ナーゾ・トーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナーゾ・トーヒーパシュトー語: نازو توخۍ, 1651年? - 1717年)は、パシュトゥーン人の女流詩人[1]。アフガニスタンの国民的英雄、18世紀初頭のミール・ワイス・ハーン・ホータキーの母として知られる。また、彼女自身がアフガニスタン史上に残る勇敢な女戦士として知られ、後に伝説化されて「アフガン国家の祖母」と呼ばれるようになった[2][3][4]ナーゾ・アナーنازو انا‎, Nāzo Anā, Nāzo Nyā)とも呼ばれる。アナーは「祖母」の意味。

生涯[編集]

ナーゾ・トキーは1651年ごろ、現在のアフガニスタンカンダハール州にあるSpozhmayiz Gul村で、有力で裕福なパシュトゥーン人の家に生まれた。彼女はカンダハールの有力な一族で生まれ育った[5]。父のスルターン・マリクヒールは、ガズニー地方を支配していたトーヒー部族の族長である[1][6]。ナーゾはホータク部族の族長、カラム・ハーンの息子、サリム・ハーンと結婚した。18世紀初頭にサファヴィー朝支配に対して反乱を起こし、カンダハール王国を建てて独立したミール・ワイス・ハーン・ホータキーはこの夫婦の息子である。

夫、マリクヒールがナーゾの養育に心を砕いたことで、ナーゾは教養があり礼儀正しく親切な詩人に育った。彼女の詩は現在でも重んじられている。

しかし、彼女が伝説的な権威を得たのは、詩と共にパシュトゥーンワーリー(パシュトゥーン人の掟)を維持した功績のためでもある ナーゾはパシュトゥーンワーリーをパシュトゥーン人諸部族を結びつける法と位置づけ、ギルザイとサドザイの両勢力の紛争を調停した。これによりパシュトゥーン人の対サファヴィー朝同盟はより強固なものとなった。

マリクヒールがスール山付近の戦闘で戦死すると、ナーゾの兄弟は復讐に向かった。家の留守と要塞を任されたナーゾは、みずから剣をふるい要塞を守りきった[7]

息子のミール・ワイスの死から2年後の1717年にナーゾは死去した。

後世への影響[編集]

ナーゾ・アナーはアフガン人の間で英雄として尊敬されている。アフガニスタンには、彼女の名を冠した学校がいくつか存在している[8][9][10][11]

出典[編集]

  1. ^ a b Anjuman-i Tārīkh-i Afghānistān (1967). Afghanistan, Volumes 20-22. Historical Society of Afghanistan. ISBN 0-7787-9335-4. https://books.google.com/books?id=zhrjAAAAMAAJ 2018年8月14日閲覧。.  p.53 (Mrs. Nazo Tokhi の項)
  2. ^ Tribal Law of Pashtunwali and Women’s Legislative Authority”. Harvard University (2003年). 2010年9月30日閲覧。
  3. ^ Hōtak, Muḥammad; ʻAbd al-Ḥayy Ḥabībī; Khushal Habibi (1997). Pat̲a k̲h̲azana. United States: University Press of America. p. 30. ISBN 9780761802655. https://books.google.com/books?id=QsP9T48RnUEC&source=gbs_navlinks_s 2010年9月27日閲覧。. 
  4. ^ Children of Afghanistan: The Path to Peace. Jennifer Heath, Ashraf Zahedi. University of Texas Press. (2014). ISBN 9780292759336. https://books.google.com/books?id=eZ50BQAAQBAJ&pg=PAPA49.  p.49 (Note)
  5. ^ Mirwais Neeka”. www.beepworld.de. 2018年1月11日閲覧。
  6. ^ The Kingdom of Afghanistan: A Historical Sketch. BiblioBazaar, LLC. (2009). p. 36. ISBN 9781115584029. https://books.google.com/books?id=fhF-BvWVmYIC&lpg=PP1&pg=PA36#v=onepage&q&f=false 2010年8月22日閲覧。. 
  7. ^ The Hidden Treasure: A Biography of Pas̲htoon Poets By Muḥammad Hotak, ʻAbd al-Ḥayy Ḥabībī, p.135
  8. ^ Nazo Ana Primary School in Afghanistan”. 2010年9月30日閲覧。
  9. ^ Nazo Ana High School for girls in Kandahar, Afghanistan”. 2018年1月11日閲覧。
  10. ^ Blog – afghanistanwomencouncil.org”. www.afghanistanwomencouncil.org. 2018年1月11日閲覧。
  11. ^ http://www.pajhwok.com/viewstory.asp?lng=eng&id=72917