ニック・カール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニック・カール Football pictogram.svg
Nick Carle against Fulham.jpg
クリスタル・パレス時代(2008年)
名前
本名 ニコラス・アルバート・カール
Nicholas Alberto Carle
カタカナ ニック・カール
ラテン文字 Nick CARLE
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
 チリ
生年月日 (1981-11-23) 1981年11月23日(36歳)
出身地 シドニー
身長 174cm
選手情報
ポジション MF (OMF)
利き足 左足
ユース
オーストラリアの旗 ブラックタウン英語版
オーストラリアの旗 シドニー・O英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2002 オーストラリアの旗 シドニー・O 86 (12)
1997-2002 フランスの旗 トロワ 5 (0)
2003-2005 オーストラリアの旗 マーコーニ英語版 25 (6)
2005-2007 オーストラリアの旗 ニューカッスル・J 45 (7)
2007-2008 トルコの旗 ゲンチレルビルリイ 14 (1)
2008 イングランドの旗 ブリストル・C 17 (0)
2008-2010 イングランドの旗 クリスタル・パレス 59 (4)
2010-2015 オーストラリアの旗 シドニーFC 63 (8)
2012-2013 アラブ首長国連邦の旗 バニーヤース (loan) 21 (2)
代表歴2
1997  オーストラリア U-17 5 (7)
1998-2001  オーストラリア U-20 16 (9)
1998-2004  オーストラリア U-23 16 (2)
2004-2012 オーストラリアの旗 オーストラリア 13 (0)
監督歴
2016- オーストラリアの旗 シドニーFC(アカデミーコーチ)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年4月16日現在。
2. 2012年12月15日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコラス・アルバート・"ニック"・カールNicholas Alberto "Nick" Carle, 1981年11月23日 - )は、オーストラリアシドニー出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはMF

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

少年時代はフットサル選手としてプレーし、5つのタイトルを獲得するなど活躍。10代でサッカーに転向し、学校のクラブチームに所属。1996年にビル・ターナーカップで優勝した。

1997年10月5日、15歳の時にシドニー・オリンピックFCでNSLデビュー。このマーコーニ・スタリオンズFC戦では、75分から出場するとアディショナルタイムにゴールを決め勝利に貢献した[1]フランストロワACに短期間在籍した後、母国に戻りマーコーニ・スタリオンズと契約を結んだ。

ニューカッスル・ジェッツ[編集]

2005年、新たに創設されたAリーグに参加するニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFCへ加入。ここで在籍した2シーズンを攻撃的MFとしてプレーし、ファンから人気を博した。

2006-07シーズンのパフォーマンスが評価されたカールは、優勝チームのメルボルン・ヴィクトリーFCから選出されたダニエル・オールソップ英語版アーチー・トンプソン, ケヴィン・マスカットを押しのけ、レギュラーシーズン最優秀選手に与えられるジョニー・ウォーレン・メダル英語版を2007年2月に受賞[2]。さらに、第10節のアデレード・ユナイテッドFC戦で相手が70メートルを駆け抜け、20メートルものアウトサイドから左足で決めた決勝ゴール(ちなみに、この数秒前にアデレードはPKを獲得するも失敗していた)が年間最優秀ゴールに選ばれた。また、マスカットを1票差で破り、母国のサッカーサイトが選ぶ最優秀選手にも選ばれた[3]

国外[編集]

2007年、当初はフェネルバフチェSKが興味を示していたが、最終的にオーストラリア代表で同僚のヨシップ・スココがかつて在籍していたスュペル・リグゲンチレルビルリイSKへ移籍金65万ドル・3年契約で加入[4]するも家族がトルコでの生活に馴染めなかったため[5][6]、1年も経たずに退団した。

2008年1月初旬、国際親善試合のナイジェリア戦でのプレーが評価され[7]、移籍金80万ドル・3年半契約でフットボールリーグ・チャンピオンシップブリストル・シティFCへ移籍[8]。同年にチームはプレーオフ決勝の舞台ウェンブリー・スタジアムに駒を進め、カールも先発出場したが、ハル・シティAFCに0-1で敗れ惜しくも昇格を逃した[9]

アシュトン・ゲート・スタジアムでの滞在は半年未満と短く終わったものの、ウィガン・アスレティックFCへ去ったベン・ワトソンの後釜としてクリスタル・パレスFCと移籍金100万ポンド・4年契約を結んだ[10]ニール・ウォーノック英語版の下で移籍初年度はレギュラーとしてプレーしていたが、翌シーズンになるとベンチ暮らしが増えていき、監督がポール・ハート英語版に交代してもその状況は変わらずにいた。2010年5月、引退したスティーヴ・コリカの後釜を探していた母国のシドニーFCがオファー。まだ、2年契約が残っていたものの、チームは放出を決定した[11]

シドニーFC[編集]

2010年5月、カールは移籍金195万オーストラリア・ドルでシドニーFCと3年契約を結んだ[12]。移籍初年度は怪我に苦しみ、チームは下から3番目で終わるなど厳しいシーズンを過ごした。2011-12シーズン、2011年10月12日のアデレード戦で勝利を決定づけるゴールを決めるなど、前年に比べはるかに良いパフォーマンスを披露した。

UAEへローン

2012-13シーズン開幕前にUAEバニーヤースSCへ1年の期間で貸し出された[13]。バニーヤースが買い取らない限り、2013-14シーズンに復帰する契約になっている。

現役引退

2014-15シーズン終了を以てクラブを退団し、2016年7月に現役を引退[14]。半年間膝の負傷と闘った末の表明であった。引退後はクラブに戻り、アカデミー部門のコーチングスタッフとなることも併せて発表された。

代表[編集]

U-17でキャリアを開始すると、U-20の時に2001 FIFAワールドユース選手権に出場した。また、U-23でもプレーしたがアテネオリンピックのメンバーには選ばれなかった。

2004年、ベネズエラ戦で84分にデイヴィッド・ズドリリッチ英語版に代わり出場し、A代表デビューをした。しかし、この試合以降はフランク・ファリーナ監督に呼ばれることはなく、フース・ヒディンクに交代しても同様だった。2006 FIFAワールドカップ後にグラハム・アーノルドが就任すると、2006-07シーズンのパフォーマスが認められ久しぶりに招集され、2007年3月の中国戦で途中出場し、3年ぶりにピッチに立った。また、同年6月のウルグアイ戦も出場した。

アーノルド監督にAFCアジアカップ2007のメンバーに選ばれると、グループリーグの出番はなかったものの、ベスト8の日本戦で後半から出場。PK戦ではキッカーを務め役目を果たすもチームは敗退した。

2007年11月18日、ロンドンクレイヴン・コテージで行われたナイジェリア戦で初先発し、デヴィッド・カーニーと共に出色の出来だった[15]ピム・ファーベークが監督に就任すると出場機会は限られ、2010 FIFAワールドカップの最初の30人のリストには掲載されたが、最終的にメンバーから漏れた[16]

タイトル[編集]

脚注[編集]