ニューヨーク、狼たちの野望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニューヨーク、狼たちの野望
Staten Island
監督 ジェームズ・デモナコ
脚本 ジェームズ・デモナコ
製作 パスカル・コシュトゥー
セバスチャン・ルメルシエ
リュック・ベッソン
ピエランジュ・ル・ポギャム
製作総指揮 ジョアナ・ヴィセンテ
ジェイソン・クリオット
出演者 イーサン・ホーク
ヴィンセント・ドノフリオ
シーモア・カッセル
音楽 フレデリック・ヴェリエーレ
撮影 クリストファー・ノアー
編集 エルヴェ・ド・ルーズフランス語版
クリステル・デウィンターフランス語版
製作会社 ヨーロッパ・コープ
配給 フランスの旗 ヨーロッパ・コープ
公開 ドイツの旗 2009年2月7日[1]
フランスの旗 2009年8月5日
日本の旗 2009年10月21日[2]
アメリカ合衆国の旗 2009年11月20日
上映時間 96分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
イタリア語
テンプレートを表示

ニューヨーク、狼たちの野望』(ニューヨークおおかみたちのやぼう、Staten Island)は、2009年フランスアメリカ合作映画。

日本では2009年10月21日東京国際映画祭で上映されたが一般公開はされなかった。その後、2011年4月29日DVDが発売され、同年9月4日WOWOWで放送された。

ニューヨーク市スタテンアイランドを舞台に、3人の男(ギャングのボス、浄化槽の清掃員、聾唖のデリ店員)の人生を交錯させながら描いたオムニバス形式のサスペンス

あらすじ[編集]

エピソード1.

スタテンアイランドのギャングのボス・タルツォの家に強盗が入り、大金が奪われた上、タルツォの年老いた母親が撃たれて大怪我をする事件が起きる。 激しい怒りと憎しみで犯人の行方を追うが、その一方でタルツォはスタテンアイランドの全てを手に入れるつもりであることを部下たちに告白する。 すると早速、タルツォに暗殺の手が伸びるが、運良く助かる。 九死に一生を得て仲間のもとに向かったタルツォだったが、自分を暗殺しようとしたのが腹心の部下であることを知り、愕然とする。 全てがイヤになり、拳銃自殺をはかろうとしたタルツォは、たまたま目にした新聞記事から、伐採されようとしていた森の自然を守ろうと、木の上に居座り、抗議活動を始める。

エピソード2.

浄化槽の清掃員サリーは、遺伝子操作で優秀な子供を作ることが出来ることを知る。その費用を手に入れるために妻に内緒で同僚とギャングのボス・タルツォの家に強盗に入る。 大金をせしめ、妻マリアも無事に妊娠し、出産を待つばかりとなったサリーだったが、強盗仲間から足がつき、ギャングに追われることになる。 サリーは妻に理由を説明し、詫びた上で彼女を置いて逃げ出すが、あえなく掴まる。

エピソード3.

聾唖の老人ジャスパーはデリ店員として真面目に働くかたわら、タルツォからの依頼で死体を解体する仕事を請け負っていた。 死体解体をする中で、タルツォへの憎悪を募らせたジャスパーは、拳銃を手に入れ、タルツォ殺害を目論み準備を始める。

登場人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ European Film Market。
  2. ^ 東京国際映画祭