ニコラエ・ミテア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ニコラエ・ミテア Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Nicolae Mitea
基本情報
国籍  ルーマニア
生年月日 (1985-03-24) 1985年3月24日(36歳)
出身地 ブカレスト
身長 168cm
体重 61kg
選手情報
ポジション WG
利き足 左足
ユース
1994-1997 ルーマニアの旗 FRBティタン・ブカレスト
1997-1998 ルーマニアの旗 ジュヴェントゥス・ブカレスト
1998-2001 ルーマニアの旗 ディナモ・ブカレスト
2001-2002 ルーマニアの旗 ラピド・ブカレスト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2003 ルーマニアの旗 ディナモ・ブカレスト 9 (0)
2003-2008 オランダの旗 アヤックス 53 (11)
2008-2009 ルーマニアの旗 ディナモ・ブカレスト 12 (0)
2010 ギリシャの旗 イオニコス 0 (0)
2011-2012 ルーマニアの旗 ペトロルル・プロイェシュティ 2 (1)
2013-2014 ルーマニアの旗 コンコルディア・キアジナ 0 (0)
代表歴2
2003-2006 ルーマニアの旗 ルーマニア U-21
2003-2005 ルーマニアの旗 ルーマニア 8 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年10月6日現在。
2. 2005年6月8日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコラエ・ミテアNicolae Mitea, 1985年3月24日 - )は、ルーマニアブカレスト出身のサッカー選手、元ルーマニア代表。ポジションはウイング

経歴[編集]

クラブ[編集]

ディヴィジアAFCディナモ・ブカレストでキャリアを開始する。2002年11月24日のFCブラショフ戦 (1-0)において、17歳でプロデビューを飾り、以来、デビューシーズンは9試合に出場し、クパ・ロムニエイのタイトルを獲得した。

アヤックス[編集]

2008年7月にアヤックス・アムステルダム (オランダ1部)のトライアルを受けにオランダへと渡り、親善試合で5試合1得点を記録する[1]と、ユースチームの方にも参加し、ADO'20戦で1試合1得点を挙げるなどのプレーを見せてロナルド・クーマン監督に称賛され[2]、8月1日にアヤックスと2年+2年延長オプションで契約した[1]サンデル・ボスフケルヴェスレイ・ソンクジュリアン・エスキュデズデニェク・グリゲラに続く5人目の新戦力となった。

2003年9月13日に本拠地でのRKCヴァールヴァイク戦 (4-1)で77分にトム・スタールス英語版との交代で初出場を飾り[3][4]、1ヶ月後の10月5日に行われた敵地FCフローニンゲン戦 (3-1)において、再びスタールスとの交代で出場し、89分に初得点を挙げた[5]。10月22日にUEFAチャンピオンズリーグ 2003-04セルタ・デ・ビーゴ戦 (1-0)において、主将のラファエル・ファン・デル・ファールトが負傷したことにより、前半で途中出場し、UEFAチャンピオンズリーグ初出場を飾った[6]。シーズンが進むに連れて、ヴィクトル・シコラ、スタールスとの左ウイングの定位置争いを制したミテアは、2004年2月のPSVアイントホーフェン戦 (2-1)において、左サイドから突破してシュートを放つと、相手GKロナルト・ヴァーテリュースに一旦は防がれるも、同選手が掴み損ねたボールに詰め寄って決勝点を挙げる[7]等の活躍を見せ、右サイドに適任者が現れないチーム事情からクーマン監督に右のミテアを欲しいと言わしめた[8]。4月13日にオプションが行使され、契約を2007年1年まで延長した[3]。18歳ながら、デビューシーズンの2003-04シーズンに23試合7得点を記録[3]し、リーグ優勝に貢献した結果、2000年に同郷のクリスティアン・キブも獲得したチームの最優秀新人に贈られるマルコ・ファン・バステン賞をシーズン終了後の5月9日に受賞し、ルート・クロルアシスタントコーチとルイ・ファン・ハールテクニカル・ディレクターから称賛の言葉を貰った[9]。しかし、授与から数日後に鼠径部の手術を受けたように不安を抱えており[10]ルーマニア代表デビューを飾った2003-04シーズンとは打って変わり、翌2004-05シーズンは21試合2得点と停滞し、2005-06シーズンは更なる困難が待ち受けていた。

