ニコラス・コルドバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ニコラス・コルドバ Football pictogram.svg
名前
本名 ニコラス・アンドレス・コルドバ・サン・クリストバル
Nicolás Andrés Córdova San Cristóbal
ラテン文字 Nicolás CÓRDOVA
基本情報
国籍  チリ
生年月日 (1979-01-09) 1979年1月9日(41歳)
出身地 タルカ
身長 178cm
体重 75kg
選手情報
ポジション MF (CMF)
利き足 右足
ユース
チリの旗 コロコロ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2000 チリの旗 コロコロ 54 (3)
2001 チリの旗 ウニオン・エスパニョーラ 14 (1)
2001 イタリアの旗 ペルージャ 12 (1)
2002 イタリアの旗 クロトーネ 15 (1)
2002-2004 イタリアの旗 バーリ 65 (17)
2004 イタリアの旗 リヴォルノ 5 (0)
2005-2006 イタリアの旗 アスコリ 12 (0)
2006-2008 イタリアの旗 メッシーナ 59 (12)
2008-2009 イタリアの旗 グロッセート 32 (7)
2009 イタリアの旗 パルマ 0 (0)
2010-2012 イタリアの旗 ブレシア 61 (6)
1997-2012 通算 329 (42)
代表歴
2003-2011 チリの旗 チリ 5 (1)
監督歴
2015 チリの旗 チリ U-20
2016-2017 チリの旗 パレスティーノ
2017-2018 チリの旗 サンティアゴ・ワンダラーズ英語版
2018- ペルーの旗 ウニベルシタリオ
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月13日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコラス・アンドレス・コルドバ・サン・クリストバルNicolás Andrés Córdova San Cristóbal, 1979年1月9日- )は、チリタルカ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダーセンターハーフ)。

経歴[編集]

チリの名門CSDコロコロにてキャリアをスタートし、2001年にイタリアへ渡る。2002年からASバーリに所属して活躍し、チリ代表にも選出された。

2006年から2008年までFCメッシーナに所属し、計12得点を挙げる。2009年夏、自由移籍でパルマFCへ移籍。

2011年8月に7年ぶりに代表に招集され、フランスとの親善試合で代表初得点を挙げた。

2011-12シーズン限りでブレシア・カルチョを退団しチリに帰国。翌年2月に現役引退を表明した[1]

指導歴[編集]

引退後はU-20チリ代表の監督を経て、2016年よりカンペオナート・ナシオナルCDパレスティーノの指揮官に招聘された[2]

2017年シーズン後半よりサンティアゴ・ワンダラーズを指揮。国内カップ英語版で優勝した一方、リーグ戦では2部へ降格となった。続く翌シーズンも苦戦し、2018年3月19日に解任された[3]

同年6月15日にトルネオ・デスセントラリサードウニベルシタリオ・デポルテスと契約し、初めて国外で指揮を執ることとなった[4]

タイトル[編集]

現役時代[編集]

コロコロ

指導者時代[編集]

サンティアゴ・ワンダラーズ

脚注[編集]

  1. ^ Nicolas Cordova, ufficiale il ritiro”. Tutto Bari (2013年2月15日). 2016年11月13日閲覧。
  2. ^ UFFICIALE: Palestino, l'ex Brescia Cordova è il nuovo tecnico”. TuttoMercatoWeb.com (2015年12月21日). 2016年11月13日閲覧。
  3. ^ Santiago Wanderers destituye a Nicolás Córdova”. La Tercera (2018年3月19日). 2018年6月29日閲覧。
  4. ^ Universitario designó a chileno Nicolás Córdova como nuevo entrenador”. El Comercio (2018年6月15日). 2018年6月29日閲覧。