ニッカカフェグレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニッカカフェグレーン/カフェモルト
ニッカカフェグレーン(左)とニッカカフェモルト(右)
基本情報
種類 ウイスキー
(グレーンウイスキー/モルトウイスキー)
度数 45%
主原料 グレーンモルト(カフェグレーン)
モルト(カフェモルト)
原産国 日本の旗 日本
製造元 ニッカウヰスキー
販売元 アサヒビール
詳細情報
テンプレートを表示

ニッカカフェグレーンは、ニッカウヰスキーが製造し、アサヒビールが販売していたグレーンウイスキーである。ここでは姉妹品でもあるニッカカフェモルトについても言及する。

ニッカカフェグレーン[編集]

ニッカカフェグレーンは、世界的に見ても珍しくなったと言われている「カフェ式連続式蒸留機」において製造されたグレーンウイスキーである。[1]

カフェ式では製造効率の面では劣るものの、原料本来の味が現在主流の蒸溜機よりも残るとされ、ニッカウヰスキーでは現在でも現役で稼働している。[2]

ニッカカフェグレーンは、2012年フランスを中心にヨーロッパで先行販売。2013年6月から日本でも販売された。[2][3]

そのまろやかな口当たりと独特の甘さは、ロックやストレートで飲まれている他に、ウイスキーベースのカクテルの材料としても使われている。[2]

その味わいは、世界的なウイスキーなどの酒類の品評会として知られているインターナショナル・スピリッツ・チャレンジの2013年金賞を受賞した。[2]

近年のウイスキーブームの影響ウイスキーとその製造に必要な原酒の安定供給が難しくなったという理由のため2019年2月下旬の出荷分を以って店頭在庫切れになり次第、終売となった。

ニッカカフェモルト[編集]

ニッカカフェモルトはニッカウヰスキーによる「カフェ式連続式蒸溜機」で製造されたモルトウイスキーである。通常のモルトウイスキーは、世界的に主流となっている単式蒸溜器で蒸溜されるが、ニッカは「カフェ式」によってモルトの甘さと芳ばしさを残したオリジナルのウイスキーを作り出した。[4]

ニッカカフェモルトは、2013年にフランスを中心にヨーロッパで先行販売。2014年6月から日本でも販売された。[4][5]

その味わいは、イギリスのスピリッツ専門誌「THE SPIRITS BUSINESS」において、2014年の「THE MOST INNOVATIVE SPIRITS LAUNCH OF 2014」に選ばれた。[5]

その味わいは、世界的なウイスキーなどの酒類の品評会として知られているインターナショナル・スピリッツ・チャレンジの2017年グレーンウイスキー部門カテゴリーの最高賞であるトロフィーを受賞した。

こちらも上記のカフェグレーン同様、ウイスキーとその製造に必要な原酒の安定供給が難しくなったという理由のため2019年2月下旬の出荷分を以って店頭在庫切れになり次第、終売となった。

ラインナップ[編集]

  • 現行品
    • (2019年4月現在該当なし)
  • 終売品・休売品
    • シングルカフェモルト12年 (2007年11月22日-?) - 700ml、3027本限定[6]
    • カフェ式蒸溜グレーンウイスキー (1991年7月-1997年9月)- 500ml[7]
    • ニッカカフェグレーン(2013年6月-2019年3月) - 700ml
    • ニッカカフェモルト(2013年6月-2019年3月) - 700ml

ニッカウヰスキーとカフェ式連続式蒸溜機[編集]

キルベガン蒸留所で使われていたカフェ式連続式蒸溜機。現在は屋外に展示されている。

ニッカウヰスキーがカフェ式連続式蒸溜機を導入したのは、1963年の事である。[5]前年に創業者である竹鶴政孝がヨーロッパに視察に行った時、購入したものであり、自身の工場にカフェ式の機械の導入する事が、かつて竹鶴がスコットランドに留学していた時からの夢であったという。[8]当時としてもかなり旧式の蒸溜機であり、[5]高さも4階建てほどのビルくらいの高さはある巨大な蒸溜機であった。[8]初めはニッカウヰスキーの西宮工場に導入された。

1965年にこのカフェ式連続式蒸溜機で作ったグレーンウイスキーをブレンドした「新ブラックニッカ」が発売されると、たちまち人気商品に。[8]1967年にはカフェ式連続式蒸溜機の二号機を導入した。その後、このカフェ式連続式蒸溜機は仙台工場(宮城峡蒸溜所)に移設。[8] 1999年から当地で稼働して、このカフェ式連続式蒸溜機で製造されているウイスキーはニッカカフェグレーンやニッカカフェモルトの他にニッカウヰスキーで製造されているブレンデッドウイスキーや焼酎ジンウォッカなどの元にも使われており、蒸留機は未だに現役である。

カフェ式連続式蒸溜機は手間がかかるため、現在では本場のスコットランドでもほとんどないと言われている[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「カフェ」はエニアス・カフェ(カフェー)というこの方式の蒸留機を発明した19世紀のイギリスのウイスキーの技術者の名前に因んでいる。なお、カフェの綴りはCoffeyでcoffeeやcafeではない。コーヒーカフェ(喫茶店)とは全く無関係である。出典:稲富博士のスコッチノート
  2. ^ a b c d ニッカウヰスキーカフェグレーン公式ページ
  3. ^ アサヒビール2013年5月15日付プレスリリース
  4. ^ a b アサヒビール2013年12月18日付プレスリリース
  5. ^ a b c d ニッカウヰスキーカフェモルト公式ページ
  6. ^ ニッカ『シングルカフェモルト12年』日欧同時発売 (ニュースリリース) _ アサヒビール
  7. ^ 241 Re:Nikka Coffey Grain Whisky ニッカの語らい|ニッカワールド|NIKKA WHISKY
  8. ^ a b c d e 松尾(2014)131-142pp.

参考文献[編集]

  • 松尾秀助『琥珀色の夢を見る 竹鶴政孝とリタ ニッカウヰスキー物語』 朝日新聞出版〈朝日文庫〉、2014年。ISBN 978-4022618085

関連項目[編集]

外部サイト[編集]