徹な性格であり、自身が作った雪駄を踏まれたり、下駄と勘違いされたりしたぐらいで激怒するほどである。早坂の本性を見抜いていた。沢田による食道がんのオペを受け、嚥下障害(物が飲み込みにくくなる)が残ってしまい、食事中、食事介護をしていた早坂のナース服にむせ出た嘔吐物をかけてしまう。早坂が「食べ物を吐かれて汚いから」と看護を放棄し、タオルを取りに行っている間に転倒して手を骨折。その後はリハビリや食事を拒むようになるが「秋は美味しいものが沢山あるのに点滴だけで良いのか」といういずみの声がけ、心を入れ替えた早坂やいずみ、翔子、大部屋仲間による支えを受け、懸命に食事やリハビリに取り組むようになる。最終的に退院したエピソードは描かれていない。

第21話「先輩がフリン?」[編集]

麻生伸一
演 - 羽場裕一
翔子の元彼。翔子の新人時代をよく知るドクター。末期の小腸癌であることが判明し、自分はもう助からないと思い自業自棄になって暴れ回る。沢田のオペを受ければ治ると高杉から聞いても嘘つくなと言うほど治ることを信じなかった。その直後に吐血して倒れ、沢田による緊急オペを受けて一命を取り留め、暴れたことを反省した。その後生まれ故郷の金沢へ戻り、残りの人生を過ごす事となった。

第22話「新カップル誕生?」[編集]

青木基次
演 - 久保晶
大島と浜野が異動する予定先の病院の院長。医療費等の水増し請求がバレて事務長の岡村と共に逮捕され、大島と浜野の異動の件が白紙に戻った。
岡村義文
演 - 須永慶
大島と浜野が異動する予定先の病院の事務長。

最終話「フルモデルチェンジ! 私、仕事に生きます」[編集]

毛利の母
演 - 真屋順子
息子の正を最終回で亡くし、その納骨の際に線香をあげに墓までやって来たいずみに偶然出会い、正が彼女の結婚式でするはずだったスピーチの原稿を彼女に手渡す。正が入院中はなかなか彼の見舞いに病院まで訪れる事は出来ずにいた。

パート4(2002年)[編集]

第1話「いずみピンチ! 姑と新人ナースに大奮闘」[編集]

谷本内科婦長
演 - 田岡美也子
内科病棟の婦長。最年少で婦長となった翔子を快く思っておらず、何かにつけて嫌がらせをしてくる。最終回では彼女が進めていた訪問看護科設立計画を潰すために内科病棟から外科病棟へトランスした患者にわざと問題行動を起こさせるなどしていた。

第3話「完璧なナース!?」[編集]

谷本内科婦長
演 - 田岡美也子

第5話「俺は天才外科医だ」[編集]

楢崎
演 - 松澤一之
いずみが担当する大部屋の患者。庭師で園芸が趣味。毎年夏には自ら切った竹を使って流しそうめんをするのが楽しみとなっている。食道癌を患っており、高杉が手術を担当する。しかし術後に見舞いの鉢植えの土を入れ換えるために病院の中庭の土を触ったことで破傷風となってしまうが、永島が高杉に情報を提供したことで一命を取り留める。
楢崎季子
演 - 松美里杷
楢崎の妻。

第6話「健太郎殴られる!」[編集]

谷本内科婦長
演 - 田岡美也子
伊川佳祐
演 - 田中要次
関連病院から転院してきた患者。担当医は高杉。元ボクサーであるためとても短気で喧嘩っ早い性格であり、大部屋は嫌だから個室に移せとか、担当医が若造(高杉)では嫌だから外科部長を呼べなどと脅したりして周囲からブーイングを浴びる事となる。

第7話「ラーメン大好き!」[編集]

坂井和弘
演 - 伊藤正之
ラーメン屋を営み、新しいラーメンスープを開発中であった。ある日自身の経営するラーメン屋が倒産寸前となり、友人の所へ資金繰りをしに行く途中で突然胃の調子が悪くなり若葉会総合病院に来院する。そして外来診察の順番を待っている最中に突然胃痛を訴えて倒れ、すぐに精密検査を受けたら胃癌であることが判り、急遽手術をする事になった。しかし胃癌はかなり進行していて既に末期状態であった。末期癌である事は自分でもなぜか最初から気付いており、死ぬまでの間に新しいラーメンスープを完成させようとしていた。その後化学療法などが続けられたが、それからしばらくして容態が急変し死亡する。なお、両親は既に他界しており、それに結婚もしていないために後継ぎの子供もいないのにもかかわらず自身が経営していたラーメン屋の営業は自身の死後も続き、しかも売り上げがアップした。
今作に登場したゲスト患者の中で唯一死亡した患者。
坂井が経営するラーメン屋の従業員
演 - 増田由紀夫

第8話「ママなんか大嫌い」[編集]

小谷千秋
演 - 夏木マリ
人気デザイナーであり、シングルマザー。夫とは離婚し、女手一つで娘の美香を育てて来た。悪性リンパ腫のため入院するが、入院中にもかかわらず病室のベッドで仕事をしたり取材を受けたりしていた。さらにはファッションショーの当日に無理矢理外出してショーに出演するも、ショーの本番中に突然倒れて病院に担ぎ込まれる。そして終盤では病気がかなり良くなっていた事が判明した。
小谷美香
演 - 滝裕可里
千秋の娘。仕事人間の母の事を快く思っていなかったが、最後には和解した。

