ニコライ・スリュニコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニコライ・スリュニコフ
Мікалай Мікітавіч Сьлюнькоў
Николай Никитович Слюньков
生年月日 (1929-04-26) 1929年4月26日(89歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
白ロシア・ソビエト社会主義共和国の国旗 白ロシア社会主義ソビエト共和国、ボブルイスク管区ロガチョフ郡
前職 白ロシア共和国党第一書記、ソ連共産党中央委書記、政治局員候補
所属政党 ソ連共産党
称号 レーニン勲章社会主義労働英雄(1974年)[1]
配偶者 リディア・パヴロヴナ・スリュニコワ
テンプレートを表示

ニコライ・ニキトヴィチ・スリュニコフロシア語: Николай Никитович Слюньков、ラテン文字転写の例:Nikolai Nikitivich Slyunkovcベラルーシ語: Мікалай Мікітавіч Сьлюнькоў1929年4月26日 - )は、ソビエト連邦政治家1983年から1987年まで白ロシア・ソビエト社会主義共和国(白ロシア共和国)共産党第一書記ソ連共産党政治局員候補、書記白ロシア人

来歴・人物[編集]

白ロシア共和国の農民の家庭に生まれる。1950年ミンスク自動車技術学校を卒業し、1954年から1962年まで、白ロシア農業機械化大学に学ぶ。1954年にはソ連共産党に入党している[2]

1960年から1965年まで、ミンスクトラクター工場支部支配人。1965年から1972年まで、ミンスクトラクター工場支配人、ミンスクトラクター製造協会総支配人。1972年ミンスク市共産党委員会第一書記。レオニード・ブレジネフ時代の1974年ソ連国家計画委員会(ゴスプラン)副議長。1983年白ロシア共産党第一書記。

ミハイル・ゴルバチョフソ連共産党書記長に就任すると、1986年党中央委員を経て、政治局員候補に選出された。1987年から1990年までソ連共産党中央委書記を務め、この間、1987年から1988年まで、党中央委経済部長。1988年から1990年まで党中央委社会・経済政策委員会議長を務めた。第7期、10期、11期ソ連最高会議代議員やソ連人民代議員にも選出された[3][4][5]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.hrono.info/biograf/bio_s/slyunkov_nn.html
  2. ^ http://www.hrono.info/biograf/bio_s/slyunkov_nn.html
  3. ^ http://www.hrono.info/biograf/bio_s/slyunkov_nn.html
  4. ^ http://www.pseudology.org/people/Slunkov_NN.htm
  5. ^ http://www.biografija.ru/biography/sljunkov-nikolaj-nikitovich.htm
先代:
チホン・キセリョフ
白ロシア・ソビエト社会主義共和国第一書記
1983年 - 1987年
次代:
エフィム・ソコロフ