ニッポンシネマコーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ニッポンシネマコーポレーション
Nippon Cinema Corporation
種類 株式会社
市場情報 消滅
略称 NCC
本社所在地 日本の旗 日本
東京都千代田区有楽町1-12 日本生命館
設立 1948年3月
業種 サービス業
事業内容 映画の輸入配給
関係する人物 曾我正史
加藤辰彌
特記事項:
1948年3月 創立
1961年7月 合併して日本ヘラルド映画株式会社(現在の角川映画
テンプレートを表示

株式会社ニッポンシネマコーポレーション(Nippon Cinema Corporation, 1948年3月 - 1961年7月 合併)は、かつて存在した日本の映画会社である。略称はNCCである。1960年代後半に日本で配給業務を行ったニュー・シネマ・コーポレーション(NCC)とは別の企業である。

略歴・概要[編集]

1945年(昭和20年)8月15日の第二次世界大戦終了以降、日本でもアメリカ映画を中心とした連合国の映画が解禁になり、同社は、1948年(昭和23年)3月、その流れのなかで設立され[1]、広く欧米の映画を日本に紹介した。

アメリカのインディペンデント映画会社であるリパブリック・ピクチャーズと共同で同社の映画を配給するほか、英国映画協会の日本事務所と組んでイギリス映画イタリフィルムと組んでイタリア映画等を配給したほか、北欧映画、外映協(外国映画輸入配給協会)、日活大映とも共同配給を行った。戦前に製作された作品も、さかのぼって初公開した。

同社の会長を務めた曾我正史は、戦前の映画監督・振津嵐峡としても知られ、戦後大映の専務取締役、1958年(昭和33年)には大映を退社し、日映を設立した人物である[2]。また会長を歴任した加藤辰彌は外国映画輸入協会会長も務めた。

1957年(昭和32年)、ヘラルド映画が北欧映画と合併し、1960年(昭和35年)からはヘラルド映画とも共同配給を進めたが、1961年(昭和36年)7月、ヘラルド映画株式会社と合併して、日本ヘラルド映画株式会社(現在の角川映画)となり、消滅した。

おもなフィルモグラフィ[編集]

製作年順、すべて配給

戦前作品[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

  • 『灼熱の勇者』 The Magnificent Matador : 監督バッド・ベティカー、1955年 - 共同配給エイショウ・トレイディング・カンパニー
  • 『悪の塔』 La Tour De Nesle : 監督アベル・ガンス、1955年 - 共同配給北欧映画
  • 『レイテ沖海空戦 永遠の海原』 The Eternal Sea : 監督ジョン・H・オーア、1955年 - 共同配給リパブリック日本支社
  • 『白昼の対決』 A Man Alone : 監督レイ・ミランド、1955年 - 共同配給リパブリック
  • 『サンタフェへの道』 Santa Fe Passage : 1955年 - 共同配給リパブリック日本支社
  • 『巴里野郎』 Paris-Canaille : 1955年 - 共同配給ユニオン
  • 『ザンザブク』 Zanzabuku : 1955年 - 共同配給リパブリック
  • 『愛の交響楽』 Sinfonia D'Amore : 1955年 - 共同配給イタリフィルム
  • 『野性地帯』 Timberjack : 監督ジョセフ・ケイン、1955年 - 共同配給リパブリック日本支社
  • 『デンヴァーの狼』 The Road to Denver : 1955年 - 共同配給リパブリック
  • 『硝煙のユタ荒原』 The Vanishing American : 1955年 - 共同配給リパブリック
  • 地下水道Kanal : 1956年 - 共同配給日活
  • 『この神聖なお転婆娘』 Cette Sacree Gamine : 1956年
  • 『侵略者』 Attira : 監督ピエトロ・フランシスキ、1956年 - 共同配給イタリフィルム
  • 『銀盤のリズム』 Symphonie in Gold : 1956年
  • 『他国者は殺せ』 Goubbiah : 1956年 - 共同配給ユニオン
  • 『烙印なき男』 The Marverick Queen : 1956年 - 共同配給リパブリック
  • 『地獄の分れ道』 Hell's Crossroad : 1956年 - 共同配給リパブリック
  • 『早射ち二連銃』 Thunder over Arizona : 1956年 - 共同配給リパブリック
  • 鉄道員Il Ferroviere : 監督ピエトロ・ジェルミ、1956年 - 共同配給イタリフィルム
  • 『恋愛時代』 Giorni d'amore : 監督ジュゼッペ・デ・サンティス、1956年 - 共同配給イタリフィルム
  • 『暗黒街は俺のものだ』 Il Mondo Sera' Nostro : 1956年 - 共同配給大映
  • 『争斗の丘』 Dakota Incident : 監督ルイス・R・フォスター、1956年
  • 『リスボン』 Lisbon : 監督レイ・ミランド、1956年 - 共同配給リパブリック
  • 『密林の豹人』 Jaguar : 1956年 - 共同配給リパブリック
  • 『戦う太鼓』 Daniel Boone Trail Blazer : 1956年 - 共同配給リパブリック
  • 赤い崖Kiss before Dying : 監督ゲルト・オズワルド、1958年
  • 『脱獄十二時間』 12 Heures d'Horloge : 1958年
  • 『鉄条網』 Taiga : 監督ヴォルフガング・リーベンアイナー、1958年
  • 『大いなる神秘 王城の掟』 Der Tiger von Eschnapur : 1958年
  • 『カチューシャ物語』 Anferstehuug : 監督ロルフ・ハンゼン、1958年
  • 『南極地域観測隊第一回越冬の記録 十一人の越冬隊』 : 1958年
  • オーロラの彼方にLaila : 監督ロルフ・フスベルク、1958年
  • 『裸の大陸』 Hito Hito : 1958年
  • 『暴れ者』 Kiss the Blood Off My Hands : 監督ノーマン・フォスター、1948年 - 共同配給リパブリック
  • 『白昼の市街戦 暴力への回答』 Answer to Violence : 1958年
  • 『拳銃が支配する』 Man or Gun : 監督アルバート・C・ガナウェイ、1958年 - 共同配給リパブリック

1960年代[編集]

  • 『ラインの仮橋』 Le Passage du Rhin : 監督アンドレ・カイヤット、1960年
  • 『鉄十字軍』 Krzyzacy : 監督アレクサンドル・フォルド、1960年
  • 『艶ほくろ』 L'Affaire d'une Nuit : 監督アンリ・ヴェルヌイユ、1960年
  • 『バレン』 The Savage Innocents : 監督ニコラス・レイ、1960年
  • 『危険な階段』 Les Scelerats : 監督ロベール・オッセン、1960年
  • 『牝牛と兵隊』 La Vache et le Prisonnier : 監督アンリ・ヴェルヌイユ、1960年
  • 『不沈母艦サラトガ』 Battle Station : 監督、1960年 - 共同配給ヘラルド映画
  • 『熱風』 Os Bandeirantes : 監督マルセル・カミュ、1960年- 共同配給ヘラルド映画

[編集]

  1. ^ 『戦後日本のメディア・イベント 1945-1960年』、津金澤聰廣世界思想社、2002年3月 ISBN 4790709175, 年表。
  2. ^ 日本映画発達史 IV 史上最高の映画時代』、田中純一郎、1976年3月10日 ISBN 4122003156, p.451.