ニューヨーク市地下鉄7系統延伸事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニューヨーク市地下鉄7系統延伸事業
NYCS-bull-trans-7.svg NYCS-bull-trans-7d.svg
7系統各駅停車・急行とも延伸部を通る。
概要
種別 地下鉄
系統 ニューヨーク市地下鉄
起終点 タイムズ・スクエア-42丁目駅
34丁目-ハドソン・ヤード駅
駅数 新設 1
計画中 1
運営
開業 2015年9月13日(3年前) (2015-09-13
所有者 ニューヨーク市
運営者 ニューヨーク市都市交通局
路線構造 地下鉄
路線諸元
路線総延長 1.5 mi (2.4 km)
路線数 2
軌間 1,435mm
電化 直流 625 V 第三軌条方式
テンプレートを表示

ニューヨーク市地下鉄7系統延伸事業(ニューヨークしちかてつ7けいとうえんしんじぎょう、: 7 Subway Extension)はニューヨーク市地下鉄 IRTフラッシング線の延伸事業である。 延伸部は当時の終端駅である7番街41丁目のタイムズ・スクエア-42丁目駅から南西方向の11番街34丁目に新設する34丁目-ハドソン・ヤード駅に至るまでの1.6キロメートル(1マイル)の区間である。10番街41丁目に設置予定だった10番街駅は2007年10月に計画から外された。延伸部は全区間ニューヨークマンハッタン区内にあり、7系統各駅停車と急行が運転される。延伸計画はハドソン・ヤード再開発プロジェクトのキーとなっており、ビジネス利用者や観光・娯楽客を地域に取り込み、近隣のチェルシーヘルズ・キッチンロングアイランド鉄道ウェストサイド操車場に隣接する地区)の再開発の助けになると期待されている。また、ハドソン・ヤード地区のジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターへのアクセスラインともなっている。

この計画はもともと2005年に提唱されたハドソン・ヤード再開発計画(2012年夏季オリンピックの招致に合わせてウェストサイド・スタジアム(ニューヨーク・ジェッツの本拠地としても活用)を建設する計画も含む)の一部だったが、スタジアムの建設計画をニューヨーク州議会が否決したことから延期になっていた。地下鉄の延伸工事は2007年に始まった。

延伸線の開業はもともと2013年12月の予定だったが、何度も延期された。2014年1月にMTAキャピタル・コンストラクション英語版の社長であったマイケル・ホロドニチアヌ英語版)は斜行エレベーターの設置が難航しており、開業は夏の終わりから初秋ごろまで遅れるだろうとした。2014年2月にはこの理由で2014年11月の開業とされた。しかし2014年6月にはホロドニチアヌは MTA 取締役会で斜行エレベーターとエスカレーターの問題に加えて、トンネル内の換気ファンの振動が大きいことが分かり開業はさらに遅れる見通しであると述べた。2014年12月には MTA から2015年2月に開業すると発表されたが、さまざまな問題が残っており開業はさらに遅れていった。2015年3月に MTA は2015年夏に開業すると発表し、最終的な開業日は2015年9月13日になった。

建設に至るまでの経緯[編集]

延伸部の路線図。タイムズ・スクエアから11番街と34丁目の交差点まで伸びている。
マンハッタン周辺の地下鉄路線図。未建設の10番街駅も描かれている。紫の実線はフラッシング線の既存区間、紫の破線が延伸区間である。青の破線は34丁目-ハドソン・ヤード駅南側の留置線である。

市内深西部の再開発を推進するため都市交通システムを延伸する案は1969年には持ち上がっており、ニューヨーク市都市計画局英語版 (CPC) のマスタープランでは、ミッドタウンを48丁目の通りに沿って西側に拡張し、8番街から12番街にかけて立ち並ぶ「ありとあらゆる種類の時代遅れで老朽化した建物からなるブロック」を建て替えるとしていた[1]。しかし、市西部の40丁目から50丁目界隈の再開発プランは東西方向の路線新設のための州債発行が否決されて頓挫してしまい[2]、結果として世間の注目は30丁目界隈とIRTフラッシング線に向けられることになった。