2005-06シーズン開幕前の2005年7月31日にアムステルダム・トーナメントでのボカ・ジュニアーズ戦で内側靭帯を損傷すると、復帰に1ヶ月程度と見込まれていた[11]が、状態は芳しくなく、8月18日に手術の為に半年から9ヶ月の長期離脱が発表された[12]。その苦しい状況下にありながらも、クラブから将来性を高く評価され、2006年1月24日に契約を2009年までの2年延長している[13]。最終的に同シーズンは、2006年4月9日のAZアルクマール戦において、マウロ・ロサレスと交代で試合終了間際の90分に初出場を飾り[14]UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07出場権を懸けた4月23日のフェイエノールトとのプレーオフ (4-2)で初得点を挙げた[15]

2006-07シーズンもハムストリングの負傷に悩まされたことで、アヤックスのリザーブチームであるヨング・アヤックスにおいて、2006年10月30日のヨング・トゥエンテ戦 (4-4)まで出場出来ず[16]、また、ライアン・バベルの台頭から復帰後も出場機会は制限され、8試合2得点にとどまっていた。そのバベルが翌2007-08シーズンに移籍したが、自身の軽傷に加え、ヘンク・テン・カテ監督が左サイドにルイス・スアレスアルベルト・ルケを充てたように構想外となり、アドリー・コスター暫定監督就任以降も状況は変化せず、それどころか左サイドバックや中盤でプレーしていたウルビー・エマヌエルソンまでもが左サイドで起用されていた。2007-08シーズンを未出場で終えた後、マルコ・ファン・バステン新監督は構想外であると語った[17]ことで、自身も退団の意思を表明し、許可される[18]。そのミテアに対し、同郷のミルチェア・ルチェスク監督率いるシャフタール・ドネツク[19]、アヤックスがシャビ・プリエト獲得の一環としてレアル・ソシエダへの移籍の可能性があった[20]が、どれも実現せず、また、同郷のシュテファン・ラドゥが在籍するSSラツィオとの交渉は年俸の問題で破談した[21]。2008年8月31日にクラブとの契約を解除し、自由契約選手となった[22]

ディナモ・ブカレスト復帰[編集]

2008年9月1日にマリウス・ニクラエガブリエル・タマシュに続く3人目の新戦力として、古巣のFCディナモ・ブカレストと4年契約の年俸25万ユーロで復帰する[23]。首位を走るチームの中にあって、約2年プレーから遠ざかっていた影響は大きく、右サイドのガブリエル・トルジェ、トップ下のアンドレイ・クリステア、本職の左サイドでは、年齢による衰えが見えるガブリエル・ボシュティナ英語版からも定位置を奪えず、無得点どころか、遂にはリザーブチーム送りとなっており[24]、その為、冬の移籍市場での放出候補に挙げられた[25]。しかし、冬季キャンプの親善試合で得点を量産したことで残留を勝ち取り[26]、チームのミルチェア・レドニク監督からは、現状維持が出来れば、代表への復帰の扉が開かれるだろうと期待を寄せられ[27]、自身もガゼタ・スポルトゥリロル紙でのインタビューに対し、同僚のボグダン・ロボンツとタマシュが招集されたことを称賛しつつ、度重なる負傷で代表から遠ざかったことへの悔しさを覗かせ、再招集されることを願った[28]。だが、後半戦で2度の負傷離脱をした[29][30]影響から定位置を奪取出来ず、また、リーグ優勝を逃したことでUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10出場権獲得に失敗したこと、更に年俸25万ユーロと伝えられていた[23]が、実際にはリーグトップクラスの40万ユーロを受け取っていたことがチームの負担となりったこと等が重なり、放出リストに掲載された[31][32]。なお、クラブから4ヶ月給料が支払われていなかった[33]