第9話「ナースはいらない」[編集]

稲本潤次郎
演 - 細川俊之
名医と評判の外科医で教授。テレビ出演をこなしたり、本を出版したりする程の名医である。永島の医科大学生時代の恩師。浜野に出張オペを依頼されて若葉会総合病院に来院し、彼が担当する患者である森岡の手術をする事となった。傲慢な性格であるためナースを見下しており(離婚した元妻がナースだったため)、そのためナースと共に行動はせず、ナースの代わりに男性のみの医療スタッフ(ソーシャルワーカーや管理栄養士など)をいつも大勢引き連れて行動している。傲慢な性格であるため若葉会の外科に勤務する医療スタッフ達をほぼ見下してはいるが、その中で自身がかつて医科大学で教えていた永島の事だけは優秀で立派な医者だと唯一信頼している。どんな手術でも時間短縮で行える程腕の良い医者であり、これまでの手術時間の最高記録は2時間15分である。今回は森岡の手術を2時間ジャストで行おうとしていたが、手術中に介助の一人である浜野が突然腰痛を訴えて倒れたために2時間3分となってしまい、さらに縫合に失敗したために森岡の容態を急変させてしまった。第5話でも浜野の口から名前のみ語られている。
森岡靖
演 - 畠中洋
胃癌を患って入院する患者。担当医は浜野であり、その浜野に出張オペを依頼されて若葉会総合病院にやってきた稲本による手術を受ける事となる。その稲本による手術は無事成功したものの、稲本自身が縫合に失敗したため容態が急変し、急遽再手術を受ける事になった。

第10話「ラブラブ大ピンチ」[編集]

宮本清治
演 - 中丸新将
医薬品貿易会社社長。手術後に急変を起こし一命を取り留めたが、自分の経営している会社が倒産してしまったことを知り、自殺目的で点滴の管を外し血液を逆流させてしまい、さらにそのことで、いずみがミスしたと疑われてしまった。

第11話「ヤキモチドクター」[編集]

奥山武彦
演 - 宝田明
画家。妻を病気で亡くし、それ以降は一人暮らしをしながら画家の仕事を続けてきた。退院を強く希望しており、その後尾崎に在宅看護してもらう。ところが自宅で緊張性気胸を起こしてしまい、偶然往診に来た永島にドレナージ代わりに果物ナイフで切開しゴムホースで処置し、救急車を呼ぼうとしたところ、亡くなった妻の命日を理由に自宅に残ることを承諾し、その後高杉に来てもらいドレナージに交換してもらった。

第12話「結婚してください!」[編集]

大久保ひさし
演 - 神山繁
若葉会総合病院院長。
高原
演 - 木野花
訪問看護ステーション「やすらぎ」の職員。翔子と永島が訪問看護ステーションを見学した際、運営に関わる現状を説明した。

最終話「さよなら…若葉会ドジナース朝倉いずみ7年目の決意! 再婚話に揺れる尾崎翔子! 母のオペに挑む健太郎! 今よみがえる思い出と伝説のドジシーン!!」[編集]

大久保ひさし
演 - 神山繁
谷本内科婦長
演 - 田岡美也子
早苗
演 - 山本未來
高杉の昔の恋人。
北沢洋一
演 - ルー大柴
内科病棟から外科病棟へトランスしてきた患者。問題行動ばかり起こしていたが、実際は翔子の訪問看護科設立計画を潰そうとする内科病棟の谷本婦長に利用されていただけであった。
高原
演 - 木野花
その他
演 - 本宮泰風
演 - 青木和代

脚注[編集]

  1. ^ ドクターである沢田からもこう呼ばれている。
  2. ^ 階段で朝倉にレントゲンを取ってくるように指示を出した直後、松葉杖を着いていた患者と接触。よろけて階段から落ちそうになり、患者から差し出された患者の松葉杖につかまるが、つかまった部位が滑り止めのゴムだった為、ゴムが外れた弾みで頭から落下してしまった。
  3. ^ そのスイカを楽しみに食べようと待っていたいずみだったが、先輩の華子や福山に全部食べられてしまう。
  4. ^ いずみからは陰口でこう呼ばれている
  5. ^ これは翔子の推測。
  6. ^ 退職理由は「まりあの子育てのため」と説明したが、翔子の発言では「医者という仕事に失望したため」でもあるという。
  7. ^ いずみはナースで唯一呼び捨てで、翔子に対しては主任→婦長と外科医という立場であるのにもかかわらず、稀にタメ口で話すこともある。
  8. ^ 盲腸と確信していて手術をしたが、盲腸ではなく大腸癌であり、最終的には沢田が登場し無事成功したものの、沢田が来なかったあるいは遅れた場合は命を落としている可能性も高い
  9. ^ パート1の2話では、キャバクラの客としてゲスト出演している。
  10. ^ 昼間に亡くなった遺体の運び方らしい。実際手術室への移送中亡くなった患者と間違われ、廊下ですれ違った患者と面会に来た記者に合掌された。