ニック・ハンドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニック・ハンドリー
Nick Hundley
フィラデルフィア・フィリーズ (マイナー)
MG 7621 Nick Hundley.jpg
コロラド・ロッキーズ時代
(2015年8月7日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オレゴン州ベントン郡コーバリス
生年月日 (1983-09-08) 1983年9月8日(35歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2005年 MLBドラフト2巡目
初出場 2008年7月4日
年俸 $2,000,000 (2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ニック・ハンドリーNick Hundley、本名:ニコラス・ジョン・"ニック"・ハンドリーNicholas John Hundley, 1983年9月8日 - )は、アメリカ合衆国オレゴン州ベントン郡コーバリス出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBフィラデルフィア・フィリーズ傘下所属。愛称はハンドHundo[2][3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2002年MLBドラフト5巡目(全体143位)でフロリダ・マーリンズから指名されたが、契約せずにアリゾナ大学に進学した[3]

プロ入りとパドレス時代[編集]

サンディエゴ・パドレス時代
(2014年2月8日)

2005年MLBドラフト2巡目(全体76位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、7月4日に契約[4]

2008年7月4日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビューを果たした[3]。7月26日のピッツバーグ・パイレーツ戦で、メジャー初本塁打を放った[5]。この年のシーズン途中から正捕手として活躍した。

2009年は前年の活躍もあり、スプリングトレーニングの時点では開幕スタメンを期待されていた[6]。シーズン中はバックアップ捕手であるヘンリー・ブランコから指導を受けていたが、手首の故障のため、6月下旬から8月上旬まで約50試合欠場した[7]

2010年は、ヨービット・トレアルバと正捕手の座を争った。

2011年も正捕手として開幕を迎えるが、内腹斜筋や肘の故障で長期離脱した[8]。8月21日のマーリンズ戦で、シーズン5本目の三塁打を放った。これはパドレスの捕手として1990年ベニート・サンティアゴが記録して以来となった。またこの内4本が8月16日から21日までの6日間で放ったものだった[9]。このようにシーズンを通して打撃好調で、規定打席未満ながらも、打率.288、9本塁打、29打点とキャリアハイの成績を残した。

2012年3月20日にパドレスと総額900万ドルの3年契約[10](2015年・500万ドルの球団オプション付き)を結んだ[11][12]。シーズン序盤は開幕から7試合連続無安打となるなどスランプに陥った。5月の月間打率は.123を記録するなど、6月終了時点で打率.166となり、6月30日にヤズマニ・グランダルとの入れ替わりでAAA級ツーソン・パドレスへ降格した。メジャー復帰する直前の8月9日にハムストリングを痛めて故障者リスト入りした[13]。その後、復帰し3試合に出場するも、右膝の半月板を損傷し、手術を受けた。

2013年はグランダルがドーピング検査で50試合の出場停止処分を受けたため、開幕から正捕手を務めた。グランダルが復帰した後は併用されるも、グランダルが故障で再び離脱したため、シーズンオフまでハンドリーが正捕手を務めた。最終的に自己最多となる114試合に出場し、自身初の二桁本塁打となる13本塁打を放った。

2014年は開幕ロースター入りし、開幕後はグランダルのバックアップとして33試合に出場。打率.271、1本塁打、3打点だった。

オリオールズ時代[編集]

ボルチモア・オリオールズ時代
(2014年7月12日)

2014年5月24日にトロイ・パットンとのトレードで、ボルチモア・オリオールズへ移籍した[14]。オリオールズでは50試合に出場して打率.233、5本塁打、19打点、1盗塁を記録した。オフの10月31日にオリオールズが500万ドルの球団オプションを破棄したため、FAとなった[4]

ロッキーズ時代[編集]

2015年1月5日にコロラド・ロッキーズと総額625万ドルの2年契約(2015年は310万ドル、2016年は315万ドル)を結んだ[15][16]

2016年11月3日にFAとなった[4]

ジャイアンツ時代[編集]

2017年1月24日にサンフランシスコ・ジャイアンツと1年200万ドルで契約を結んだ[17]。オフの11月2日にFAとなったが[18]、12月19日にジャイアンツと1年契約を結んだ[19]

2018年8月14日のロサンゼルス・ドジャース戦で、7回にドジャースのヤシエル・プイグの打席でプイグと口論を起こし乱闘に発展し、ブイクと共に退場処分を受けた[20]。オフの10月29日にFAとなった[4]

アスレチックス時代[編集]

2019年2月11日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[21]。3月19日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[22]。7月24日にDFAとなり、27日に自由契約となった[4]

フィリーズ傘下時代[編集]

2019年8月13日にフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだ[23]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 SD 60 216 198 21 47 7 1 5 71 24 0 0 0 5 11 0 2 52 1 .237 .278 .359 .637
2009 78 289 256 23 61 15 2 8 104 30 5 1 1 3 28 1 1 76 2 .238 .313 .406 .719
2010 85 307 273 33 68 18 2 8 114 43 0 5 2 6 25 0 1 66 8 .249 .308 .418 .726
2011 82 308 281 34 81 16 5 9 134 29 1 1 0 1 22 3 4 74 3 .288 .347 .477 .824
2012 58 225 204 14 32 7 1 3 50 22 0 3 1 3 22 2 2 56 4 .157 .219 .245 .464
2013 114 408 373 35 87 19 0 13 145 44 1 0 1 3 26 5 5 98 7 .233 .290 .389 .679
2014 33 59 59 1 16 3 0 1 22 3 0 0 0 0 0 0 0 13 1 .271 .271 .373 .644
BAL 50 174 159 17 37 4 0 5 56 19 1 0 2 3 10 0 0 50 2 .233 .273 .352 .625
'14計 83 233 218 18 53 7 0 6 78 22 1 0 2 3 10 0 0 63 3 .243 .273 .358 .631
2015 COL 103 389 366 45 110 21 5 10 171 43 5 6 0 1 21 0 1 76 8 .301 .339 .467 .807
2016 83 317 289 30 75 20 1 10 127 48 0 0 1 1 25 3 1 65 12 .260 .320 .439 .759
2017 SF 101 303 287 27 70 23 0 9 120 35 0 0 2 2 12 2 0 81 6 .244 .272 .418 .691
2018 96 305 282 34 68 13 2 10 115 31 2 1 0 0 22 2 1 85 8 .241 .298 .408 .706
MLB:11年 943 3300 3027 314 752 166 19 91 1229 371 15 17 10 28 217 18 18 792 62 .248 .300 .406 .706
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手(C) 左翼(LF)


