その後、クラブとの話し合いの際に給料半額を提示されたが、これを拒否して契約解除を求めたミテアに対し、クラブ側から「ニッキー、君の1分あたりの給料はレアル・マドリードで1300万ユーロを受け取っているクリスティアーノ・ロナウド以上だということを忘れないでくれ」と痛烈に批判され[34]、退団となった。2度目のディナモ・ブカレストでは12試合 (先発1試合)0得点、出場時間244分に終わった[35]

無所属[編集]

2009年8月4日に自由契約選手となる[36]。自分を雇えることが出来るのは、FCラピド・ブカレストFCステアウア・ブカレストだけであり、しかし、同じ首都ブカレストに居を構えるライバルへの移籍は考えられない為、リーガ1でプレーすることはないだろうと語った[37]が、その強気な発言とプライドが仇となり、なかなかチームが決定せず、結局無所属のまま、2009-10シーズンに突入した。

年を跨いだ2010年1月19日にブルガリアプロサッカーリーグ (ブルガリア1部)で最多優勝を誇る名門PFC CSKAソフィアへの移籍の噂が浮上する[38]。経緯は、ミテアがデビューした際のヨアン・アンドネ監督が1月にCSKAソフィアの監督に就任すると、フローレンティン・ペトレダニエル・パンク英語版の同郷2人を獲得しており、さらに、ヤニス・ジク英語版へオファーをしたからだった[38]。その後、6月にはCFRクルージュへの噂があり、自身も乗り気だった[39]が、噂は立ち消え、8月にはNACブレダに練習生として参加するも契約には至らなかった[40]

イオニコス[編集]

2010年9月にギリシャ・フットボールリーグ英語版 (ギリシャ2部)のイオニコスFCと2年契約で合意に達する。しかし、当初の契約では1シーズンの年俸20万ユーロだったはずが、実際には2シーズン合計だったことがギリシャに到着した際に判明し、これを騙されたとしたミテアは契約を破棄した[41][42]

ペトロルル・プロイェシュティ[編集]

2011年6月14日のインタビューにおいて、ルーマニア国内はスキャンダルばかりが先行する為に国外で静かにプレーしたいと語っていた[43]ものの、22日に昇格チームのFCペトロルル・プロイェシュティへ行くことが決定[44]し、29日に2年契約を締結したことが正式発表される[45]。8月13日のラピド・ブカレスト戦で83分から初出場を飾り、795日ぶりにプレーをする[46]と、9月20日にクパ・ロムニエイのCSコンコルディア・キアジナ戦で1600日ぶりの得点を記録[47]し、更に6日後の古巣ディナモ・ブカレストとのリーグ戦でも得点した[48]。このまま順風満帆に行くと思われたが、以後は度重なる負傷から戦力外となり、契約解除で退団した[49]

再び無所属に[編集]

2012年1月13日に再びCSKAソフィアへの噂が持ち上がる[50]。経緯は、CSKAソフィアがエースのジクを230万ユーロで浦項スティーラースへ売却したことで後釜を探していたところを、ミテアの代理人が売り込みをしたことだった[50]。だが、最終的に噂は立ち消え、公園やジムでトレーニングの日々を送った[51]

2013年7月にCSコンコルディア・キアジナとの契約が決定する[52]。負傷の問題から、すぐさまプレーすることは出来ず[53]、10月でのプレーを目処とし[52]、それまでの期間をリザーブチームで調整をしていた[54]。そして、10月になると、12日にASCコロナ・ブラショフ英語版との親善試合 (1-1)において、トップチームの試合に初出場を飾り、最後の10分間をプレーした[55]が、最終的に負傷の問題で公式戦に出場出来ず、2014年2月27日に契約解除が発表された[56]。退団後のミテアは、33、4歳まで現役生活を続行したいとの思いから、世界中の様々なクラブに経歴書を送る傍ら、ルーマニアの有名人が参加するリアリティ番組にも出演した[57]

代表[編集]