CPC の1993年の提言を受けてマンハッタン・セントラル・ビジネス・ディストリクトへのアクセスを改善するため[3]、MTA は7系統をニュージャージー州まで延伸する可能性について検討を始めた[4]。2001年にはチャールズ・シューマー上院議員は企業や市民団体を集めて「ミッドタウンのオフィス街を西側に拡張するには地下鉄の延伸が必要である」と主張した[5]

市西端部までは徒歩だと20分もかかる。しかも、グランド・セントラル駅やマンハッタンの東側から西端部まで通じる便利な路線がなく、マンハッタン区クイーンズ区ウエストチェスター郡コネチカット州からの通勤は困難である[5]

フラッシング線の延伸は2012年夏季オリンピックの招致の一環で提案されたものである[6][7]。ニューヨーク市は2005年7月のIOC総会の前には建設資金を確保しておくことを望んでいたが、MTA の投資計画では既に2番街線イースト・サイド・アクセスへの投資が決まっていたため、フラッシング線延伸の資金を捻出することができなかった[4]。オリンピックスタジアムとなるウェストサイド・スタジアムはウェストサイド操車場英語版のすぐ近くに建設される予定であったが、2005年に州議会が建設を否決したため取りやめになった[8]。このため、ニューヨークはオリンピック開催地の選から漏れてしまった[9]。しかし、ニューヨーク市政府No. 7 Subway Extension - Hudson Yards Rezoning and Development Programというレポートの中でハドソン・ヤード地区の区画整理や地下鉄の新駅設置を提言しており[10]ハドソン・ヤード近隣の28丁目から43丁目までの約60ブロックの区画整理[11]と、それに続く地下鉄の延伸計画が承認された[4]

2006年12月12日にマイケル・ブルームバーグ市長はリベラル系圧力団体自然保護のための有権者行動連盟英語版に対して2006年11月から7系統を11番街34丁目に延伸する費用を賄うための市債の発行を始めたと述べた[12]。24億ドルの延伸資金は、延伸区間の開発により期待される固定資産税の税収を整備費にあてる増加税収財源措置英語版債(TIF債)を販売することで調達された[13]

建設の進捗[編集]

2007年10月にニューヨーク州交通局は11億4000万ドルで7系統の終着駅であるタイムズ・スクエア-42丁目駅から新設する34丁目-ハドソン・ヤード駅までの間に 2,100メートル (7,000 ft)の複線トンネルを建設する予算を獲得し、 建設工事契約を S3(J.F. Shea, Skanska USA Civil、Schiavone の共同事業体)との間で締結した[14][15][16]。工事は MTAキャピタル・コンストラクションが監督[7]し、34丁目-ハドソン・ヤード駅の設計はダトナー・アーキテクツ(Dattner Architects)が担当した[17]。S3 は発破工法で新駅部分とトンネル区間の最初の 300メートル (1,000 ft) を掘削した後、トンネルボーリングマシン(TBM)2基を投入して残りの 1,800メートル (6,000 ft) の掘削を開始した[17]

計画段階初期には、新駅にはホームドアが設置されることになっていた[18]。 また、駅には冷房装置が設置されることになっていた(IRTブロードウェイ-7番街線サウス・フェリー駅IND2番街線の第1期区間の3駅にはプラットホームの気温を下げるため冷房装置が設置される予定であった)[19]。延伸区間は地下深くにあるため、他の路線で一般的な換気口の代わりに換気塔が設けられた[20]

しかし、延伸区間の発表直後に MTA は24億ドルの予算を超過することが見込まれるため 10番街駅の設置を取りやめて5億ドルを節減すると発表した[14][21][22]。2007年12月3日には MTA が延伸区間の起工式を行い、ジャヴィッツ・コンベンション・センターに隣接する区画から掘削を開始した[23]。 建設にあたってIND8番街線42丁目-ポート・オーソリティ・バスターミナル駅の下層部のプラットホームが障害になったが、使われなくなった部分を取り壊して建設が進められた[24]

