ニコラエ・ディカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニコラエ・ディカ Football pictogram.svg
Nicolae Dică.jpg
CFRクルジュでのディカ
名前
本名 ニコラエ・マリウス・ディカ
Nicolae Marius Dică
愛称 RonalDică[1]
ラテン文字 Nicolae Dică
基本情報
国籍  ルーマニア
生年月日 (1980-05-09) 1980年5月9日(38歳)
出身地 ピテシュティ
身長 181cm
体重 73kg
選手情報
ポジション OH / FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2000 ルーマニアの旗 ダチア・ピテシュティ 50 (19)
2000-2004 ルーマニアの旗 アルジェシュ・ピテシュティ 88 (34)
2004-2008 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト 125 (54)
2008-2010 イタリアの旗 カターニア 3 (0)
2009-2010 ギリシャの旗 イラクリス・テッサロニキ (loan) 13 (3)
2010 ルーマニアの旗 CFRクルジュ (loan) 13 (0)
2010 トルコの旗 マニサスポル (loan) 5 (0)
2011 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト 11 (4)
2011 ルーマニアの旗 ダチア・ミオヴェニ 15 (1)
2012-2014 ルーマニアの旗 ヴィトルル・コンスタンツァ 69 (19)
通算 392 (134)
代表歴
2003-2010 ルーマニアの旗 ルーマニア 32 (9)
監督歴
2014-2015 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト (アシスタント)
2015-2017 ルーマニアの旗 アルジェシュ・ピテシュティ
2017-2018 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコラエ・マリウス・ディカNicolae Marius Dică, 1980年5月9日 - )は、ルーマニアピテシュティ出身の元サッカー選手、元ルーマニア代表である。現サッカー指導者。現役時代のポジションは攻撃的ミッドフィルダーセカンドトップ。ニコラエ・ディチャニコライ・ディツァとも表記される。2006年にルーマニア年間最優秀選手賞英語版を受賞するなど、ルーマニアを代表する選手の1人だった。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ルーマニアでの初期[編集]

ダチア・ピテシュティ

生まれ故郷ピテシュティを拠点とするディヴィジアB (2部) のダチア・ピテシュティから18歳の時にプロ生活を開始する。1季目は17試合5得点に終わったが、翌1999-2000シーズンには、ほぼ全試合に出場し、チーム最多の14得点でクラブを4位に導いた。ダチア・ピテシュティで50試合19得点を記録する活躍により、ディヴィジアA (1部) のFCアルジェシュ・ピテシュティと契約した。

アルジェシュ・ピテシュティ

CSガズ・メタン・メディアシュ戦 (2-1) で、加入後初にしてディヴィジアA初出場を飾る。アドリアン・ムトゥアドリアン・ネアガ英語版がそれぞれ名門のFCディナモ・ブカレストFCステアウア・ブカレストへ移籍後は主将を務めてチームを牽引し、89試合34試合を記録するプレーに国内の強豪の関心を集めた。

ステアウア・ブカレスト[編集]

2003年10月に移籍金25万ユーロで名門FCステアウア・ブカレストと冬からの加入で合意[2]し、ヴィクトル・ピツルカ監督の指導を受けることになる。途中加入した最初のシーズンは14試合9得点を記録し、ライバル関係にあるディナモ・ブカレストの後塵を拝し2位に終わったが、翌2003-04シーズンは、ファンとのいざこざから一時は退団を考えながらも11得点で優勝に貢献すると、次の2004-05シーズンは更に得点数を伸ばし、チーム最多にしてリーグ得点ランキング2位となる15得点で2連覇に大きく貢献した。

