ニューヨーク市地下鉄4系統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
4系統
シンボルマーク
ニューヨーク市地下鉄4系統の車両
ニューヨーク市地下鉄4系統の車両
基本情報
路線網 ニューヨーク市地下鉄
起点 ウッドローン駅
終点 クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅
ニューロッツ・アベニュー駅
駅数 54
経由路線 IRTジェローム・アベニュー線
IRTレキシントン・アベニュー線
IRTイースタン・パークウェイ線
IRTニューロッツ線
運営者 ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ
路線諸元
軌間 1,435 mm (標準軌)
電化方式 直流625V
NYCS map 4
NYCS map 4.svg
テンプレートを表示

ニューヨーク市地下鉄4系統(ニューヨークしちかてつ4けいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Aディビジョンの運転系統。カラーは緑で、ブロンクスではIRTジェローム・アベニュー線、マンハッタンではレキシントン・アベニュー線、ブルックリンではイースタン・パークウェイ線ニューロッツ線を経由する。クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅からニューロッツ・アベニュー駅間はラッシュ時および深夜のみ走るようになった。

概要[編集]

レキシントン・アベニュー線を通る3つの系統の1つ。基本的に同線内は5系統と共に急行運転を、平日の多くの時間で行っている。

基本はブロンクスウッドローン駅と、ブルックリンのクラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅を結ぶ区間での運転である。平日のラッシュ時は、ブロンクス内の一部駅を通過する列車も運転され、また最ラッシュ時は5系統との分岐駅である138丁目-グランド・コンコース駅を全列車が通過する。

土休日の全時間帯・平日の早朝と、ブルックリン行きの夜以降とブロンクス行きの夜半からは、マンハッタンでは急行であるが、ブルックリン内は各駅停車となる。また深夜時間帯は、マンハッタンでも各駅停車となる。

2017年6月より2018年夏まで、ブルックリン内で線路を共有する3系統が、大規模工事のため土休日はブルックリンに乗り入れないため、その代替として、土休日は4系統がニューロッツ・アベニュー駅まで延長運転されている。なお、平日深夜時間帯の全列車もニューロッツ・アベニュー発着で、平日ラッシュ時もごく一部にニューロッツ・アベニュー発着の列車がある。

平日・土休日とも、昼間時間帯は8分間隔で運転されている。

ルート[編集]

経由路線 始発駅 終着駅 路線 時間
昼間
夜間
深夜 ラッシュ時 週末全日
4号線一般サービス 4号線一般サービス 4号線ラッシュ時サービス 4号線一般サービス
IRTジェローム・アベニュー線(全線) ウッドローン駅 149丁目-グランド・コンコース駅 ローカル        
138丁目-グランド・コンコース駅  
IRTレキシントン・アベニュー線(全線) 125丁目駅 ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅 エクスプレス    
ローカル      
フルトン・ストリート駅 ボウリング・グリーン駅 全て      
ジョレールモン・ストリート・トンネル
IRTイースタン・パークウェイ線(全線) ボロー・ホール駅 ネヴィンズ・ストリート駅 エクスプレス  
アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅 クラウン・ハイツ-ユーティカ・アベニュー駅 ローカル        
IRTニューロッツ線(全線) サッター・アベニュー-ラトランド・ロード駅 ニューロッツ・アベニュー駅 全て 期間限定運行