ニューヨーク・ゴング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニューヨーク・ゴング(New York Gong)は1978年にデヴィッド・アレンが渡米して結成したバンド。

略歴[編集]

1978年、自己のビートニクの表現を求めてニューヨークにてダウン・タウン・ミュージック・シーンのミュージシャン、ビル・ラズウェル、ロバート・クイン、フレッド・マー、マイケル・ベインホーンらとともに結成したプロジェクト。

彼らや他のミュージシャンとともに作ったトラックをもとにビデオ・アートを使ったライヴ・パフォーマンスをアレン名義で行っている。

アレンを除いたグループは『Material』と名乗り実験音楽を基調にダンス・ミュージックとミックスして1980年代のポピュラー・ミュージック・シーンを切り開いていく。

ディスコグラフィー[編集]

  • New York Gong / About Time(1980年、Charly)
  • Daevid Allen / Allen in New York(1982年、Charly)
  • Daevid Allen / Dividedallenplaybax80(1985年、Charly)

関連項目[編集]