2008 SD 59 366 32 4 4 .990 4 56 42 14 .250 -
2009 74 515 35 6 5 .989 7 70 56 14 .200 1 1 0 0 0 1.000
2010 76 632 28 4 6 .994 6 59 41 17 .288 -
2011 76 501 60 6 8 .989 4 89 57 32 .360 -
2012 56 426 48 4 1 .992 3 79 54 25 .316 -
2013 112 729 63 10 12 .988 4 109 81 28 .257 -
2014 14 74 5 0 2 1.000 2 9 9 0 .000 -
BAL 49 362 25 2 4 .995 2 27 22 5 .185 -
'14計 63 436 30 2 6 .996 4 36 31 5 .139 -
2015 COL 102 643 51 5 5 .993 5 76 50 26 .342 -
2016 79 554 38 7 3 .988 8 66 57 9 .136 -
2017 SF 82 510 30 7 3 .987 5 51 36 15 .294 -
2018 83 566 27 6 2 .990 6 61 48 13 .213 -
MLB 862 5878 442 61 55 .990 56 751 553 198 .264 1 1 0 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 61(2008年 - 同年途中)
  • 4(2008年途中 - 2014年途中、2015年 - 2016年) 
  • 40(2014年途中 - 同年終了)
  • 5(2017年 - 2018年)
  • 3(2019年)

脚注[編集]

  1. ^ Nick Hundley Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年1月25日閲覧。
  2. ^ Chris Haft (2017年8月24日). “Giants Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2017年12月20日閲覧。
  3. ^ a b c Baseball-Reference参照。2017年12月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e MLB公式プロフィール参照。2019年7月28日閲覧。
  5. ^ Nick Hundley 2008 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2017年12月20日閲覧。
  6. ^ USA Today Sports Weekly's 100 Names You Need to Know” (英語). USA Today Sports Weekly (2009年2月5日). 2013年12月17日閲覧。
  7. ^ Amy Brittain (2009年8月3日). “Hundley set to go on rehab assignment” (英語). MLB.com. 2017年12月20日閲覧。
  8. ^ Jeff Sullivan (2011年7月8日). “Nick Hundley Injury: Padres Catcher To Have Elbow Surgery” (英語). SBNation.com. 2012年7月5日閲覧。
  9. ^ “Padres walk off in ninth to finish four-game sweep of Marlins” (英語). Associated Press. ESPN. (2011年8月21日). http://scores.espn.go.com/mlb/recap?gameId=310821125 2011年8月22日閲覧。 
  10. ^ 2012年は200万ドル、2013年は300万ドル、2014年は400万ドル。
  11. ^ “Padres agree to terms with catcher Nick Hundley” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2012年3月20日), http://sandiego.padres.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20120320&content_id=27443210&vkey=pr_sd&c_id=sd 2017年12月20日閲覧。 
  12. ^ Ben Nicholson-Smith (2012年3月20日). “Padres Extend Nick Hundley” (英語). MLB Trade Rumors. 2014年12月23日閲覧。
  13. ^ George Von Benko (2017年12月20日). “Hundley excited to be back with Padres” (英語). MLB.com. 2012年11月12日閲覧。
  14. ^ “Orioles Acquire C Nick Hundley from San Diego” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2014年5月24日), http://baltimore.orioles.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140524&content_id=76638182&vkey=pr_bal&c_id=bal 2017年12月20日閲覧。 
  15. ^ Thomas Harding (2015年1月5日). “Catcher Hundley, Rockies agree to 2-year deal” (英語). MLB.com. 2017年12月20日閲覧。
  16. ^ Rockies add catcher Nick Hundley”. ESPN MLB (2015年1月5日). 2015年1月6日閲覧。
  17. ^ Chris Haft (2017年1月24日). “Giants, Hundley agree on 1-year deal for '17” (英語). MLB.com. 2017年12月20日閲覧。
  18. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月28日閲覧
  19. ^ Chris Haft (2017年12月19日). “Hundley stays with Giants on 1-year deal” (英語). MLB.com. 2017年12月20日閲覧。
  20. ^ 乱闘騒ぎで“顔面パンチ“のドジャース・プイグ、2試合の出場停止処分にFull-Count 2018年8月17日(2018年8月28日閲覧)
  21. ^ Jane Lee (2019年2月11日). “A's ink backstop Hundley to Minors deal” (英語). MLB.com. 2019年3月20日閲覧。
  22. ^ Steve Adams (2019年3月19日). “Athletics Select Nick Hundley’s Contract” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年3月20日閲覧。
  23. ^ Mark Polishuk (2019年8月13日). “Phillies To Sign Nick Hundley” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年8月15日閲覧。

関連項目[編集]