ニシノチャーミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニシノチャーミー[1]
欧字表記 Nishino Charmy[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 2004年3月8日[1]
死没 2007年11月14日(3歳没)
サクラバクシンオー[1]
ブランドミッシェル[1]
母の父 ニシノエトランゼ[1]
生国 日本の旗 日本北海道鵡川町[1]
生産 西山牧場[1]
馬主 西山茂行[1]
調教師 浅見秀一栗東[1]
競走成績
生涯成績 4戦2勝[1]
獲得賞金 3956万円
 
勝ち鞍
GIII 函館2歳S 2006年
テンプレートを表示

ニシノチャーミー日本中央競馬会に登録されていた競走馬である。馬名は冠名の「ニシノ」と「愛嬌ある」を意味するCharmingからの造語「チャーミー」が由来となっている。

片目を事故で失い、復帰後ハート模様のアイパッチを縫い付けたメンコをかぶっていたことで話題を呼んだ[2]

2歳[編集]

2006年7月8日函館競馬場で行われた2歳新馬戦単勝3番人気に支持されデビューし、後にスイートピーステークスを制すスマートカスタムや優駿牝馬で3着となるラブカーナらを相手にデビュー戦で初勝利を挙げた[3]。続く重賞初挑戦となった函館2歳ステークスでは、単勝7番人気ながら後にGIを2勝するローレルゲレイロやインパーフェクトらを相手にレースを制し、無敗で重賞初勝利を挙げた[4]。レース後に放牧に出され、ファンタジーステークスを目標に調整されていた矢先、放牧先で突起物で左目を負傷し失明してしまう[2][5][6]。左目を摘出する手術を受け、休養することになった[2]。なお西山茂行は事故の報を聞いた際、スタッフは咎めなかったものの事故に遭ったのがニシノチャーミーと聞いて絶句したという[6]

3歳[編集]

2007年、帰厩しフィリーズレビューに登録するが回避し、復帰戦は桜花賞となった。迎えた桜花賞では13番人気と下位人気で、結果は最下位となる18着という結果に終わった[7]。その後8月26日キーンランドカップに出走しメンバー中最速の上りとなる33秒8の末脚を繰り出したが9着だった[2][8]。次走はセントウルステークスに出走登録を行ったが回避し放牧に出された。しかし10月26日付でJRAの競走馬登録を抹消され、引退となった[5]西山牧場第一分場にて繁殖入りする予定であったが、その矢先の11月14日に胸膜肺炎のため急死した。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[9]およびJBISサーチ[10]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2006 7. 8 函館 2歳新馬 14 5 8 4.6 (3人) 1着 四位洋文 54 芝1200m(良) 1:12.0(36.4) -0.1 (スマートカスタム)
8. 6 函館 函館2歳S GIII 15 7 14 16.5 (7人) 1着 四位洋文 54 芝1200m(良) 1:10.3(35.6) -0.2 ローレルゲレイロ
2007 4. 8 阪神 桜花賞 JpnI 18 6 11 171.3 (13人) 18着 藤岡佑介 55 芝1600m(良) 1:37.4(36.3) 3.7 ダイワスカーレット
8. 26 札幌 キーンランドC JpnIII 15 2 3 46.7 (12人) 9着 北村友一 51 芝1200m(良) 1:09.1(33.8) 0.5 クーヴェルチュール

血統表[編集]

ニシノチャーミー血統プリンスリーギフト系 / Turn-to 5×5=6.25%) (血統表の出典)

サクラバクシンオー
1989 鹿毛
父の父
サクラユタカオー
1982 栗毛
*テスコボーイ
Tesco Boy
Princely Gift
Suncourt
アンジェリカ *ネヴァービート
スターハイネス
父の母
サクラハゴロモ
1984 鹿毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
Northern Dancer
Lady Victoria
*クリアアンバー
Clear Amber
Ambiopoise
One Clear Call

ブランドミッシェル
1989 栗毛
*ニシノエトランゼ
Nishino Etranger
1979 鹿毛
Stop the Music Hail to Reason
Bebopper
Come My Prince Prince John
Come Hither Look
母の母
オーロラシロー
1981 栗毛
シンザン *ヒンドスタン
ハヤノボリ
ヤノセイラン タニノムーティエ
レデイロック F-No.3-f

母は準オープン止まりだったが最後のレースとなった1995年新潟記念で3着している。3代母ヤノセイランの半弟にコクセイピユーマ(北國王冠、百万石賞など)がいる。4代母・レデイロックはメジロタイヨウ(天皇賞(秋)アルゼンチンJCCほか)の全妹。5代母・レディアリスの仔にはメジロマジョルカ(クイーンカップ優駿牝馬3着。子孫にメジロマスキットなど)、トーヨーチカラ(京都新聞杯)がいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n ニシノチャーミー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 「隻眼ジョッキー」「隻眼競走馬」がファンに伝える“一途さ”と“気力””. 競馬サイドストーリー. 産経新聞社. 2019年8月7日閲覧。
  3. ^ 函館2歳新馬、ニシノチャーミー制す”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月7日閲覧。
  4. ^ 函館2歳S、ニシノチャーミーが2連勝で重賞制覇”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月7日閲覧。
  5. ^ a b ニシノチャーミーが引退、繁殖入り”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月7日閲覧。
  6. ^ a b 忘れられない馬…(涙)”. 西山牧場オーナーの(笑)気分. 西山茂行. 2019年8月7日閲覧。
  7. ^ 桜花賞、全着順、払戻金”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月7日閲覧。
  8. ^ キーンランドC、全着順&払戻金”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月7日閲覧。
  9. ^ ニシノチャーミーの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月20日閲覧。
  10. ^ ニシノチャーミー 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。