ニュースエコー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニュースエコー
NEWS ECHO
Iwate Broadcasting Company.JPG
生放送が行われるIBC岩手放送本社
ジャンル 報道番組
放送時間 月曜日 - 金曜日18:15~18:55(40分)
放送期間 1977年4月4日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 IBC岩手放送
出演者 江幡平三郎
浅見智
甲斐谷望
外部リンク IBC NEWS
テンプレートを表示

ニュースエコー』(NEWS ECHO)は、IBC岩手放送(IBCテレビ)で放送している夕方のローカルニュース番組

概要[編集]

1977年4月4日にスタートし、現在ではIBC及び岩手県内民放テレビ4局のローカル番組中では、一番の長寿番組である。

夕方のニュース番組においては、他県のJNN系列局で「テレポート」「ニュースの森」「イブニングニュース」「総力報道!THE NEWS」「Nスタ」といった、キー局の番組に倣ったタイトルに移行する局が続出している中、「IBCニュースエコー」は綿々とその看板を維持し続けている。

テーマ曲やジングル等は、1980年代から2009年まで音楽家の佐藤将展(元姫神せんせいしょん)が一貫して作曲。「岩手日報IBCニュース」のテーマ曲は「IBCニュースエコー」のテーマ曲を短縮、あるいはアレンジしたものを使用するのが通例となっていた。2009年のリニューアルでは音源集の曲が採用された(現在は再びオリジナル曲)。

他県の成功例に刺激されてか、1990年4月から1997年3月までは土曜日も17:30(1996年4月より18:00開始に変更)から放送した。また、1999年10月から2001年9月まで、平日の深夜帯(24:50 - 25:05)にダイジェスト放送を行ったこともある。

OP映像の右下に最後『協力:岩手日報』とクレジットされているが、「岩手日報IBCニュース」同様、同社は番組内容にはあまり関与していない(IBCと岩手日報の協力関係を示すための表示)。

地上デジタル放送の本放送開始と同時に、タイトル画のみハイビジョンとなったものの、本編のハイビジョン放送開始は2007年7月2日からとなった。

放送時間[編集]

  • 月曜 - 金曜 18:15 - 18:55(2010年3月29日 - 現在)

過去の放送時間[編集]

  • 月曜 - 金曜 18:00 - 18:30(1977年4月4日 - 1990年3月30日)
  • 月曜 - 金曜 18:30 - 19:00(1990年4月2日 - 2000年3月31日)
  • 月曜 - 金曜 18:21 - 19:00(2000年4月3日 - 2002年3月29日)
  • 月曜 - 金曜 18:20 - 19:00(2002年4月1日 - 2005年3月25日)
  • 月曜 - 金曜 18:16 - 19:00(2005年3月28日 - 2009年3月27日)
  • 月曜 - 金曜 18:05 - 18:45(2009年3月30日 - 2009年9月25日)
  • 月曜 - 金曜 17:50 - 18:40(2009年9月28日 - 2010年3月26日)

キャスター[編集]

現在[編集]

すべてIBCアナ

メインキャスター[編集]

  • 月曜~水曜 江幡平三郎(2016年3月28日~)※不在時は浅見が担当。
  • 木曜・金曜 浅見智(2005年3月28日 - 2009年3月27日 サブキャスター→2009年3月30日 - 2012年9月 月~金メインキャスター→2012年10月 - 番組卒業(2013年3月28日)までは月~木担当→一旦卒業→2015年4月1日~ 2年ぶりに木・金メインキャスターとして復帰)※不在時は江幡が担当。

サブキャスター・気象情報MC[編集]

  • 月曜〜水曜 奥村奈穂美(2004年4月 - 2005年3月【木・金】、2009年4月 - 2011年3月【月~金】、2016年4月 - 2016年9月【月~水】→10月から産休。2018年1月復帰)※不在時は甲斐谷が担当。
  • 木曜〜金曜 甲斐谷望(2013年4月 - 2015年3月【月~木】、2015年4月 - 2016年3月【月~水】、2016年4月 - 同9月【木・金】、2016年10月 - 2018年1月【月~金】[1])※不在時は奥村が担当。

過去[編集]

すべてIBCアナ(異動、退社した者は当時)

メインキャスター[編集]

