ニック・クラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニック・クラールNick Krall)は、MLBシンシナティ・レッズゼネラルマネージャー (GM)(2018年5月 - )。

来歴[編集]

ペンシルベニア州ヨーク郡ヨーク生まれ。2001年オークランド・アスレチックスのフロント入りし、2年間野球部門で従事する。

2003年にはシンシナティ・レッズに移籍し、スカウトを務める。2008年オフには野球部門のアシスタントディレクター、2014年オフに野球部門のシニアディレクターなどを歴任した後、2015年のオフにGM補佐に就任した。2018年には、GMのディック・ウィリアムズが野球部門に就任するのに伴ってGMに昇格し、レッズのチーム再建の先頭に立つ立場となった[1]

脚注[編集]

  1. ^ John Fay (2018年5月10日). “Cincinnati Reds promote Nick Krall to general manager to 'cover all the bases'” (英語). Cincinnati.com. 2019年4月22日閲覧。