2003年8月のウクライナ戦において、ルーマニア代表として初出場を飾り[58]、2005年3月30日に2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選マケドニア戦で初得点を含む2得点を挙げた[59]

私生活[編集]

若手の頃には、ルーマニアの姉妹アイドルユニットバンビで活動する姉ラルーカ・タナーセ (Raluca Tănase)との交際で話題を振りまいた[60]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

出典:[61][62]

所属クラブ シーズン リーグ カップ 国際大会 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ディナモ・ブカレスト 2002-03 ディヴィジアA 9 0 9 0
合計 9 0 9 0
アヤックス 2003-04 エールディヴィジ 23 7 1 0 4 0 28 7
2004-05 21 2 2 0 6 1 29 3
2005-06 1 0 1 1 0 0 2 1
2006-07 8 2 7 1 1 0 16 3
2007-08 0 0 0 0 0 0 0 0
合計 53 11 11 2 11 1 75 14
ディナモ・ブカレスト 2008-09 リーガ1 12 0 1 0 1 0 14 0
合計 12 0 1 0 1 0 14 0
イオニコス 2010-11 ギリシャ・フットボールリーグ 0 0 0 0 - 0 0
合計 0 0 0 0 - 0 0
ペトロルル・プロイェシュティ 2011-12 リーガ1 2 1 1 1 - 3 2
合計 2 1 1 1 - 3 2
コンコルディア・キアジナ 2013-14 リーガ1 0 0 0 0 - 0 0
合計 0 0 0 0 - 0 0
キャリア通算成績 76 12 13 3 12 1 101 16

代表での成績[編集]

出典:[63]

ルーマニア代表
出場 得点
2003 2 0
2004 2 0
2005 4 2
Total 8 0

代表での得点[編集]

出典:[63]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1. 2005年3月30日 北マケドニア共和国の旗 スコピエ 北マケドニア共和国の旗 北マケドニア 0-1 1-2 2006 FIFAワールドカップ予選
2. 1-2

獲得タイトル[編集]

クラブ

ルーマニアの旗 FCディナモ・ブカレスト

オランダの旗 アヤックス・アムステルダム

脚注[編集]