ビル群に囲まれた延伸工事現場の空撮。
地下鉄工事現場。左矢印はメインの34丁目入口、右矢印は35丁目入口である。

2008年6月にマンハッタン11番街でトンネル掘削工事が始まった[25]。2009年2月には2基のうち1期目のトンネルボーリングマシンを25丁目・11番街交差点の角に設けた巨大な立坑から吊り下ろした。2基のトンネルボーリングマシンは並行する2本の全長 2,200メートル (7,100 ft)のトンネルを11番街に沿って、41丁目とタイムズ・スクエアの交差点にある現在の終点に向かって掘り進んでいった[26]。MTA は2008年11月から工事の進捗状況を紹介するため工事現場の写真を公式ウェブサイトに公開するようになった[27]

2009年6月にはポート・オーソリティ・バスターミナルの入口ランプの下にタイムズ・スクエア-42丁目駅への取り付け部となる全長46メートル (150 ft)のトンネル掘削が完了した。同時に、26丁目のボーリングマシン発進立坑から北方向に掘削が進められていた。27丁目から28丁目付近は地質が軟弱だったため、91メートル (300 ft)にわたって凍結工法が採用された[28]。 2009年12月21日には、トンネルボーリングマシンが34丁目-ハドソン・ヤード駅の仮壁まで貫通したことが発表された[29][30]。2基のトンネルボーリングマシンは2010年春までにトンネルを掘り抜く予定になっていた[31]

1基は2010年6月[32]、もう一基は同年7月15日にトンネルを掘り抜いた[33]。トンネルボーリングマシンは一部を解体した上で25丁目の発進基地まで戻され、吊り上げられた[32][33][34]。2011年4月に MTA は土木工事部分(トンネルおよび34丁目-ハドソン・ヤード駅の中二階とプラットホームの建設)の進捗率は85%で、システム工事部分(機械設備・電気設備・電力設備および照明と線路)の契約を2011年7月に締結すると発表した。追加の入口も計画された[35]。2012年5月には MTA は延伸部分の全体進捗率は65%で、線路の敷設が始まったと発表した[36]

2013年8月21日には MTA は延伸工事は90%完了したと発表した[37]。2013年12月20日には、マイケル・ブルームバーグ市長が新駅への記念乗車を行い、市長としての功績を祝った。この時点で開業は2014年6月の予定であった[38][39]

開業の遅延[編集]

ブルームバーグ市長の記念乗車から間もなく、開業予定が2014年6月から初秋に延期され[40]、さらに11月[41]、2015年2月[42]、2015年5月[43]と次々延期されていった。これは駅に設置した2台の斜行エレベーターの問題であった[44]

MTA は2014年10月1日にニューヨーク・デイリーニューズ紙に対して、主契約社との間で2015年2月24日までに完工して開業可能な状態にできれば4,750万ドルのインセンティブを支払う契約を結んだと明らかにした[45]

しかし、わずか2か月半後には MTA は斜行エレベーターがうまく動かないため開業は2015年4月から7月頃になると発表した[46][43]。また、保安アラームや火災報知システムの問題も遅れの原因だとされていた[47]。2014年12月のニューヨーク・ポストの記事では、工期遅延はハドソン・ヤードの開発を行っていたリレイティッド・カンパニーズ英語版がちょうど新駅の真上で基礎工のケーソンを施工中であるためで、この基礎工が終わらないと新駅は開業できないとしていた[48]。火災報知システムや保安アラームの問題は2015年3月になっても収束せず、開業は夏までずれ込むことになった[49][50]

