ニック・グリーン (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニック・グリーン
Nick Green
Nick Green 2009.jpg
ボストン・レッドソックス時代
(2009年7月1日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ペンサコーラ
生年月日 (1978-09-10) 1978年9月10日(40歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手二塁手遊撃手三塁手
プロ入り 1998年 ドラフト32巡目でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 2004年5月15日 ミルウォーキー・ブルワーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ニコラス・アンソニー・グリーンNicholas Anthony Green, 1978年9月10日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ペンサコーラ出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入りとブレーブス時代[編集]

1998年MLBドラフトアトランタ・ブレーブスから32巡目指名を受け、入団。

2004年5月15日ミルウォーキー・ブルワーズ戦で、メジャーデビューを果たした。ブルックス・キーシュニックからメジャー初安打を記録した。7月2日ボストン・レッドソックス戦で延長の12回に、メジャー初本塁打を記録した。この年のディビジョンシリーズに出場している。

デビルレイズ時代[編集]

2005年に、ホルヘ・ソーサとのトレードタンパベイ・デビルレイズへ移籍した。111試合に出場した。

2006年は、デビルレイズでは、僅か17試合の出場となった。5月17日DFAとなった。

ヤンキース時代[編集]

2006年5月24日に金銭トレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍し、傘下のAAA級コロンバス・クリッパーズへ異動となった。7月2日にメジャーに昇格した。オフの10月17日FAとなった。

パイレーツ傘下時代[編集]

2007年は、ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結び、傘下のAAA級インディアナポリス・インディアンスでプレーしていた。

マリナーズ時代[編集]

2007年6月20日シアトル・マリナーズへトレードされ、傘下のAAA級タコマ・レイニアーズへ異動した。9月4日にメジャーに昇格した。

ヤンキース傘下時代[編集]

2008年は、ヤンキース傘下のAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースでプレーした。

レッドソックス時代[編集]

2009年は、ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。スプリングトレーニングには、招待選手として出場した。ここで、好成績を残した。この事から、開幕前に、メジャー契約を結び、開幕ロースターに名を連ねた。この年は、一時期フリオ・ルーゴジェド・ラウリーが共にDL入りしていた事から正遊撃手として出場していた。彼らの復帰後は、8月14日アレックス・ゴンザレス加入まで交互に起用された(ただし、ルーゴは7月22日にトレードでセントルイス・カージナルスへ移籍)。

2009年8月27日シカゴ・ホワイトソックス戦で、自身初めて投手を経験した。

ドジャース時代[編集]

2010年1月11日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ[1]。開幕を傘下のAAA級アルバカーキ・アイソトープスで迎えた。5月4日ラファエル・ファーカルのDL入りに伴ってメジャーに昇格した。5月28日にDFAとなり、AAAに降格した後、6月16日に解雇された。

ブルージェイズ時代[編集]

2010年6月18日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。

パドレス傘下時代[編集]

2010年7月23日サンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ。傘下のAAA級ポートランド・ビーバーズで40試合に出場した。ここでは、メジャーに昇格する事は無かった。

オリオールズ傘下時代[編集]

2011年1月28日ボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ。

レンジャース傘下時代[編集]

2011年7月19日ザック・フィリップスと金銭のトレードでテキサス・レンジャースへ移籍した[2]

マーリンズ時代[編集]

2011年12月13日マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ。

2012年は、開幕を傘下のAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズで迎えた。8月4日エミリオ・ボニファシオがDL入りしたのに伴いメジャーに2年振りに昇格した。しかし、8月16日に自身もDL入りとなった。オフの10月17日にFAとなった。

2013年1月15日にマイナー契約を結び残留した[3]。前年同様、開幕をAAA級ニューオーリンズで迎えた。4月18日アデイニー・エチェバリアがDL入りしたのに伴ってメジャーに昇格した[4]5月2日にDFAとなった後、5日にAAA級ニューオーリンズに降格した。5月7日ドノバン・ソラーノのDL入りに伴ってメジャーに再昇格した[5]が、5月29日に再びDFAとなった後、翌30日に傘下AAAに降格した。オフの10月2日にFAとなった[6]

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 20 (2004年)
  • 18 (2005年 - 2006年途中)
  • 17 (2006年途中 - 同年終了)
  • 22 (2007年、2009年、2013年)
  • 21 (2010年)
  • 3 (2012年)

脚注[編集]

関連項目[編集]