  • 河辺邦博(現:IBCアナウンス学院長)
番組開始時からメインキャスターを務める。伊東に一時その座を譲り、報道記者、ラジオパーソナリティなどを務めたが、照井に代わり2000年10月に番組に復帰。2004年4月のリニューアルと同時に降板。
  • 錦織渓吉
  • 伊東秀一
  • 村松文代(1986年 - 1999年3月、2004年4月 - 2009年3月、報道部専任部長兼務)
  • 照井健(土曜日、1999年4月 - 2000年9月 月曜~金曜、2013年4月 - 2015年3月 月曜〜木曜→2015年4月 - 2016年3月 月曜〜水曜)
金曜メインキャスター[編集]

サブキャスター[編集]

  • 八重樫尚子(1977年 - )
  • 粟田真由美( - 1985年)
  • 伊藤美幸
  • 田代親世(現:映画ライター)
  • 神山浩樹(1994年4月 - 1996年3月)※2000年4月から2004年3月まで毎週金曜日に気象情報を担当。
  • 伊東秀一(1996年4月 - 1999年3月 現:テレビ信州アナウンサー)
  • 風見好栄(1999年4月 - 2002年9月)
  • 瀬谷佳子(2002年10月 - 2004年3月)※現在もIBC報道記者として不定期出演。
  • 貞平麻衣子(2004年4月 - 2005年3月 月~水担当キャスター。その後気象情報を担当し、2007年3月退社。)
  • 奥村奈穂美(2004年4月 - 2005年3月 木・金、2009年3月30日 - 2011年4月1日 月~金、2016年3月28日 - 2016年9月23日 月~水担当→10月から産休。)
  • 浅見智(2005年4月 - 2009年3月 村松と月~金担当、翌4月から月~金メインに昇格。)
  • 土村萌(2011年4月4日 - 2012年9月 月~金→2012年10月 - 2013年3月28日までは月~木担当し降板。その後、2013年11月末日に退社した。)
  • 松原友希(2012年10月 - 2015年3月 金曜日→2015年4月 - 2016年3月までは 木・金担当し、降板。)
金曜サブキャスター[編集]

スポーツキャスター[編集]

1980年代後半には水曜日と金曜日にスポーツコーナーが設けられ、スポーツキャスターがいた。

  • 菊池充(野球、ラグビー等1980年代半ばまでスポーツ実況を担当、後に宮古支社で報道記者)
  • 近藤敏行
  • 照井健
  • 吉井祥博(現:テレビ神奈川アナウンサー)
  • 田中康男(金曜特集『がんスポ!』担当)
県南支社転勤に伴い、2009年12月降板。

主な内容[編集]

  • 岩手県内のニュースを伝える他、岩手県内のスポーツを特集する『スポーツI』、復興への取り組みを追った『復興への羅針盤』、県内の事件や身近な社会問題を解説する『チューモク』など月曜から金曜まで特集コーナーを設けている。

歴史[編集]