斜行エレベーターはトンネルの掘削コストを抑えつつ、車椅子利用者がプラットホームに行き来しやすくなるように導入されたものであった[40]。斜行エレベーターはイタリアアッピアーノ・ジェンティーレにあるマスペロ・エレヴァトーリ(Maspero Elevatori)が製造し、制御機器はロングアイランドで、調速機はオハイオ州で、操作ボタン等はクイーンズ区で製作されていた[40]。制御ソフトウェアはアメリカで製作され、エレベーター本体はイタリアで組み立てられたが、アメリカへの出荷前に組み合わせ試験が行えなかった[40]。MTA は、マスペロ社が MTA の要求仕様が届いて内容を確認した後になってイタリア国内の協力メーカーに代わってアメリカの請負業者を使うことにしたためだとし、高度にカスタマイズしたことにより生じた問題を解決するためにマスペロ社と協働しているとした[40]。 2015年6月1日には MTA は延伸工事が「99%完了した」と発表した。この日、夏の開業に向けて7本の試運転列車が34丁目-ハドソン・ヤード駅まで運転された[51]。ところが、6月15日には「第3四半期の終わり」まで延期となった[52]。2015年7月20日には MTA が2015年9月13日の開業を計画しているとレポートされた[53][54]。その後、開業日は2015年8月28日であることが確認された[55][56]。結局、9月13日の午後1時頃に開業式のテープカットが行われた[57][58][59]

画像[編集]

建設された施設[編集]

34丁目-ハドソン・ヤード駅[編集]

34丁目-ハドソン・ヤード駅の中二階の建設状況(2011年6月)
34丁目-ハドソン・ヤード駅の中二階の建設状況(011年6月)

34丁目-ハドソン・ヤード駅は11番街34丁目の交差点に設置された。延伸区間に設置されたのはこの駅のみで、2015年9月13日に開業した[57][58][59]。MTA は新駅によってヘルズキッチンチェルシーといった近隣地区に住宅や飲食店、娯楽施設が新しく建つようになるだろうとした[60]。また、新駅のそばにはジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターもある[61]

駅には一対の斜行エレベーターなどでアクセスできる[44]。プロジェクトはこの特注の斜行エレベーターの設置に関わる不具合で度重なる遅延に見舞われ[62]、2012年6月には2014年6月の開業予定とされ、ついには2015年末にまでなった[63][64]。2014年12月15日には開業予定は2015年中ごろになり[43][46]。2014年4月には1基目の斜行エレベーター(全長52メートル)が設置された[44]。高さは24メートル[65][66]で、こういった用途では初めてのものであった[44]

地上設備[編集]

延伸区間には5つの地上設備が設けられている[65]

  • A工区:11番街25丁目から26丁目にかけて換気施設がある[65]
  • J工区, 11番街33丁目から34丁目にかけて換気施設があり、駅のメインエントランスとエレベーターホールが設けられている[65]
  • K工区:11番街35丁目から37丁目にかけて換気施設がある[65]
  • L工区:41丁目 - ダイアー・アベニューに換気施設がある[65]
  • P工区:11番街34丁目から35丁目の間に駅入口が設けられている[65]

計画中の案件[編集]

10番街駅[編集]

当初の計画では10番街41丁目にも新駅が設けられる予定であったが、コスト超過のため2007年10月に取り止めとなり、延伸区間には終点の34丁目-ハドソン・ヤード駅のみ設けられることになった。MTA は建設資金の手当てがつけば建設するとしており[14]、2007年の建設契約では基本部分には含まれていなかったが、4億5000万ドルのオプション部分には残していた。2007年12月終わり頃の報告書では、ニューヨーク市政府と MTA が駅舎部分の建設費で合意できれば部分的に建設されるかもしれないとされていた[67]。 2009年2月には、MTA が2009年アメリカ復興・再投資法に基づく総合経済対策から十分な資金援助が得られれば建設できると発表した[68]。2010年6月にはニューヨーク市が2本のプラットホームと2つの出入口を備え、プラットホーム間の地下連絡通路は設けない駅舎を後日建設する場合の実現可能性を検討するための予算調達を模索していたと発表した[69][70][71][72][73]

