ニジュウヤホシテントウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニジュウヤホシテントウ
Harmonia axyridis
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
上目 : 上目 Coleopterida
: コウチュウ目 Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
下目 : Cucujiformia
上科 : ヒラタムシ上科 Cucujoidea
: テントウムシ科 Coccinellidae
亜科 : マダラテントウ亜科 Epilachninae
: マダラテントウ族 Epilachnini
: マダラテントウ属 Henosepilachna
: ニジュウヤホシテントウ H. vigintioctopunctata
学名
Henosepilachna vigintioctopunctata (Fabricius, 1775)
シノニム

Epilachna vigintioctopunctata Auctt.

和名
ニジュウヤホシテントウ
英名
the twentysix-spotted potato ladybird
Hadda beetle
図版

ニジュウヤホシテントウ (Henosepilachna vigintioctopunctataシノニムEpilachna vigintioctopunctata) はテントウムシ科昆虫の1種。テントウムシではあるが草食性で、ナス科の農作物の害虫として有名である。名前通り前翅の背面に左右合計28の黒斑がある。

特徴[編集]

背面は赤褐色の地に多数の黒斑を持つテントウムシである[1]。体長は6mm程度。背面は全体に灰褐色の軟毛が密生している。頭部は点刻が一面にあり、複眼だけが黒い。前胸部の背板はその前縁が中央でくぼみ、両端が前に尖る。点刻は頭部より小さいものがより密にある。中央には黒い斑紋があり、その後方後端近くに小さい黒斑があり、これは往々にしてつながる。また両側面にも横並びに黒斑があり、これもつながることがあ る。小循板は赤褐色。前翅には黒斑が多い。斑紋の大きさには大小があるが、それらは前から横向きに3・4・3・3・1と列を成し、両側の前翅が合わせ目で左右の黒斑がくっつくことはない。腹面は中胸・後胸・腹部の第4節までが暗褐色をしている。

なお、オオニジュウヤホシテントウと共にテントウムシダマシの名で呼ばれたことも[2]あり、現在もネット上でも数多く確認出来る[3]し、専門的分野でさえ見る例がある[4]。この名はテントウムシと言えば益虫と決まっているのにこの2種が害虫であるのでこう呼んだと言われ、それを地で行く実例もあったりする[5]。ただし主として菌食性を示すテントウダマシ科 Endomychidae という分類群が全く別に存在する。しかもこれがテントウムシダマシと表記される例もあり[6]、注意を要する。

生態など[編集]

成虫も幼虫もナス科植物の葉を食べる。食べ方は独特で、葉裏から食って表の表皮を残し、太い横線を平行に並べたような独特の食痕を残す[7]。これは肉食性の昆虫として進化してきたテントウムシ科の中でニジュウヤホシテントウの属するマダラテントウ亜科だけが植物食に食性転換した進化の履歴を示すもので、本来は食物となる昆虫を捕食するときに獲物の表皮を破って内臓を口の中にすすり込むのに適しているが植物組織を噛み取るのには適していない鎌状の大顎の先端にフォーク状の突起を得て、これで葉の裏の表皮を破って葉肉の組織を口の中にすすり込むように摂食を行うためである[8]。年に2-3回の世代を繰り返す[9]越冬態は成虫で、落葉樹皮の下、時に人家の屋根裏などで越冬し、春の宿主植物の萌芽に集まり、食害する。この成虫は約40-50日程度生存し、その間に産卵する。

産卵は20-30個を一塊に産み、全体で1個体が500前後を産卵する。は長さ約1.5mm、細長い楕円形で濃い黄色をしており、互いに密着するような卵塊として宿主植物の葉裏に生み付けられる。幼虫は終齢で体長7-8mmになり、全体に紡錘形で背面が盛り上がっており、その背面には多数の樹状の突起が並んでいる。皮膚は白で、背面の突起も基部は白く、先端部だけが黒い。幼虫は1齢では集団で活動するが1齢末に分散し、個々に摂食するようになる。4齢が終齢で、それから脱皮して蛹になる。また孵化の際、先に孵化した幼虫が未孵化の卵を食べる[10]。 蛹は黄白色に黄色の斑紋があり、尾端に幼虫の脱皮柄をつけている。

卵の期間は7日、幼虫の期間は約30日、蛹の期間は7日である。5-6月頃になると越冬成虫と卵、幼虫、蛹、新成虫が入り混じって見られるようになる。第1世代の成虫は6月中旬から7月に、第2世代は7月下旬〜8月、第3世代は9月上旬〜10月に出現する。ただし成虫の生存期間が20-50日に達するため、常に各ステージのものが入り混じって見られる。10月下旬には成虫は食草を放れ、越冬場所に移動する。

分布[編集]

本州の温暖な地域からそれ以南の日本各地に分布し、中国台湾インドシナインドニューギニアオーストラリアに分布する。本種の分布域は年平均気温14℃以上の地域である。なお近縁種のオオニジュウヤホシテントウはより北に見られ、関東地方などでは両種が混成している地域がある[11]

