ニューユーマート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社ニューユーマート
New Uneed Mart
Uneed logo.png
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
812-0038
福岡県福岡市博多区祇園町7-20
設立 1987年12月1日
業種 小売業
事業内容 スーパーマーケットの運営
代表者 高井与平(代表取締役社長)合併時[1]
資本金 100百万円(1994年2月現在)[1]
売上高 2,190百万円(1994年2月期)[1]
従業員数 231名[1]
決算期 2月
主要株主  株式会社ユニードダイエー(100%)
特記事項:1994年9月1日にて丸衆商事と合併。存続会社を丸衆商事とした九州スーパーマーケットダイエーに社名変更[1]
テンプレートを表示
旧ユニードマート上白水店(現マックスバリュエクスプレス上白水店)
福岡県春日市

株式会社ニューユーマートは、かつて九州地区で「ユニード」「ユニードマート」名で小型スーパーマーケットチェーンストア展開していた、株式会社ユニードダイエーの系列子会社。株式会社ユニードが売場面積500平米以下の「ミニスーパー」を運営するために、1982年設立した株式会社ユーマートが前身である。ユニードの小型既存店を移管した後、単体でも出店を行い、同じユニード系列のスーパーマーケット他子会社を併合することで店舗網を広げた。親会社のユニードダイエーがダイエーと合併を行った1994年に、同じく小型スーパーを福岡地区で運営していたダイエーグループの丸衆商事株式会社と合併して九州スーパーマーケットダイエー株式会社となった。

概要[編集]

かつて「ユニード」の店舗名にて福岡を中心にスーパーマーケットを展開していたユニードが小型店を運営するために子会社として1982年福岡県福岡市に「ユーマート」を設立した。背景として、大規模小売店舗法の施行により、第一種大規模小売店である大型店の出店調整が難しくなり、比較的に規制が緩やかであった第二種大規模小売店規模の食品を中心とする「ミニスーパー」の出店が小売業全体で高まる傾向があった。[2]ユーマートは既存店の小型店を移管運営するとともに新店舗を出店し、グループ全体の売上を伸ばすことを目的とした。

ただ、地元の競合他社も同様の小型店舗を展開したことで過当競争になり、当初の目論見通りの利益確保は難しかった[3]。ユニードは関連子会社として、既存店を転換したディスカウント食品スーパー「Fバーンズ」、宮田地区のスーパー「ダイコー」、水巻地区の食品スーパーで日本炭礦の配給所を祖とする「ニッタン商事」[4]を持っていたが、ユーマートを含めいずれも赤字であり、本体の連結収益に影響を及ぼしていた。立て直しのため、まず1986年にFバーンズを撤退させた[5]。次に1987年にユーマートの損失を整理する目的で新会社ニューユーマートを設立。店舗と従業員を新会社に移した後、損失はユーマートに残して清算した[6]。同時にニッタン商事がダイコーを吸収合併し、大型店はユニードに移管したのち、1989年にニッタン商事をニューユーマートに吸収した。さらに体質強化のために1993年に子会社で衣料品を主体に扱う「マルフジ」を対等合併した[3]。 

1994年3月親会社ユニードダイエーがダイエーに吸収合併された[7]ことにより、事業整理のため、同じくダイエーグループで食品スーパーを展開していた丸衆商事と、1994年9月に合併することに決めた。合併理由としては同規模、商圏、業態の会社同士を合併させることで効率化を図り、多店舗展開を図るとした。存続会社は丸衆商事で、合併比率は丸衆商事1に対してニューユーマートが0.83であった[8]。新会社の名称は九州スーパーマーケットダイエー株式会社となり、その時点で店舗名は「スーパーマーケットダイエー」に統一されたため、大型店から遅れること半年で店名としてのユニード、ユニードマートは消滅した。合併時には福岡、佐賀、長崎、鹿児島の4県にユニード、ユニードマートを28店舗、マルフジを14店舗展開[1]していた[注釈 1]

沿革[編集]

  • 1982年(昭和57年)
    • 6月:株式会社ユニードの100%出資にて株式会社ユーマート設立 本社福岡市 資本金50千万円[9]。ユニード小型店を7店舗移管。[10]
    • 12月:ユニードマート金剛店新規開店[11] 
  • 1983年(昭和58年):ユニード小型店を11店舗移管[10]
  • 1986年(昭和61年):ユニードが「Fバーンズ荒江店」を閉店しディスカウントストアFバーンズから撤退。
  • 1987年(昭和62年)
    • 12月:ユニード、株式会社ニューユーマートを設立しユーマートから店舗と従業員を引き継ぐ。累積損失は切り離しユーマートをユニード負担で精算[12]
    • 12月:ユニード系列のスーパーマーケット運営子会社ダイコー(宮田町-当時)とニッタン商事(北九州市)合併。ダイコーが運営していた宮田ショッピングセンターは大型店のためユニードに移管。
  • 1989年平成1年)3月:ニッタン商事とニューユーマート合併[13]
  • 1991年平成3年)
    • 3月:親会社ユニードがユニードダイエーに社名変更 
    • 9月:ニューユーマートとして最後の新店舗 四王寺坂店開店[13]
  • 1993年(平成5年): ユニードダイエーグループで衣料品主体の小型店マルフジを吸収合併[3]
  • 1994年(平成6年)
    • 3月:親会社であるユニードダイエー、忠実屋、ダイナハがダイエーに吸収合併
    • 9月:ダイエー系列の丸衆商事株式会社と合併し九州スーパーマーケットダイエーとなる。合併時の店舗数は42店(マルフジ含む)[1]

合併時営業していた店舗[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 合併時丸衆商事株式会社は福岡、長崎両県に「マルシュウ」名で15店舗展開していた

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 九州スーパーマーケットダイエーに、ニューユーマートと丸衆.西日本新聞.(1994年8月19 日)
  2. ^ ユニード、小型店舗を積極展開へ.日本経済新聞 地方版.(1983年3月17日)
  3. ^ a b c ユニードダイエー、小規模スーパーの2子会社、収益アップ狙い合併.日本経済新聞 地方版.(1993年2月25日)
  4. ^ 増補 水巻町誌. 水巻町. (2001) 
  5. ^ 食品ディスカウントストア、「Fバーンズ」から撤退、ユニード.日本経済新聞 地方版.(1986年10月16日)
  6. ^ ユニード、系列スーパー2社を合併.日本経済新聞 地方版.(1987年7月10日)
  7. ^ ユニードダイエー吸収合併、名前消える地場の老舗.西日本新聞.(1993年6 月14日)
  8. ^ 。ダイエー系丸衆とニューユーマート、9月合併に調印.西日本新聞 朝刊.(1994年6月21)日
  9. ^ ユニード、小型店舗を積極展開へ.日本経済新聞.(1983年3月17日)
  10. ^ a b 『日本スーパーマーケット名鑑 1992年』商業界、1991年。
  11. ^ ユニード、小笹店をきょう開店.日本経済新聞 地方版.(1982年12月15日)
  12. ^ ユニード、内部留保で累損を一掃-副社長渕上和俊氏に聞く.日経金融新聞.(1988年2月4日)
  13. ^ a b 『日本スーパーマーケット名鑑 1991年』商業界、1990年。

関連項目 [編集]