ニュージャージー州への延伸計画[編集]

1993年に MTA がハドソン川を越えて7系統を延伸する検討を始めてから17年後の2010年には、ニューヨーク・タイムズマイケル・ブルームバーグ市長がマンハッタン島対岸のニュージャージー州 ホーボーケン駅や、ニュージャージー・トランジットのハブ駅であるセカーカス・ジャンクション駅への延伸が検討されていたと報道した。これにより、ニュージャージー州に住む利用者にとってマンハッタン・イーストサイドにあるグランド・セントラル駅に直行できるルートができ、さらにニューヨーク市地下鉄の他の路線への乗り換えも容易になると考えられた[74]

もし開業すれば、州境(ニューヨーク州 - ニュージャージ州)を超える初めてのニューヨーク市地下鉄路線になる。このプランはクリス・クリスティ ニュージャージー州知事が2010年10月に中止したARC(Access to the Region's Core)トンネルの代わりとなるものだった[75]

2011年2月2日に、ニューヨーク市経済開発公社英語版は地下鉄延伸用トンネルのフィジビリティスタディに上限25万ドルの予算を付けた。フィジビリティスタディは技術コンサル会社のパーソンズ・ブリンカーホフ英語版が担当した[76][77]。報告書は2013年4月に発表され[78][79]、ARCトンネルの予定経路にトンネルを建設すること、セカーカス・ジャンクション駅までのマルチモーダル輸送英語版を確保すること、10番街駅英語版を建設することなどが提案されており、北東回廊の拡張も考慮されていた[80]

ニューヨーク・ポストユニオンシティとセカーカスへのフラッシング線の延伸について、2012年末にブルームバーグ市長が公式に提案すると報道した。クリス・クリスティ ニュージャージー州知事とポート・オーソリティは、計画が正式に承認されれば推計100億ドルの建設費の一部を負担して支持すると述べたという[81]

この計画は、11番街に新駅を設置して西進するルートを採ることで、費用の嵩むヘラルド・スクエア東側へのトンネル掘削工事や大深度地下への複合駅設置を避けることができ、ARCトンネルよりも安上がりであった。しかし、セカーカスでニュージャージー・トランジットからニューヨーク市地下鉄への乗り換えが必要となることから、ARCの原案よりもマンハッタンへの所要時間は長くなる可能性があった。さらに、ニュージャージー・トランジットは延伸後も始終点を引き続きペンシルベニア駅とする予定で、ニュージャージー州とニューヨーク州を結ぶトンネルを短く済ませるという目標は達成できそうになかった。一方でクリスティ知事は「私たちが常に望んできたように、この計画は我々をマンハッタンの東側と結びつけるものだ」[82]とも述べている。ブルームバーグ市長はニューヨーク州知事に選出されたアンドリュー・クオモにこのプロジェクトをお披露目していなかった。これは、このプロジェクトがさらに5年の歳月を要することから、ARCトンネルに交付される予定だった連邦政府からの補助金が自動的にこのプロジェクトに割り当てられない可能性があったからであった[83][84][85][86]

アムトラックが2011年2月に発表したゲートウェイ・プロジェクト英語版では7系統をセカーカスまで西に5マイル延伸する代わりに、11番街から3ブロック東のニューヨーク・ペン駅まで延伸することになっていた[87]。ゲートウェイ・プロジェクトはアムトラックの後押しでニューアーク・ペン駅英語版からニューヨーク・ペン駅までの高速鉄道を敷設し、ニュージャージー・トランジット・レイル・オペレーションズ英語版の輸送力を増強するものであった。 連邦議会は2011年11月にプロジェクトの研究資金として1500万ドルを割り当てていたが、ゲートウェイ・プロジェクトと地下鉄延伸は資金調達においては競合関係にあった[88]

