ニコニ広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニコニ広告(ニコニこうこく)とは、ニコニコポイントやクーポン、チケットを使い自分や他者のニコニコ動画ニコニコ生放送の広告ができるniconico内のサービスの一つである。

概要 [編集]

ニコニ広告は、100ポイント単位で広告することが出来る。また、配布されるポイントチケットクーポンを利用することもできる。2018年8月からは、ギフト機能も追加され、2019年4月11日からはユーザー生放送でギフトを送れるようになった。ニコニ広告すると、ランキングポイントが与えられる。広告期間は、動画は1週間、生放送は30分である。広告は、金額により動画サムネイル枠の枠に広告期間中の広告がある場合は銀色、広告ポイントが50000ポイント以上の場合は金色となる。2017年12月12日からは貢献度機能が開始。2018年6月5日に生放送の広告ポイントが放送者のクリエイター奨励スコアになる。また、動画、生放送で毎日1回無料でチケットやクーポンの福引を回すことが出来るようになる[1]。貢献度機能に応じて1か月単位でそれぞれD・C・B・A・S・SSの広告主ランクが与えられる(S級とSS級はそれに応じたバッジを取得することが出来る[2]。)[3][4]

歴史 [編集]

2009年 [編集]

  • 3月10日 - サービス開始。
  • 7月6日 - チャンネル動画の宣伝を開始。
  • 7月23日 - 100ポイント消費で宣伝名を自由に変えられるように(2017年12月に無料化。)

2010年 [編集]

  • 1月10日 - 大幅リニューアル。
  • 9月30日 - 生放送の広告が可能に。

2011年 [編集]

  • 2月24日 - ユーザー生放送の一覧ページ右下に、生放送広告のランキングが表示されるようになる。
  • 3月3日 - 500ポイントの宣伝によって背景を自由に変えられるように。

2014年 [編集]

  • 7月1日 - 広告チケットを導入。

2015年 [編集]

  • 10月29日 - ニコニコ割引チケットからニコニコ割引クーポンに変更を変更。
  • 11月26日 - 生放送のニコニ広告表示がプレーヤー下部に移動。

2017年 [編集]

  • 12月12日 - ニコニ広告(動画)のリニューアル。1日1回無料福引サービスや貢献度などが追加[5]

2018年 [編集]

  • 6月5日 - ニコニコ生放送の広告ページがリニューアル[6]

脚注 [編集]

  1. ^ ニコニコ生放送の「ニコニ広告」がリニューアル クリエイター奨励プログラムに対応し、より充実した放送者支援が可能に 、dwango.2019年4月21日閲覧。
  2. ^ バッジ(niconico)、ニコニコ大百科.2019年4月21日閲覧
  3. ^ ニコニ広告、ニコニコ大百科.2019年4月21日閲覧。
  4. ^ ニコニ広告とは、ニコニコヘルプ.2019年4月21日閲覧。
  5. ^ 12/12、ニコニ広告がリニューアルしました!、ニコニコインフォ.2019年4月21日閲覧。
  6. ^ 生放送のニコニ広告がリニューアル!より充実した放送者支援が可能に、ニコニコインフォ.2019年4月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク [編集]