ニック・ウィリアムズ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ニック・ウィリアムズ
Nick Williams
シンシナティ・レッズ (マイナー)
Nick Williams (32830214267) (cropped).jpg
フィラデルフィア・フィリーズ時代
(2019年4月30日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ガルベストン郡ガルベストン
生年月日 (1993-09-08) 1993年9月8日(27歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2012年 MLBドラフト4巡目
初出場 2017年6月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ビリー・ニコラス・ウィリアムズBilly Nicholas Williams, 1993年9月8日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ガルベストン郡ガルベストン出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。MLBシンシナティ・レッズ傘下所属。愛称はニッキー・ダブスNicky Dubs[1]

経歴[編集]

プロ入りとレンジャーズ傘下時代[編集]

2012年MLBドラフト2巡目(全体93位)でテキサス・レンジャーズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・レンジャーズでプロデビュー。48試合に出場して打率.313、2本塁打、27打点、15盗塁を記録した。

2013年はA級ヒッコリー・クロウダッズでプレーし、97試合に出場して打率.293、17本塁打、60打点、8盗塁を記録した。

2014年はルーキー級アリゾナリーグ・レンジャーズ、A+級マートルビーチ・ペリカンズ、AA級フリスコ・ラフライダーズでプレーし、3球団合計で112試合に出場して打率.283、13本塁打、74打点、6盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、サプライズ・サグアロス英語版に所属した。

2015年はAA級フリスコでプレーした。7月にはオールスター・フューチャーズゲームに選出された。

フィリーズ時代[編集]

2015年7月31日にコール・ハメルズジェイク・ディークマンとのトレードで、マット・ハリソンジェイク・トンプソンジェラッド・アイコフアレク・アッシャー英語版ホルヘ・アルファーロと共にフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[2][3]。移籍後は傘下のAA級レディング・ファイティン・フィルズでプレーし、移籍前を含めて2球団合計で119試合に出場して打率.303、17本塁打、55打点、13盗塁を記録した。

2016年はAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスでプレーし、125試合に出場して打率.258、13本塁打、64打点、6盗塁を記録した。オフの11月18日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[4]

2017年も開幕からAAA級リーハイバレーでプレーし、97試合に出場して打率.285、15本塁打、67打点、3盗塁を記録した。6月30日にメジャー初昇格を果たし[5]、同日のニューヨーク・メッツ戦にて「6番・左翼手」で先発出場してメジャーデビュー(結果は3打数1安打)すると、以降メジャーに定着した。7月9日のサンディエゴ・パドレス戦ではトレバー・ケーヒルからメジャー初本塁打を放った[6]。この年メジャーでは83試合に出場して打率.288、12本塁打、55打点、1盗塁を記録した。

2020年8月11日にDFAとなった[7]

レッズ時代[編集]

2020年8月15日にウェイバー公示を経てシンシナティ・レッズへ移籍した[8]。9月15日にDFAとなり[9]、18日にマイナー契約となった[10]

プレースタイル[編集]

高い身体能力と超積極打法(2016年の四球率はわずか3.6%)からアダム・ジョーンズ二世との評価もある[11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 PHI 83 343 313 45 90 14 4 12 148 55 1 2 0 4 20 0 6 97 8 .288 .338 .473 .811
2018 140 448 407 53 104 12 3 17 173 50 3 2 0 0 32 2 9 111 4 .256 .324 .425 .749
2019 67 112 106 9 16 4 0 2 26 5 0 0 0 0 4 0 2 43 1 .151 .196 .245 .442
MLB:3年 290 903 826 107 210 30 7 31 347 110 4 4 0 4 56 2 17 251 13 .254 .313 .420 .733
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



左翼(LF) 中堅(CF) 右翼(RF)




































2017 PHI 12 12 1 0 0 1.000 16 25 0 0 0 1.000 58 73 3 0 1 1.000
2018 19 13 1 0 0 1.000 - 95 130 4 3 0 .978
2019 23 25 1 0 0 1.000 - 5 6 0 0 0 1.000
MLB 54 50 3 0 0 1.000 16 25 0 0 0 1.000 158 209 7 3 1 .986
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 5 (2017年 - 2019年)

脚注[編集]

  1. ^ Breakdown of Phillies' Players Weekend names MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年10月5日閲覧
  2. ^ 6対2の大型トレード成立へ! レンジャーズ、先発左腕C.ハメルズらを獲得”. ISM (2015年7月30日). 2015年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
  3. ^ Rangers get Cole Hamels, reliever for lefty Matt Harrison, 5 prospects”. ESPN (2015年7月29日). 2017年10月5日閲覧。
  4. ^ Matt Gelb (2016年11月19日). “Phillies add 11 players in 40-man roster overhaul” (英語). Philly.com. 2017年10月5日閲覧。
  5. ^ Stephen Gross (2017年6月30日). “No. 4 prospect Nick Williams promoted to Phillies, starting in left field” (英語). mcall.com. 2017年10月5日閲覧。
  6. ^ “Phils hit 6 homers in 7-1 rout of Padres”. ESPN. (2017年7月9日). http://www.espn.com/mlb/recap?gameId=370709122 2017年10月5日閲覧。 
  7. ^ Steve Adams (2020年8月11日). “Phillies Designate Nick Williams, Trevor Kelley For Assignment; Nick Pivetta Optioned” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月12日閲覧。
  8. ^ George Miller (2020年8月15日). “Reds Claim Nick Williams” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月16日閲覧。
  9. ^ Mark Polishuk (2020年9月15日). “Reds Select R.J. Alaniz, Designate Nick Williams” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年9月16日閲覧。
  10. ^ MLB公式プロフィール参照。2020年9月19日閲覧。
  11. ^ 「2017 - 2021 全30球団未来予想図 フィラデルフィア・フィリーズ」『隔月刊スラッガー』2017年3月号 日本スポーツ企画出版社 53頁

関連項目[編集]