ニコライ・ペトロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニコライ・アルノリドヴィチ・ペトロフ
生誕 (1943-04-14) 1943年4月14日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
死没 (2011-08-03) 2011年8月3日(68歳没)
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ニコライ・アルノリドヴィチ・ペトロフロシア語: Николай Арнольдович Петров、ラテン文字転写例:Nikolai Arnol'dovich Petrov1943年4月14日モスクワ - 2011年8月3日)は、ロシアピアニスト[1]

略歴[編集]

1943年、旧ソ連のモスクワで音楽家と舞踏家の名門の家庭に生まれる[2][3]。1949から1961年までモスクワ音楽院付属中央音楽学校で学び、1961年から1966年までモスクワ音楽院、1966年から1968年まで同音楽院研究科で学んだ。音楽院ではヤコフ・ザークに師事。在学中の1962年には、 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールに参加し第2位、1964年にはエリザベート王妃国際音楽コンクールに参加して第2位受賞。これらコンクールに参加してソビエト国外にデビューした後、幅広く国際的に活動を展開した。1966年のチャイコフスキー国際コンクールにも参加していたものの、手の故障のために本選会を棄権した。そのときの第1位は当時16歳のグリゴリー・ソコロフであった。

国内オーケストラのソリストとしての活動は、1965年からモスクワ国立アカデミー交響楽団(Московская государственная академическая филармония)のソリストを務めていた。

ロシア音楽を得意とし、世界初録音のプロコフィエフ・ピアノソナタ全集を含む広いレパートリーを持つ。日本でも評価されるのが早く、桐朋学園などでマスタークラスを開講したことがあるほか、来日時の演奏も遺された。国際コンクールの審査も厳しく、チャイコフスキーコンクールの本選会で「第一位ばかりが能じゃない」とアレクサンダー・ルビャンツェフを高く評価した(この時の彼の順位は三位)。

2011年5月に演奏旅行で訪問していたベラルーシ脳卒中で倒れ、その後搬送されたモスクワの病院で同年8月3日に死去。68歳であった[3]

音楽・録音について[編集]

マイナーなレパートリーにも積極的に取り組み、当時まだ無名の存在だったニコライ・カプースチンのソナタ第二番を初レコーディングした。

リストのパガニーニ練習曲の初版はリストの最難曲といわれているが、これも出版されたばかりの当時の楽譜を直読みして演奏に臨んだCDが、記念碑的な演奏となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ В Москве на 69-м году жизни скончался известный пианист Николай Петров”. www.classicalmusicnews.ru. 2019年3月21日閲覧。
  2. ^ 吉澤ヴィルヘルム『ピアニストガイド』青弓社、印刷所・製本所厚徳所、2006年2月10日、126ページ、ISBN 4-7872-7208-X
  3. ^ a b “訃報:ニコライ・ペトロフさん 68歳=ロシアのピアニスト - 毎日jp(毎日新聞)”. 毎日新聞. (2011年8月4日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110804dde041060099000c.html 2011年8月4日閲覧。