ニゲロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ニゲロース[1]
識別情報
CAS登録番号 497-48-3
PubChem 439512
MeSH Nigerose
特性
化学式 C12H22O11
モル質量 342.29648
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ニゲロース (nigerose) は、グルコース2分子が α1-3結合で結合した、二糖の一種である。コウジカビ (Aspergillus niger) が生産する多糖のニゲランは、ニゲロースがポリマーになったものである。またニゲロースという名前は、コウジカビの種名の niger から名づけられた。の中から発見されたため、サケビオース (sakebiose) とも呼ばれる。蜂蜜みりんにも含まれる。また、日本語から名前がついた二糖には、ほかに麹から発見されたコージビオースがある。食品に添加することで、味質改善、煮崩れ防止、色素退色抑制などの効果が期待できる。

脚注[編集]

  1. ^ Nigerose - Compound Summary, PubChem.