2012年4月の予算審議において、MTAディレクターのジョー・ロータ英語版は、延伸線が予見可能な将来に建設されるというのは疑問であり、ゲートウェイ・プロジェクトはハドソン川の渡河に関わる渋滞についてより有効な解決策であることを示唆している、と述べた[89]。しかし、2013年4月に発表されたニューヨーク市の委託によるフィジビリティスタディの結果は延伸計画の復活に望みを繋ぐものであり、ブルームバーグ市長も「セカーカスへの7系統の延伸は潜在的に有望なソリューションで、真剣に検討する価値がある」と述べた[90][91]

2013年11月4日のニューヨーク・デイリーニューズの意見欄では、ニューヨーク不動産業協会英語版エジソン・プロパティーズ英語版の会長がトンネルをゲートウェイ・プロジェクトと共用する形で地下鉄をセカーカスまで延伸することを求め[92]、同月のニュージャージー州議会下院では7系統のホーボーケンおよびセカーカスへの延伸を支持する決議168号が可決された[93][94]

受賞[編集]

ニューヨーク州専門職技師協会(New York State Society of Professional Engineers, NYSSPE)は延伸区間の第1期工事(トンネル掘進と地下構造)を2013年のコンストラクション・プロジェクト・オブ・ザ・イヤーに選定した。NYSSPEは授賞理由として「インフラ建設プロジェクトでの創造的ソリューションと革新的技術の開発における優れたエンジニアリング事例であり、7系統延伸プロジェクトはニューヨーク市内の地下トンネル掘削において初めてプレキャストコンクリート製セグメントでトンネル内壁を構築する二重シールドトンネルボーリングマシンを適用した。また、TBMが適切なコースでトンネル掘進や内壁構築が行えるよう、軟弱地盤の硬化に世界で初めて凍結工法を適用した」ことを挙げた[95]。延伸区間は1.6キロメートルだが、トンネル自体は全長2.3キロメートルである[96]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Stern, Michael (1970年12月8日). “6TH AND LAST PART OF MASTER PLAN ON CITY RELEASED; Volume on Manhattan Urges Building of Offices Along 48th St. Transit Line WESTWARD PATTERN SET Condemnation of Big Tracts Intended to Insure Public Use of Some of Area”. The New York Times. 2015年9月20日閲覧。
  2. ^ Richard Witkin, "State Will Cancel Some Road Projects," New York Times, Nov. 4, 1971.
  3. ^ Department of City Planning, "Shaping the City's Future," 1993.
  4. ^ a b c Mitchell L. Moss (2011年11月). “HOW NEW YORK CITY WON THE OLYMPICS”. Rudin Center for Transportation Policy and Management, Robert F. Wagner Graduate School of Public Service. New York University. 2015年9月11日閲覧。
  5. ^ a b Preparing for the Future: A Commercial Development Strategy for New York City : Final Report. Group of 35. (2001). p. 56. http://www.scribd.com/doc/118950748/Group-of-35-Report-June-2001 2015年9月12日閲覧。. 
  6. ^ No. 7 Subway Extension”. Hudson Yards Development Corporation. 2013年7月3日閲覧。
  7. ^ a b Dobnik, Verena (2013年2月7日). “NYC Transit Projects: East Side Access, Second Avenue Subway, and 7 Train Extension”. Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2013/02/07/nyc-subway-underground-rail-second-avenue-subway_n_2637601.html 2013年7月24日閲覧。 
  8. ^ Bagli, Charles V. (2005年6月7日). “Olympic Bid Hurt as New York Fails in West Side Stadium Quest”. The New York Times. 2015年9月12日閲覧。
  9. ^ New York Comes in a Disappointing Fourth Place”. WNYC (2005年7月6日). 2015年9月12日閲覧。
  10. ^ NO. 7 SUBWAY EXTENSION-HUDSON YARDS REZONING AND DEVELOPMENT PROGRAM”. nyc.gov. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  11. ^ Purnick, Joyce (2005年1月2日). “What Rises in the West? Uncertainty”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2005/01/20/nyregion/20matters.html 2010年3月6日閲覧。 
  12. ^ Hinderer, Katie (2006年12月13日). “NYC Mayor Outlines Long-Term Growth Plan”. GlobeSt.com. http://www.globest.com/news/801_801/newyork/151373-1.html 2010年2月28日閲覧。 
  13. ^ “City Raises $2 Billion In Bonds For No. 7 Line Extension”. NY1. (2006年12月7日). オリジナルの2007年10月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071011125730/http://www.ny1.com/ny1/content/index.jsp?stid=5&aid=64913 2010年2月28日閲覧。 
