ニシキセタカガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ニシキセタカガメ
保全状況評価[a 1][a 2]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 CR.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 潜頸亜目 Cryptodira
上科 : リクガメ上科 Testudinoidea
: イシガメ科 Geoemydidae
: アジアカワガメ属 Batagur
: ニシキセタカガメ B. kachuga
学名
Batagur kachuga (Gray, 1831)
シノニム

Emys kachuga Gray, 1831

和名
ニシキセタカガメ
英名
Panited roofed turtle
Red-crowed roofed turtle

ニシキセタカガメBatagur kachuga)は、爬虫綱カメ目イシガメ科アジアカワガメ属に分類されるカメ。別名インドセタカガメ

分布[編集]

インド北部、ネパール南部、バングラデシュガンジス川クリシュナ川ゴーダヴァリー川水系)[1][2][3]

形態[編集]

最大甲長56センチメートル[2][3]。オスよりもメスの方が大型になる[3]。背甲はやや扁平で、上から見ると幅広く円形に近い卵形[3]。椎甲板にはあまり発達しない筋状の盛りあがり(キール)があり、第2、第3椎甲板後部はわずかに後方へ突出する[3]。第2椎甲板後部は細くならないため、第3椎甲板と幅広く接する[3]。背甲の色彩は暗黄色や暗褐色[2][3]。背甲と腹甲の継ぎ目(橋)や腹甲の色彩は淡黄色[2][3]

頭部は中型かやや大型[3]。上顎の先端に牙状の突起がある[2][3]。咬合面に2つの稜がある[3]

卵は長径6.4-7.5センチメートル、短径3.7-4.6センチメートル[3]。幼体は第2、第3椎甲板のキールが明瞭だが、成長に伴い消失する[1][3]

オスは頭部の色彩が青灰色で、吻端から頭部へ赤、吻端から側頭部へ黄色い縦縞が2本入る[2][3]。頸部にも赤や黄褐色の縦縞が入る[1][2][3]。メスは頭部や頸部の色彩は青みがかった暗黄色や青灰色[1][2][3]

生態[編集]

標高300-500メートルにある流れの速い大型河川に生息する[3]。水深があり砂の土手がある環境を好む[3]。水棲傾向が強いが、倒木や岩の上、川岸などで日光浴を行うことを好む[3]

食性は飼育下での観察から植物食と考えられている[3]

繁殖形態は卵生。3-4月に水場から8-31メートル離れた場所に42-54センチメートルの穴を掘って[2]、1回に15-30個の卵を産んだ例がある[3]。卵は5-6月に孵化する[3]

人間との関係[編集]

種小名kachugaヒンディー語でカメを表すkachuaや、ヒンドゥスターニー語でカメを表すkachovaに由来する[3]

生息地では卵も含めて食用とされることもある[3]

食用の乱獲などにより生息数は減少していると考えられている[3]。生息地では法的に保護の対象とされ、狩猟や輸出が規制されている[3]。インドでは孵化直後の幼体を飼育しある程度成長させてから再び野生に放すという試みが行われている[1][2][3]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。流通は極めてまれ[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ2 ユーラシア・オセアニア・アフリカのミズガメ』、誠文堂新光社2005年、15、140頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、115、204頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 安川雄一郎 「セタカガメ類の分類と自然史」『クリーパー』第27号、クリーパー社、2005年、10-11、38-40頁。

関連項目[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Asian Turtle Trade Working Group 2000. Batagur kachuga. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.