欧州カップ戦の方では、UEFAカップ2004-05において初出場を飾り、前回王者バレンシアCFを破りベスト16まで進出。翌2005-06シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06においてローゼンボリBKに敗れてグループリーグ進出ならずも、UEFAカップ2005-06にてRCランスSCヘーレンフェーンレアル・ベティスと次々と破り、宿敵FCラピド・ブカレストを下して準決勝に進出しており、ミドルズブラFCとの第1戦 (1-0) で決勝点を挙げた[3]。第2戦でも先制点を挙げ、ドリン・ゴヤンの追加点によって2-0としたが、最終的に2-4 (2試合合計3-4) で敗退した[4]UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07は、FCディナモ・キエフレアル・マドリードオリンピック・リヨンと同組になり厳しい戦いを強いられる中、6試合全てに出場したディカは、最初のFCディナモ・キエフ戦で2得点[5]を含む4得点1アシストを記録した。これらの活躍にアドリアン・ムトゥクリスティアン・キヴを抑えてルーマニア年間最優秀選手賞英語版を受賞[6][7]し、また、ルーマニアサッカー連盟と国内のスポーツプレス協会が選定するリーガ1年間最優秀選手賞をディナモ・ブカレストのクラウディウ・ニクレスクと共に受賞した[8][9]。しかし、この受賞から程なくして一変することになる。2007年1月23日にACシエナとの親善試合において、深刻な膝の負傷となった[10]ことでシーズン残りの大半を欠場し、自身の誕生日である5月9日のFCチェアラゥル・ピアトラ・ネアムツ戦まで離脱していた[11]

カターニア[編集]

2008年6月27日、過去に師事したワルター・ゼンガ監督率いるセリエAカルチョ・カターニアフアン・マヌエル・バルガスの後釜として移籍金250万ユーロの4年契約で合意する[12]。加入から半年で僅か93分の出場機会に制限されており、その為に1月の移籍市場で退団は確実かと思われていた。しかし、ゼンガ監督はディカを手元に置いておく考えから残留が決定、そして、その後の状況が改善することはなかった。

イラクリス・テッサロニキへの期限付き移籍

2009年5月4日、ステアウアで師事したオレグ・プロタソフ監督率いるギリシャ・スーパーリーグ (ギリシャ1部) のイラクリス・テッサロニキFCへ期限付き移籍に出される[13]。8月23日のパナシナイコスFC戦 (2-1) で初出場を飾ると共に2得点を挙げた[14]

CFRクルジュへの期限付き移籍

イラクリスで13試合3得点を記録した後、2010年1月にCFRクルジュへ2010年6月までの期限付き移籍に出される[15]。リーグ優勝を経験。リーグ戦で得点を生むことは出来なかったが、クパ・ロムニエイ準決勝第2戦のFCラピド・ブカレスト戦 (2-1) で初得点を挙げた。

マニサスポルへの期限付き移籍

2010年7月にマニサスポルへ2010-11シーズン終了までの期限付き移籍に出される[16]。しかし、出場機会を得るのに苦戦し、12月14日に契約解除となった[17]

ルーマニアに帰国[編集]

ステアウア・ブカレスト復帰

カターニアとの契約は残っていたが、2010年12月20日に契約解除で退団する[18]と、FCアストラと交渉していたが、24日に古巣ステアウアへの復帰が合意に達した[19]。冬の中断期間中に行われたFCシェリフ・ティラスポリとの親善試合において、ハットトリックを達成する[20]など好調さを見せた後、2月27日のFCウニヴェルシタテア・クラヨーヴァ戦 (1-0) で初出場を飾り、4月5日のFCウニレア・ウルジチェニ戦 (5-0) で初得点、5月1日のFCグロリア・プログレスル・ビストリツァ英語版戦 (3-1) で2得点を挙げた[21]。また、クパ・ロムニエイでは、5月11日のFCブラショフ戦で同点ゴールを挙げて決勝進出に貢献する[22]と、25日の宿敵ディナモ・ブカレストとの決勝戦ではフリーキックで先制点を挙げるなどでマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍でタイトル獲得に貢献した[23]。2010-11シーズン終了後に満了となる契約が延長されず、6月に退団となった[24]

ダチア・ミヴォニ

2011年6月23日にCSミオヴェニへ移籍[25]。2011-12シーズン開幕前に行われた親善試合のCSMリムニク・ヴィルチャ英語版戦 (2-0) において、ミヴォニでの初得点[26]、10月31日のCSコンコルディア・キアジナ戦においてペナルティーキックでリーグ戦初得点を挙げた[27][28]。2011年12月12日に契約解除することで口頭合意に達し[29]、2012年1月2日に正式に退団が決定した[28]

ヴィトルル・コンスタンツァ

2012年1月22日にリーガ2のFCヴィトルル・コンスタンツァと1年半契約を締結する[30]。2012-13シーズンに13試合6得点を記録し、チームのリーガ1昇格に貢献した。