  1. ^ a b "アヤックスがミテアを獲得"
  2. ^ Koeman wil Mitea; Ajax deze week om de tafel
  3. ^ a b c "ミテア、アヤックスと契約延長"
  4. ^ "Ajax — RKC Waalwijk 4:1" vi.nl
  5. ^ "FC Groningen - Ajax 1-3 (1-1)" ajax.nl
  6. ^ "Ibrahimovic goal enough for Ajax"
  7. ^ "Ajax inspired by Mitea magic"
  8. ^ "Koeman: 'Ajax zoekt naar een Mitea op rechts'"
  9. ^ "Maxwell en Mitea in de prijzen"
  10. ^ "アヤックスのミテアが手術へ"
  11. ^ "アヤックス、ミテアも離脱"
  12. ^ "ミテア、長期の戦線離脱へ"
  13. ^ "アヤックスのミテアが契約を延長"
  14. ^ "'Lucky’ Ajax mag weer eens juichen"
  15. ^ "Ajax weer te sterk voor Feyenoord"
  16. ^ "Mitea keert terug en 'voetbalt voor het eerst'"
  17. ^ Van Basten nu-l vrea pe Mitea
  18. ^ "Mitea wil weg bij Ajax"
  19. ^ "Lucescu despre Mitea:"
  20. ^ "Ajax wil Mitea betrekken in transfer Xabi Prieto"
  21. ^ "Transferul lui Mitea la Lazio s-a împotmolit"
  22. ^ "Ajax en Mitea uit elkaar"
  23. ^ a b "Mitea, patru ani la Dinamo"
  24. ^ "Mitea: "Vreau la echipa mare, m-am săturat la Dinamo II""
  25. ^ "Mitea, Vranjkovici, Andrei Cristea şi Miranda pe lista neagră"
  26. ^ "Mitea, mare star"
  27. ^ "Sper ca într-un an Mitea să ajungă la echipa naţională!"
  28. ^ "Nicolae Mitea: "Ar fi o dramă să nu fiu titular!""
  29. ^ "Mitea out! Mijlocaşul ratează meciul cu Gaz Metan!"
  30. ^ "Mitea, out 3 săptămâni!"
  31. ^ "“Câinii” latră la Giovanni"
  32. ^ "Dinamo îşi recuperează banii pierduţi din Ligă scăpînd de jucători!"
  33. ^ "Mitea a plecat de la Dinamo! "Nu permit nimănui să mă umilească!""
  34. ^ "Conducătorii lui Dinamo către Mitea: "Băi Nicky, tu ai cîştigat pe minut mai mult decît Ronaldo""
  35. ^ "Nicolae Mitea" transfermarkt
  36. ^ "Nicolae Mitea a devenit jucător liber de contract!"
  37. ^ Mitea: "Doar Steaua şi Rapid mă pot oferta din Liga 1, aşa că nu rămân în România!"
  38. ^ a b "Cum se desparte Dinamo de unul dintre cei mai capricioşi, dar şi valoroşi jucători ai săi: Ianis Zicu"
  39. ^ "Mitea: "Dacă primesc o ofertă de la CFR aş putea să o iau în calcul""
  40. ^ "Stagiair Mitea houdt het al voor gezien bij NAC"
  41. ^ "Mitea, batut si pacalit in Grecia?"
  42. ^ "Nicolae Mitea: "Mi-am dorit să fiu fotbalist! M-am născut cu talentul acesta""
  43. ^ "Mitea visează cai verzi pe pereţi: ”Caut un contract pe net, oriunde afară, linişte să fie!"
  44. ^ "Mitea şi-a găsit echipă şi va juca în Liga 1! Vezi unde"
  45. ^ "OFICIAL! Nicolae Mitea a semnat pe 2 ani cu Petrolul Ploieşti"
  46. ^ "Mitea e din nou fotbalist după 795 de zile. A jucat 7 minute contra Rapidului"
  47. ^ "Moment ISTORIC în Cupă! Mitea a dat gol după peste 1600 de zile!"
  48. ^ "Incredibil: Nicki Mitea a marcat aseară primul lui gol în Liga 1! Înainte, marcase pentru Ajax, şi-n Champions League, dar şi pentru ”tricolori”"
  49. ^ "Final de carieră la 26 de ani? Petrolul i-a reziliat contractul lui Mitea!"
  50. ^ a b "Relansarea carierei - Episodul 2 » Dat afară de Petrolul, Nicky Mitea ar putea juca la ŢSKA Sofia"
  51. ^ "La 27 de ani, atacantul care vrăjea Ajaxul a ajuns la fundul sacului » Mitea varianta de criză"
  52. ^ a b "Mitea, reactivat! Mijlocaşul va evolua la Concordia Chiajna "
  53. ^ "Mitea i-a şocat pe cei de la Chiajna: "Are probleme de bazin şi de coloană!" Cînd ar putea intra pe teren"
  54. ^ "Cu Mitea căpitan, Concordia II Chiajna a bifat a treia înfrângere, 0-3 cu Vișina Nouă"
  55. ^ "Nicolae Mitea a debutat la Concordia, în amicalul cu Corona"
  56. ^ "Chirilă şi-a dat afară COPILUL! Mitea se retrage la 28 de ani?! “Nu mai poate!”"
  57. ^ "EXCLUSIV Mitea: "Visez că joc fotbal, că dau gol!""
  58. ^ "Nicolae Mitea inzetbaar voor Ajax"
  59. ^ "Magic Mitea seals Skopje success"
  60. ^ "Mitea reface un cuplu de poveste? Adio, Tonciu! Bună, Raluca!"
  61. ^ NICOLAE MITEA”. transfermarkt. 2015年5月17日閲覧。
  62. ^ Nicolae Mitea”. footballdatabase. 2015年5月17日閲覧。
  63. ^ a b Nicolae Mitea”. eu-football. 2015年5月17日閲覧。