ニック・マーゲビチウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニック・マーゲビチウス
Nick Margevicius
サンディエゴ・パドレス #25
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州カヤホガ郡ノースロイヤルトン英語版
生年月日 (1996-06-18) 1996年6月18日(23歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 MLBドラフト7巡目
初出場 2019年3月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ニコラス・マーゲビチウスNicholas Margevicius, 1996年6月18日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州カヤホガ郡ノースロイヤルトン英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBサンディエゴ・パドレス所属。

経歴[編集]

2017年MLBドラフト7巡目(全体198位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・パドレスでプロデビュー。A-級トリシティ・ダストデビルズ英語版でもプレーし、2球団合計で11試合(先発10試合)に登板して4勝1敗1セーブ、防御率1.31、62奪三振を記録した。

2018年はA級フォートウェイン・ティンキャップス英語版とA+級レイクエルシノア・ストーム英語版でプレーし、2球団合計で23試合(先発22試合)に登板して10勝8敗、防御率3.60、146奪三振を記録した。また、テキサスリーグのプレーオフでAA級サンアントニオ・ミッションズの一員としても登板した[1]

2019年はシーズン開幕日の3月28日、2日後の30日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りすると報じられた[2]。当日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャーデビュー(5回1失点で敗戦投手)[3]。そこから先発ローテーション入りした。

投球スタイル[編集]

平均88mph(約141.6km/h)のフォーシームが投球の約半分を占め、それにスライダーカーブ、まれにチェンジアップを交える[4]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 25(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Nick Stevens (2018年9月9日). “San Diego Padres: Nick Margevicius Debut Sends San Antonio To Game Five” (英語). Friars on base.com. 2018年11月9日閲覧。
  2. ^ Kevin Acee (2019年3月28日). “Padres set opening day roster; Margevicius to come” (英語). San Diego Union Tribune. 2019年5月14日閲覧。
  3. ^ San Francisco Giants at San Diego Padres Box Score, March 30, 2019” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年5月15日閲覧。
  4. ^ Nick Margevicius Pitching Stat Details”. Baseball Cube. 2019年5月15日閲覧。

関連項目[編集]