ニジンスキー (戯曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

ニジンスキー』は、2000年PARCO劇場にて上演された戯曲

目次

概要

アメリカの劇作家ウイリアム・ルースにPARCO劇場が依頼した作品。晩年の精神を病んだニジンスキー市村正親、若き日のニジンスキーを当時東京バレエ団プリンシパルダンサーの首藤康之が演じる二人一役が話題になった。バレエ・リュス時代のデザインがほぼ忠実に再現された衣裳で、首藤がニジンスキーの代表作を踊る場面が随所にあった。

ストーリー

20世紀初頭、現代バレエの黎明期に現れた革命的であり、伝説的な一人の天才バレエダンサー、ヴァツラフ・ニジンスキーの半生。今では精神を病んでサナトリウムにいる晩年のニジンスキー。彼は若き日の自分自身の幻影と、既に亡きかつての愛人ディアギレフに語りかけている。そんな彼の元へ数年ぶりに、ニジンスキーの妻ロモラが訪ねてくる。夫に残酷なショック療法を望むロモラと、それを躊躇する医師。結局その残酷な治療は行われた。しかしニジンスキーは正気に戻ることはなかった…。

スタッフ

  • 作 … ウィリアム・ルース
  • 訳 … 松岡和子
  • 演出 … ジョン・ティリンジャー
  • 振付 … ゲイリー・クリスト、堀登
  • 音楽 … 笠松泰洋
  • 照明 … 原田保
  • 音響 … 高橋巌
  • 美術 … 島川とおる
  • 衣裳 … 八重田喜美子
  • 舞台監督 … 小林清隆

キャスト

  • ヴァーツラフ・ニジンスキー … 市村正親 晩年、精神病院に入院していた頃のニジンスキー
  • 若き日のニジンスキー … 首藤康之 
  • セルゲイ・ディアギレフ岡田真澄 ニジンスキーの愛人 バレエ・リュスの主催者
  • ロモラ・デ・プルスキ … 久世星佳 ニジンスキーの妻 悪妻として有名
  • ヴィンズヴァンガー医師 … 段田安則 サナトリウムの医師
  • フリッツ・ヒューベルス … 宍戸勝 ニジンスキーが心を許している看護人
執筆の途中です この「ニジンスキー (戯曲)」は、舞台芸術に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(Portal:舞台芸術)。

今日は何の日(4月7日

もっと見る

「ニジンスキー_(戯曲)」のQ&A