ニビャ・マリーニョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月
ニビャ・エリーダ・マリーニョ・ベッリーニ
生誕 (1920-03-23) 1920年3月23日
出身地 ウルグアイの旗 ウルグアイモンテビデオ
死没 (2014-09-01) 2014年9月1日(94歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ニビャ・エリーダ・マリーニョ・ベッリーニ(Nibya Élida Mariño Bellini, 1920年3月23日 - 2014年9月1日)は、ウルグアイ出身のピアノ奏者[1][2][3][4]

モンテビデオの出身。幼少期からヴィルヘルム・コリシェに音楽を学び、6歳で初舞台を踏んだ。11歳の時にブエノスアイレスコロン劇場エルネスト・アンセルメの指揮によりロベルト・シューマンのピアノ協奏曲を弾いてデビューを飾った。その後、ウルグアイ政府の計らいにより、パリに留学し、1935年からエコールノルマル音楽院アルフレッド・コルトーマルセル・シャンピに師事。また、アメリカクラウディオ・アラウの薫陶も受けた。1938年のウジェーヌ・イザイ・コンクールで5位入賞を果たし、第二次世界大戦後に欧米でリサイタルを開いて好評を博したが、1950年代からウルグアイ国内に演奏活動を制限した。

モンテビデオにて没。

[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ [4]