現役引退後[編集]

2014-15シーズンに現役引退を表明し、2014年6月12日にコンスタンティン・ガルカ監督率いる古巣ステアウア・ブカレストのアシスタントにラウレンティウ・ロシュ英語版と共に就任する[31]。2015年5月25日、後任のミレル・ラドイ監督の下でも引き続きアシスタントを任された[32]。2017年5月15日、ステアウア・ブカレストの監督に就任した[33]

代表[編集]

ゲンチャで行われたナイジェリア戦でのディカ

2003年10月11日の日本との親善試合でルーマニア代表デビュー[34]し、以来、32試合に出場する中で2006年のキプロスとの親善試合で初得点を挙げ、2007年11月21日のアルバニア戦、2008年5月31日のモンテネグロ戦ではそれぞれ2得点した。2007年1月にクラブでの試合において負傷したことにより、一時期代表から遠ざかっていたが、UEFA EURO 2008のメンバーに選出された。しかし、グループリーグのフランス戦、イタリア戦、オランダ戦の3試合全てが途中出場であり、グループリーグ2分1敗でチームは敗退となった。

私生活[編集]

2003年11月に結婚[35]し、第1子に長男、第2子に長女を授かった[36]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

出典:[37][38][39]

クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ダチア・ピテシュティ 1998-99 リーガ2 17 5 - 17 5
1999-00 33 14 - 33 14
合計 50 19 - 50 19
アルジェシュ・ピテシュティ 2000-01 リーガ1 19 4 - 19 4
2001-02 27 11 - 27 11
2002-03 28 10 - 28 10
2003-04 14 9 - 14 9
合計 88 34 - 88 34
ステアウア・ブカレスト 2003-04 リーガ1 14 9 0 0 14 9
2004-05 29 11 11 2 40 13
2005-06 29 15 15 6 44 21
2006-07 23 10 10 5 33 15
2007-08 30 9 10 1 40 10
合計 125 54 46 14 171 68
カターニア 2008-09 セリエA 3 0 3 1 - 6 1
合計 3 0 3 1 - 6 1
イラクリス (loan) 2008-09 ギリシャ・スーパーリーグ 0 0 0 0 - 0 0
2009-10 13 3 0 0 - 13 3
合計 13 3 0 0 - 13 3
CFRクルジュ (loan) 2009-10 リーガ1 13 0 3 0 0 0 16 0
合計 13 0 3 0 0 0 16 0
マニサスポル (loan) 2010-11 スュペル・リグ 5 0 2 0 - 7 0
合計 5 0 2 0 - 7 0
ステアウア・ブカレスト 2010-11 リーガ1 11 4 2 2 0 0 13 6
合計 11 4 2 2 - 13 6
ダチア・ミオヴェニ 2011-12 リーガ1 15 1 0 0 - 15 1
合計 15 1 0 0 - 15 1
ヴィトルル・コンスタンツァ 2011-12 リーガ2 13 6 0 0 - 13 6
2012-13 リーガ1 26 10 0 0 - 26 10
2013-13 30 3 1 0 - 31 3
合計 69 19 1 0 - 70 19
キャリア通算成績 392 134 11 3 46 14 449 151

代表での成績[編集]

出典:[40]

ルーマニア代表
出場 得点
2003 2 0
2004 7 0
2005 3 0
2006 5 2
2007 5 4
2008 8 3
2010 2 0
Total 32 9

代表での得点[編集]

出典:[40]

監督成績[編集]

2018年12月23日現在
クラブ 就任 退任 記録
勝率
ステアウア・ブカレスト 2015年12月1日 2015年12月3日 1 0 1 0 000.00
アルジェシュ・ピテシュティ 2015年12月29日 2017年5月31日 44 36 6 2 081.82
ステアウア・ブカレスト 2017年7月1日 2018年12月23日 80 46 18 16 057.50
合計 125 82 25 18 65.60

獲得タイトル[編集]

クラブ

FCステアウア・ブカレスト

CFRクルジュ

個人
  • ルーマニア年間最優秀選手賞英語版 : 2006

脚注[編集]

