ナーストレンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ローランス・フレーリクによって描かれたナーストレンドの館の様子。

ナーストレンド古ノルド語: Náströnd)は、北欧神話に出てくる死者の世界のことである。名前は「死者の岸」の意味である[1]

巫女の予言』と『ギュルヴィたぶらかし』には、ナーストレンドの上に、北向きの扉がついた館があることが書かれている。その天窓(古代の北欧の屋根についていた明かり取り兼煙出し用の窓)からは毒がしたたり、壁はの背骨を編んで作られている[2]。 さらに『巫女の予言』には、ナーストレンドにある館でニーズヘッグが死者の血をすすること、が男たちの体を裂いてしまうことが書かれている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『エッダ 古代北欧歌謡集』12頁。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』12、279頁。

参考文献[編集]

  • V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年、ISBN 978-4-10-313701-6。

関連項目[編集]