ニコラース・メーアブルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニコラース・メーアブルフ(Nicolaas Meerburgh、1734年 - 1814年3月20日)は、オランダの植物栽培家、植物学者、植物画家である。

生涯[編集]

ライデンに生まれた。Adriaan Steckhovenのもとで庭師を学んだとされる。1752年からライデン薬草園で働き始めた。3代の薬園長、アドリアーン・ファン・ローエン、ダヴィッド・ファン・ローエン、セバールド・ユスティヌス・ブルグマンスのもとで働いた。1771年に園丁長(hortulanus)になり、没する1814年までその職にあった。1775年から1780年までに、自作の図版50点を含む4巻の植物画譜、"Afbeeldingen van zeldzaame gewassen"を出版し、1789年にラテン語版の"lantae rariores vivis coloribus depictae"を出版した。28点の彩色図を含む、"Plantarum selectarum icones pictae" も出版した。

著書の図版[編集]

著書[編集]

  • Meerburgh, N. (1775—1780). Afbeeldingen van zelzdame gewassen. 50 pl.
  • Meerburgh, N. (1789). Plantae rariores vivis coloribus depictae. 55 pl.
  • Meerburgh, N. (1798). Plantae selectarum icones depictae. 28 pl.

参考文献[編集]

  • De Leidse Hortus, een botanische erfenis, W.K.H. Karstens & H. Kleibrink, Waanders, 1982, ISBN 9070072920
  • Hortus Academicus Lugduno-Batavus, 1587-1937, H. Veendorp & L.G.M. Baas Becking, eerste druk in 1938, heruitgave in 1990 met een toegevoegde inleiding door C. Kalkman, ISBN 90-71236-05-6