ニコラス・デ・ラ・クルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデ・ラ・クルス第二姓(母方の)はアルコサです。
ニコラス・デ・ラ・クルス Football pictogram.svg
Nicolás de la Cruz.jpg
U-20ウルグアイ代表でのデ・ラ・クルス (2017年)
名前
本名 ディエゴ・ニコラス・デ・ラ・クルス・アルコサ
Diego Nicolás De La Cruz Arcosa
ラテン文字 Nicolás De La Cruz
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 (1997-06-01) 1997年6月1日(22歳)
出身地 モンテビデオ
身長 167cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート
ポジション MF
背番号 11
利き足 右足
ユース
2009-2015 ウルグアイの旗 リベルプールFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2017 ウルグアイの旗 リベルプールFC 32 (7)
2017- アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート 11 (0)
代表歴2
2011-2013 ウルグアイの旗 ウルグアイ U-17 4 (1)
2014-2015 ウルグアイの旗 ウルグアイ U-18 6 (0)
2017- ウルグアイの旗 ウルグアイ U-20 25 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2017年6月16日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディエゴ・ニコラス・デ・ラ・クルス・アルコサ (Diego Nicolás De La Cruz Arcosa , 1997年6月1日 - )は、ウルグアイ・首都モンテビデオ出身のプロサッカー選手アルゼンチン・プリメーラ・ディビシオンCAリーベル・プレートに所属している。ポジションはMF

来歴[編集]

2015年にリベルプールFCのトップチームに昇格。2015-16シーズンにプロデビューし、早速プリメーラ・ディビシオン初ゴールを記録。2016年シーズンは4ゴールを記録した。

代表経歴[編集]

2011年からユース世代のウルグアイ代表に選出され、U-17、U-18と順調に成長し、2017年には2017 FIFA U-20ワールドカップ出場権を賭けた南米ユース選手権のU-20代表に選出され、優勝に貢献し本大会に出場。決勝トーナメントでは1回戦のサウジアラビア戦で先制弾を叩き込み、勝利に導いた。準決勝のベネズエラ戦でも先制ゴールを挙げるも、試合終了間際にサムエル・ソーサに起死回生の同点ゴールを決められ、延長戦を経てPK戦にもつれ込んだ。5番手にキッカーを任されたデ・ラ・クルスだったが失敗を犯し、チームは敗退した。

その他[編集]

カルロス・アンドレス・サンチェスは従兄にあたる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]