ニコニコ大会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニコニコ大会議
イベントの種類 会議
通称・略称 大会議
正式名称 ニコニコ大会議
開催時期 不定期開催
初回開催 2008年7月4日
主催 ニコニコ動画・株式会社ドワンゴ・株式会社ニワンゴ
運営 ⓒniwango,inc. All Rights Reserved.
公式サイト

ニコニコ大会議(ニコニコだいかいぎ)とは、株式会社ドワンゴが主催していたニコニコ動画についての会議イベントの一つ。[1]2012年以降は、ニコニコ超会議やニコニコ超パーティーにその役割を譲っている。[2]

概要[編集]

ニコニコ動画関連新機能等の発表会を含めたニコニコユーザー向け総合イベントである。開始当初は完全無料で会場(抽選あり)・生放送ともに観覧可能だったが、2010夏の大会議からはすべて有料イベントとなっている。

日本に於けるサブカルチャー発祥の巨大イベント「ニコニコ超会議」の源流となっている。

イベントの歴史[編集]

  • 2008年7月4日:「ニコニコ大会議2008〜日本の夏、ニコニコの夏〜」
    ニコニコ動画が初めて行ったイベント。当時は新機能発表とプレスからの質疑応答という流れ。
  • 2008年12月4日:「ニコニコ大会議2008冬 〜ザ・デイ・ビフォー・明後日〜」
    新機能発表に加え、歌い手のパフォーマンスが入る。
  • 2009年11月〜2010年2月:「ニコニコ大会議2009-2010 ニコニコ動画(9)全国ツアー」
    全国8都市のライブハウスを巡るライブイベント。この時から「新機能発表」+「歌い手によるライブ」という形になる。
  • 2010年2月19日20日:「ニコニコ大会議ツアーファイナル2Days」
    上記ツアーのファイナルという形でJCBホールで2日間講演を行った。既に「大会議」という名のライブイベントへと変貌を遂げている。
  • 2010年8月26日:「ニコニコ大会議2010夏〜笑顔のチカラ〜」
    この大会議から有料イベントへの変更がなされた。
  • 2010年10月28日:「ニコニコ大会議2010秋〜それはロックか?〜」
    この大会議からはオールスタンディング形式かつCG演出が入る。
  • 2010年12月〜2011年1月:「ニコニコ大会議2010-2011全国ツアー 〜ありがとう100万人〜」
    昨年のツアーした場所に加え、新たに高崎を加え全国9都市を1ヵ月半で駆け抜けた。
  • 2011年2月4日5日:「ニコニコ大会議2010-2011全国ツアー 〜ありがとう100万人〜 FINAL(凸)・(凹)」
    この大会議ではパフォーマー、踊り手、生放送主(生主)といった幅広い著名なユーザーが参加した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]