  14. ^ a b c “Transit Board Approves Funding For 7 Line Extension”. NY1. (2007年10月25日). オリジナルの2008年3月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080325054207/http://www.ny1.com/ny1/content/index.jsp?stid=5&aid=74957 2010年2月28日閲覧。 
  15. ^ Top New York Projects (PDF)”. New York Construction. p. 27 (2008年6月). 2010年2月28日閲覧。
  16. ^ “Mayor Bloomberg and Governor Spitzer Announce Start of Construction on #7 Subway Extension” (プレスリリース), New York City Mayor's Office, (2007年12月3日), http://www.nyc.gov/html/om/html/2007b/pr437-07.html 2010年2月28日閲覧。 
  17. ^ a b No. 7 Subway Line Extension”. Dattner Architects. 2012年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月28日閲覧。
  18. ^ “MTA Plans To Install Platform Doors On 7 Line Extension”. NY1. (2007年9月8日). オリジナルの2008年3月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080325054135/http://www.ny1.com/ny1/content/index.jsp?stid=1&aid=73389 2010年2月28日閲覧。 
  19. ^ Donohue, Pete (2006年8月4日). “Cooler Subways Coming - Eventually”. Daily News (New York). http://www.nydailynews.com/archives/news/2006/08/04/2006-08-04_cooler_subways_coming_-_even.html 2010年2月28日閲覧。 [リンク切れ]
  20. ^ Roberts, Sam (2013年9月30日). “No Heel Hazards (or Gusts) as Subway Expands”. New York Times (New York). http://www.nytimes.com/2013/10/01/nyregion/second-ave-subway-line-wont-have-sidewalk-ventilation-grates.html?partner=rss&emc=rss&_r=1& 2014年5月5日閲覧。 
  21. ^ Neuman, William (2007年10月20日). “Higher Costs Force Cutback in Extension of the No. 7 Line”. The New York Times. 2015年9月28日閲覧。
  22. ^ Olshan, Jeremy (2007年10月21日). “MTA: IT'S WESTWARD HO(LD ON A $EC) FOR NO. 7 TRAIN”. Internet Archive. 2007年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月28日閲覧。
  23. ^ MTA starts work on No. 7 train extension”. AM New York (2007年12月14日). 2007年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月28日閲覧。
  24. ^ Mindlin, Alex (2008年4月20日). “No Whoosh, No ‘All Aboard’”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/04/20/nyregion/thecity/20port.html 2010年2月28日閲覧。 
  25. ^ “Easy-to-Install CertainTeed Certa-Lok Yelomine Offers Ideal Solution for Temporary Water Lines for Metropolitan Transportation Authority’s No. 7 Subway Extension” (プレスリリース), CertainTeed, (2011年1月25日) 
  26. ^ “Metropolitan Transportation Authority And Mayor Bloomberg Preside Over Lowering Of Tunnel Boring Machine For 7 Line Subway Extension” (プレスリリース), Metropolitan Transportation Authority, (2009年2月19日), オリジナルの2010年12月18日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20101218172917/http://www.mta.info/mta/news/releases/?en=090219-HQ6 2010年2月28日閲覧。 
  27. ^ Construction Update - November 2008”. Metropolitan Transportation Authority. 2009年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月27日閲覧。
  28. ^ Mayor Bloomberg And Mta Announce Completion Of First Phase Of Number 7 Subway Extension”. NYC.gov (2009年12月21日). 2014年6月9日閲覧。
  29. ^ Mayor Bloomberg and MTA Announce Completion of First Phase of Number 7 Subway Extension”. The official website of the City of New York. 2015年9月28日閲覧。
