ニコニコ実況

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニコニコ実況とは、ニコニコ動画のサービスの一つであり、テレビやラジオを使いながら、リアルタイムでコメントを共有できるサービス。

2009年11月28日に正式版が公開され[1]現在、関東地方民放のキー局5局と、関東地方の独立局4局(TOKYO MXテレ玉tvkチバテレビ)と、ラジオ局37チャンネル(首都圏と一部の地方局)と、全国で視聴可能なBSデジタル放送の13チャンネルが提供されているが、全国のローカル局[2]CSデジタル放送用のチャンネルが提供されていない。

Windowsのみ、ニコニコ実況のアプリが存在する。

仕様[編集]

  • 毎朝4時(JST)に全番組の実況が中断され、コメント数がリセットされる。
  • 毎週木曜午前7時頃に184のIDが変更される。
  • 他サービスと同じく運営側が独自にNGワードが設定されており、NGワードを書き込むと表示されない(NGワードは公開されていないが、差別用語、その他放送禁止用語が書き込めないよう設定されている)。
  • 運営の設定するNGワードとは別に、各会員で独自にNGワードも設定できる(無料の一般会員は40語までで、有料のプレミアム会員だと100語まで設定できる)
  • 1分あたりに書き込まれたコメント数(分毎)に応じ、「多」「激多」「祭」が表示される。
    • 100コメントから199コメント「多」
    • 200コメントから999コメント「激多」
    • 1000コメント以上「祭」

商品[編集]

2010年秋に株式会社エンティスからテレビに繋ぐと画面上にコメントを流すことができるデジタルテロッパ(EN-NL1068)が発売された[3]

2011年12月にアイ・オー・データ機器からニコニコ実況に対応した地デジキャプチャーテレキング(GV-TV100) が発売された[4]

2013年12月にPlayStation 3専用「torne」がニコニコ実況に対応[5]

チャンネル一覧[編集]

テレビ (地上波)[編集]

あくまで「首都圏の局」を基準にしているため、他のローカル局では異なる番組も放送される場合もある。

ラジオ[編集]

BS[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ニコニコ実況 正式サービス開始”. ニコニコ実況 お知らせ. 2019年5月3日閲覧。
  2. ^ キー局との同時ネットに限り、各局のチャンネルで代用できる。
  3. ^ エンティス、ニコニコ実況のコメントをTV表示するアダプタ”. AV Watch. 株式会社インプレス (2010年8月27日). 2019年5月3日閲覧。
  4. ^ ニコニコ実況機能を搭載した地デジチューナー「テレキング(GV-TV100)」”. GIGAZINE. 2019年5月3日閲覧。
  5. ^ PS3®専用「torne」でニコニコ実況対応が始まりました‐ニコニコインフォ”. blog.nicovideo.jp. 2019年5月3日閲覧。