ニコライ・アレクセーエヴィチ・オルロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニコライ・アレクセーエヴィチ・オルロフ公、1869年/1870年。

ニコライ・アレクセーエヴィチ・オルロフ公(ロシア語: Николай Алексеевич Орлов1827年4月27日 - 1885年3月17日グレゴリオ暦))は、ロシア帝国の外交官、作家。オルロフ家出身。

生涯[編集]

アレクセイ・フョードロヴィチ・オルロフ公爵の1人息子として生まれた[1]。最初は軍人としての道を歩もうとしたが、クリミア戦争で重傷を負い、その後は外交官に転身した[1]。彼は外国駐在ロシア大使としてブリュッセル英語版(1859年7月3日 - 1869年12月13日)、オーストリア=ハンガリー帝国英語版(1869年12月13日 - 1870年5月2日[2])、パリ英語版(1870年 - 1882年[3])、ベルリンドイツ語版(1882年 - 1885年)に駐在した[1]。政治では改革を支持、1881年にオルロフの体刑に関する記事が『ルースカヤ・スタリナ英語版』に出た結果、体刑が廃止された[1]。また正教会忌避者への寛容も支持した[1]。ほかにもオルロフの著作『1806年の三週間戦役の概要』が1856年にサンクトペテルブルクで出版された[1]

家族[編集]

1858年にエカチェリーナ・ニコラエヴナ・トルベツカヤロシア語版と結婚、2男をもうけた。

  • アレクセイ・ニコラエヴィチ・オルロフロシア語版(1867年 - 1916年)
  • ウラジーミル・ニコラエヴィチ・オルロフ英語版(1868年 - 1927年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Wikisource-logo.svg Bain, Robert Nisbet (1911). "Orlov s. v. Prince Nikolai Aleksyeevich Orlov". In Chisholm, Hugh. Encyclopædia Britannica (英語). 20 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 293. 
  2. ^ Послы России в Австрии” (ロシア語). Embassy of Russia in Vienna. 2009年3月22日閲覧。
  3. ^ Главы Российских Дипломатических Представительств В Бельгии” (ロシア語). Embassy of Russia in Brussels. 2008年7月20日閲覧。