ニュージーランドダービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニュージーランドダービーNew Zealand Derby)は、ニュージーランドダービーに相当する競走。オークランドエラズリー競馬場で行なわれる。3歳馬のための2400メートル戦で、2013年現在の格付けはG1

ニュージーランドダービー
(New Zealand Derby)
主催者 オークランド競馬会(ARC)
競馬場 NZ/オークランド,エラズリー競馬場
距離 芝2400メートル
格付け G1
賞金 賞金総額75万NZドル
出走条件 3歳
テンプレートを表示

概要[編集]

1973年に、北島グレートノーザンダービー1875年創設)と南島旧ニュージーランドダービー1860年創設)を統合して創設された。

創設当初はニュージーランドの競馬シーズンの終盤である5月(秋)に行なわれ、国内3歳戦の総決算の意味合いが濃かった。2004年にサマーカーニバル(年末年始)のボクシング・デー(ニュージーランドの祝日で12月26日)に行なわれるようになり、さらに2006年からは3月のオークランドカップウィークの初日、3月最初の土曜日に施行されるようになった。この結果、ニュージーランドダービーをステップに、数週間後に行なわれるオーストラリアンダービー(旧名AJCダービー)に出走できるようになった。2013年現在、両競走を勝った馬は出ていない。

歴史[編集]

ニュージーランドの競馬の歴史は1841年に始まる。1840年に締結されたワイタンギ条約によってニュージーランド全土がイギリス領となり、その1周年にあたる1841年に海岸で競馬を行ったのがニュージーランドの競馬の発祥である[1][2]

1860年に南島のクライストチャーチで旧ニュージーランドダービーが創設され、1875年には北島のオークランドでもグレートノーザンダービーが創設された。このほか国内各地の競馬会がそれぞれダービーを行っていたものの、旧ニュージーランドダービー(CJCダービー、カンタベリーダービー)とグレートノーザンダービー(ARCダービー、ARCグレートノーザンダービー)が、ニュージーランドの二大ダービーとして約100年間行なわれてきた[3][2][1]

1973年に国内のクラシック体系の再編成があり、旧ニュージーランドダービーとグレートノーザンダービーを統合し、北島のオークランド(エラズリー競馬場)で「ニュージーランドダービー」として開催することになった。一方、ダービーがなくなる南島には、新たにニュージーランド2000ギニーが創設された[1]

歴代優勝馬[編集]

施行年 優勝馬 優勝馬の父 備考
1973 Furys Order Indian Order
1974 Mansingh Wilkes
1975 Balmerino Trictrac
1976 Silver Lad Silver Dream
1977 Uncle Remus Bandmaster
1978 Kaiser Ruling
1979 Ruling Lad Ruling
1980 Ring The Bell Rangong
1981 Isle Of Man Habitation
1982 Our Flight Imperial Guard
1983 I'm Henry Entrepreneur
1984 Jolly Jake Three Legs
1985 ボーンクラッシャー Pag Asa
1986 Tidal Light Diagramatic
1987 Satisfy Top Quality
1988 The Gentry Mr. Mcginty
1989 Castletown One Pound Sterling
1990 Surfers Paradise Crested Wave
1991 Cavallieri Gaius
1992 The Phantom Chance Noble Bijou
1993 Popsy Sir Tristram
1994 Look Who's Talking Grosvenor
1995 Roysyn Bakharoff
1996 Great Command Marscay
1997 Zonda Zabeel
1998 So Casual Casual Lies
1999 Hades Zabeel
2000 Hail South Stark
2001 Leica Guv Deputy Governor
2002 St Reims Zabeel
2003 Cut The Cake ヤマニンバイタル
2004 Xcellent Pentire
2005 ※開催時期移動
2006 Wahid Nordenfeldt
2007 Redoute's Dancer Almutawakel
2008 C'est La Guerre Redoute's Choice
2009 Coniston Bluebird シンコウキング
2010 Military Move Scenic
2011 Jimmy Choux Volksraad
2012 Silent Achiever Thorn Park
2013 Habibi O'Reilly
2014 Puccini Encosta De Lago
2015[4] Mongolian Khan
2016 Rangipo[5]
2017[6] Gingernuts
2018[7] Vin De Dance ロックドゥカンブ
2019[8] Crown Prosecutor Medaglia D'Oro

※2005年は、2004/05シーズンの開催が2004年12月、2005/06シーズンの開催が2006年1月に行われたので、2005年に属する開催は存在しない。

出典・注釈[編集]

  1. ^ a b c 『競馬百科』日本中央競馬会・編、みんと・刊、1976、p420-421「ニュージーランド」
  2. ^ a b 『競馬の世界史』ロジャー・ロングリグ・著、原田俊治・訳、日本中央競馬会弘済会・刊、1976、p254-262「オーストラリアとニュージーランド」
  3. ^ 『海外競馬完全読本』海外競馬編集部・編、東邦出版・刊、2006、p134-135
  4. ^ 2015年レース結果 - レーシングポスト 2015年2月28日閲覧
  5. ^ 2016年結果breednet.com 2016年3月7日閲覧
  6. ^ 2017年結果breednet.com 2017年3月4日閲覧
  7. ^ 2018年結果breednet.com 2018年3月4日閲覧
  8. ^ 2019年ニュージーランドダービー”. breednet.com (2019年3月2日). 2019年3月2日閲覧。

関連リンク[編集]