  • 1977年4月4日 - 放送開始。当時のキャスターは河辺邦博、八重樫尚子(当時の放送時間は、月 - 金 18:00 - 18:30)。
  • 1990年4月2日 - 全国ニュースがそれまでの18:30 - 19:00だったものが、18:00 - 18:30に移動(JNNニュースコープの枠が、JNNニュースの森の枠になったため)したため、放送時間が30分繰り下がり、18:30 - 19:00となる。
  • 1999年4月 - 照井健風見好栄がキャスターに就任。
  • 2000年 - 秋の改編で河辺邦博がメインキャスターに復帰。気象コーナーに神山浩樹を起用。
  • 2002年 - 秋の改編で風見好栄に代わり瀬谷佳子をサブキャスターに起用。20年近く使用してきた報道部内のオープンスタジオから、第1スタジオでの放送に変更。
  • 2004年4月5日 - タイトルロゴ・セット等を大幅に変更し、メインキャスターに1999年3月に降板した村松文代を再び、サブキャスターに新人の貞平麻衣子奥村奈穂美を起用。毎週金曜日に特集コーナー「140万人の堪忍袋!」を新設。
  • 2004年10月4日 - テロップをJNNニュースの森と同じものに変更。
  • 2005年3月28日 - 貞平、奥村が天気予報担当となり、サブキャスターに浅見智を起用(番組審議会の意見で男女のキャスターの方がいいという意見が圧倒的に多かったためとみられる)。イブニング・ファイブの開始に伴い、開始時間を今までの18:20から18:16に繰り上げ、テロップをJNNイブニング・ニュースをベースとしたものに変更。
  • 2005年10月7日 - 毎週金曜日に県内のスポーツ活動や週末の県内のスポーツ情報などを紹介するコーナー「がんスポ!」を新設。
  • 2006年4月3日 - 放送開始30周年を迎える。
  • 2006年10月2日 - 地上デジタル放送の本放送開始に合わせ、テーマ曲、オープニング・エンディングCG、スタジオセットをリニューアル(オープニング・エンディングCGのみハイビジョンに対応)
  • 2006年12月12日 - 放送回数8000回を突破した。
  • 2007年7月2日 - 地上デジタル放送において、本編のハイビジョン放送を開始。
  • 2008年10月1日 - イブニング・ファイブ内で放送のスポーツコーナーのネットを開始。
  • 2009年3月30日 - 総力報道!THE NEWSの開始に伴い、放送時間を18:05 - 18:45に移動し、タイトルロゴ、テーマ曲、テロップを一新(=IBC及び当番組独自デザインの見出し字・テロップを全廃し、全て「総力報道!THE NEWS」全国パートと同一デザインに衣替え)。村松が降板、浅見がメインに昇格。また、昇格した浅見に代わり、奥村を再びサブキャスターに起用。
  • 2009年9月28日 - 番組改編により、放送時間を17:50 - 18:40に変更。また、全国ニュースとしてイブニングワイドを内包する。
  • 2010年3月29日 - Nスタの開始に伴い、放送時間を18:15 - 18:55に変更。また、見出し・テロップのデザインをNスタと同一のもの(JNN統一フォーマット)に変更。
  • 2011年4月4日 - 東日本大震災の発生により、震災関連報道が番組の中心となる。奥村に代わりサブキャスターに土村萌を起用。
  • 2012年4月2日 - スタジオセット、番組ロゴ、テーマ曲等のリニューアル。震災後休止していた曜日特集の復活。
  • 2012年10月1日 - 放送スタイルをリニューアル前のデスクを用いたものに戻す。金曜キャスターに神山、松原友希を起用。被災地の状況を報告する「仮設住宅は今」のコーナーを開始。
  • 2013年4月1日 - 番組ロゴ、テーマ曲、テロップ等の再リニューアル。キャスターを8年間務めた浅見が卒業、それに代わって照井健が復帰。土村が番組を卒業し、甲斐谷望をサブキャスターとして起用。
  • 2014年10月3日 - 放送回数10000回を突破した。
  • 2015年3月30日 - スタジオセットの一部変更。神山に代わり浅見が復帰、松原と木・金曜を担当。
  • 2016年3月28日 - 番組ロゴ・テーマ曲・スタジオセット・テロップ等をリニューアル。メインキャスターに江幡平三郎を起用。奥村のキャスター復帰。
  • 2016年9月23日 - 奥村が半年で卒業、代わって木・金曜担当の甲斐谷が全曜日のサブMCを担当することになった。
  • 2018年1月15日 - 産休の為一時降板してた奥村が復帰

その他[編集]

  • JNN各系列局の同時間帯ローカルニュースと素材を交換する企画が時折放送される。
  • かつてはJNN東北・北海道交換ニュース(当放送局及び北海道放送青森テレビ東北放送福島テレビ、のちにテレビユー福島の5局)も放送していた。現在も不定期に北海道・東北ブロック共通企画を放送している。
  • 前述のとおり、番組テーマ曲は佐藤将展が手がけているが、2006年10月のリニューアル後、番組エンディングでのクレジットが「音楽:佐藤将展」から「音楽:オッド・イーブン」(佐藤の個人事務所)に変更された。なお、佐藤は他のIBC番組でもテーマ音楽を手がけている。
  • 土曜日の放送が18:00開始となった1996年4月からは、毎日放送製作全国ネットのアニメ(『ママはぽよぽよザウルスがお好き』の途中から『ウルトラマンティガ』の途中まで)と放送枠を交換した為、アニメ枠は1週遅れの17:30開始となっていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月~水曜担当の奥村奈穂美が産休に入ったため。