  1. ^ "Mihai Stoica: Nicolae Dica este jucatorul anului 2006"
  2. ^ "Nicolae Dica a semnat pentru Steaua"
  3. ^ "Dica strike sets Steaua on course"
  4. ^ "Fairytale finish for Middlesbrough"
  5. ^ "Stylish Steaua sweep past Dynamo"
  6. ^ "Mutu sau Fl. Costea?!"
  7. ^ "NICOLAE DICĂ este jucătorul anului 2006 în Ancheta Gazetei"
  8. ^ "Mutu, jucătorul anului 2006, Dica si Niculescu – cei mai buni din Liga 1"
  9. ^ "Adrian Mutu, ales fotbalistul anului in Romania"
  10. ^ "Dică riscă să piardă tot sezonul" Archived 2011年5月22日, at the Wayback Machine.
  11. ^ "Nicolae Dică a revenit pe teren în meciul cu Ceahlăul"
  12. ^ "Official: Catania Sign Dica"
  13. ^ "Dică a ajuns la Iraklis Salonic"
  14. ^ "Super golurile lui Dica l-au demis pe Ilie Dumitrescu de la Panthrakikos!"
  15. ^ "Liga 1/ Nicolae Dica va juca la CFR Cluj"
  16. ^ "OFICIAL! Nicolae Dica a semnat cu Manisaspor!"
  17. ^ "Nicolae Dică şi-a reziliat contractul cu turcii de la Manisaspor: "Avem jucători mai buni ca el""
  18. ^ "EXCLUSIV Nicolae Dică şi-a reziliat contractul cu Catania! Este cu un picior în curtea Astrei"
  19. ^ "Dică s-a întors acasă! Vezi toate detaliile transferului"
  20. ^ "Amical Steaua - Sheriff Tiraspol 4-1/ Hat-trick pentru Dica"
  21. ^ "RiDică! Steaua - Gloria Bistriţa 3-1"
  22. ^ "Steaua e in FINALA CUPEI! Dica a salvat-o intr-un meci DRAMATIC: Brasov 1-1 Steaua! VIDEO REZUMAT"
  23. ^ "Steaua lui Oli e numai una: a câştigat Cupa României! Dinamo - Steaua 1-2! Aşa am trăit finala LIVE BLOG pe www.prosport.ro"
  24. ^ "Dica UMILIT de Steaua! Nu a primit nici macar un telefon care sa-l anunte ca a fost dat afara! De ce a fost dezamagit de MM:"
  25. ^ "Neaga, Dică şi Tănasă au semnat cu CS Mioveni!"
  26. ^ "Steaua l-a dat afară, dar n-a uitat cum se dau goluri. Dică a înscris la debut pentru CS Mioveni"
  27. ^ "Chiajna - Mioveni 3-1! 3 penalty-uri în derby-ul codaşelor"
  28. ^ a b "Dica şi Neaga au fost daţi afară de la Mioveni după ce au refacut vestiarele cu banii lor"
  29. ^ "Conducerea CS Mioveni vrea sa rezilieze contractele cu Dica, Neaga, Tanasa, Dina şi Margaritescu"
  30. ^ "Hagi l-a transferat pe Dică la Viitorul Constanţa"
  31. ^ "Nicolae Dică și-a agătat ghete-n cui și vine ”secund” la Steaua!"
  32. ^ "Încă o "repatriere" la Steaua: vine şi Daniel Opriţa. Cum va arăta staff-ul lui Mirel Rădoi"
  33. ^ Nicolae Dică este noul antrenor al FCSB” (ルーマニア語). Digi Sport (2017年5月15日). 2017年11月28日閲覧。
  34. ^ "FOTBAL - Romania - Japonia" topsport
  35. ^ "Nicolae Dică, la un pas de divorţ"
  36. ^ "Dică îşi botează astăzi fetiţa"
  37. ^ Nicolae Dică”. national-football-teams. 2015年5月30日閲覧。
  38. ^ Nicolae Dica”. footballdatabase. 2015年5月30日閲覧。
  39. ^ N. DICĂ”. soccerway. 2015年5月30日閲覧。
  40. ^ a b Nicolae Dică”. eu-football. 2015年5月30日閲覧。
先代:
アドリアン・ムトゥ
ルーマニア年間最優秀選手賞
2006
次代:
アドリアン・ムトゥ