類似種[編集]

近縁のオオニジュウヤホシテントウ E. vigintioctomaculata は本種によく似ているがやや大きくて体長約7mm、卵塊は卵同士が接しない様に生み付けられ、幼虫では背面の樹状突起が全体に黒いこと、また年1化性である点などが異なっている。分布の面では本州では山陰地方や北陸、関東以北に見られ、他に中国からシベリアに分布する[12]。 オオニジュウヤホシテントウはコブオオニジュウヤホシテントウやルイヨウマダラテントウといった互いに酷似した複数の近縁種とともに同胞種群を形成していて種分化の研究の好材料であることが知られており、これらを分類同定することは困難を伴う[13]。学名は黒沢他編著(1985)によった。

被害[編集]

ナス科の農作物に対する農業害虫として重要である。幼虫、成虫共に上記のように葉裏から食べて独特の食痕を残す。近縁の別種であるオオニジュウヤホシテントウも同様の食痕を残すので両者の区別は難しいが、それ以外の害虫の食害とは容易に区別できる[14]

ジャガイモでは芽の出たところで成長のよい株に越冬成虫が飛来し、食害しつつ産卵を始める。それ以降は幼虫の食害も加わり、強い被害を受けた部分は枯死し、次第に被害は株全体に広がる。そのために成長遅延や塊茎の肥大阻害などの被害が出る[15]

ナスの場合、露地栽培では6-8月に被害が目立つようになり、発生が多いと生育の遅れや減収につながる。特に投げの幼い内に被害を受けると影響が大きくなる。また果実が若い内にその表面を加害される場合があり、その場合には商品価値がなくなる。他にホオズキも食害を受ける。トマトピーマンも加害されるが影響が出ることは比較的少ない。成虫がカボチャスイカヤマノイモなどを加害したとの報告もあるが、問題になっていない[16]

なお、本種は野生のナス科植物、特に畑地周辺に普通な雑草イヌホオズキ類やワルナスビ等でもよく繁殖する。そのため畑地周辺のこのような植物が害虫の補給源として働く面もある。

本種の防除は有機リン系などの非選択性の殺虫剤が効果があるとされる。ただし従来の農業ではこのような農薬を複数種使用することが行われたのに対し、このような農薬では害虫の耐性の問題や天敵をも駆除してしまう弊害が言われるようになっている。ナスの場合、害虫のミナミキイロアザミウマ Thrips palmi に殺虫剤感受性の低下が確認され、またこの害虫の土着天敵であるヒメハナカメムシ類 Orius spp. の減少が確認され、この両者が共に働いてこのアザミウマの被害増加に影響を与えているとみられる。そのために選択的殺虫剤の利用で土着天敵の保護に配慮し、それによるアザミウマ駆除を進めたところ、今度は本種の被害が増加したとの事例がある。現在、これに対する解決を求め、ハナカメムシを保護しつつ本種を駆除できる薬剤の選定などの研究が進められている[17]

脚注[編集]

  1. ^ 記載は主として石井他編(1950),p.1093
  2. ^ 岡田、梅谷(2003),p.98
  3. ^ 例えば[1]
  4. ^ 例えば[2]
  5. ^ 大﨑(2011)132:学生の農業体験のプランター栽培で本種をテントウムシだからと駆除しなかったために被害を出した事例。
  6. ^ 例えば[3]
  7. ^ 岡田・梅谷(2003),p.97
  8. ^ 林(1986),pp.94-99
  9. ^ 以下、主として岡田・梅谷(2003),p.96
  10. ^ 志村編(2005)p.247
  11. ^ 岡田、梅谷(2003),p.98
  12. ^ 江村他編(2012)p.151
  13. ^ 片倉(1988)
  14. ^ 岡田、梅谷(2003),p.97
  15. ^ 岡田、梅谷(2003),p.98
  16. ^ 岡田、梅谷(2003),p.269
  17. ^ 井村(2013)

参考文献[編集]

  • 石井悌他編、『日本昆蟲圖鑑』、(1950)、北隆館
  • 黒沢良彦他編著、『原色日本甲虫図鑑(III)』、(1985)、保育社
  • 林長閑、『甲虫の生活 -幼虫のくらしをさぐる-』、(1986)、築地書館
  • 梅谷献二、岡田利益承編、『日本農業害虫大事典』、(2003)、全国農村教育協会
  • 江村薫他編、『田園環境の 害虫・益虫生態図鑑』、(2012)、北隆館
  • 片倉晴雄、『オオニジュウヤホシテントウ』、(1988)、文一総合出版
  • 志村隆編、『日本産幼虫図鑑』、(2005)、学習研究社
  • 大﨑正幸、「栄養士教育における農業体験導入の実践例 - 菜園同好会「プランターズ」での活動に基づいて -」、(2011)、名古屋文理大学紀要 第11号:p.129-136
  • 井村岳男、「数種殺虫剤のニジュウヤホシテントウに対する防除効果とヒメハナカメムシ類に対する影響」、(2013)、関西病虫研報(55): p.7-11.