  30. ^ “West Side Development Project Gets The Green Light”. NY1. (2009年12月21日). オリジナルの2012年4月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120407015716/http://bronx.ny1.com/content/news_beats/transit/110795/west-side-development-project-gets-the-green-light 2010年2月28日閲覧。 
  31. ^ Cuza, Bobby (2009年2月19日). “Crews Lower Giant Drill Into 7 Line Tunnel”. NY1. オリジナルの2009年5月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090505113516/http://www.ny1.com/content/news_beats/transit/94220/crews-lower-giant-drill-into-7-line-tunnel/Default.aspx 2010年2月28日閲覧。 
  32. ^ a b “New Milestone for No. 7 Subway Extension Project”. Metropolitan Transportation Authority. (2010年6月11日). オリジナルの2010年6月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100613001706/http://www.mta.info/news/stories/?story=74 2010年6月12日閲覧。 
  33. ^ a b “New Milestone for No. 7 Subway Extension Project”. Metropolitan Transportation Authority. (2010年7月15日). オリジナルの2010年7月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100724182516/http://www.mta.info/news/stories/?story=84 2010年7月16日閲覧。 
  34. ^ “7 Train Extension Celebrates Major Breakthrough”. NY1. (2010年7月15日). オリジナルの2012年9月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120929114316/http://www.ny1.com/content/122169/7-train-extension-celebrates-major-breakthrough 2010年7月16日閲覧。 
  35. ^ “Work on Extending the No. 7 Line Continues to Progress”. MTA Press Release. オリジナルの2011年8月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110820074304/http://www.mta.info/news/stories/?story=220 2011年4月4日閲覧。 
  36. ^ Luther S. Miller (2012年5月10日). “NYCT’s No. 7 extension gets first rails”. Railway Age. 2012年5月14日閲覧。
  37. ^ “7 Line Extension 90 Percent Complete”. MTA Press Release. http://new.mta.info/news/2013/08/21/7-line-extension-90-percent-complete 2013年8月22日閲覧。 
  38. ^ “Three cheers for the No. 7 extension”. New York Post. (2013年12月20日). http://nypost.com/2013/12/20/mayor-mikes-hudson-yards-feat/ 
  39. ^ “Mayor Bloomberg gets ride on No. 7 subway line extension he championed”. New York: NY Daily News. (2013年10月21日). http://www.nydailynews.com/news/politics/bloomberg-sneak-ride-7-line-extension-article-1.1554643 2013年12月22日閲覧。 
  40. ^ a b c d e Flegenheimer, Matt (2014年1月27日). “More Delays and Rising Cost for Project Connecting L.I.R.R. to Grand Central Terminal”. New York Times. http://www.nytimes.com/2014/01/28/nyregion/more-delays-and-rising-cost-for-project-connecting-lirr-to-grand-central-terminal.html?ref=nyregion&_r=0 
  41. ^ Lynch, Marley (2014年2月26日). “Subway update: 7-train extension to now open in November”. Time Out New York. 2015年9月13日閲覧。
  42. ^ Mueller, Benjamin (2014年6月23日). “Transit Hub and Work on No. 7 Line Face Delays”. New York Times. 2014年6月24日閲覧。
  43. ^ a b c New York will have to wait till spring for No. 7 subway extension”. NY Daily News (2014年12月15日). 2014年12月15日閲覧。
  44. ^ a b c d Donohue, Pete (2014年4月28日). “Metropolitan Transportation Authority building New York City subway system's first inclined elevator”. New York Daily News. 2014年4月29日閲覧。
  45. ^ Donohue, Pete. “No. 7 subway line extension to West Side on track to open in February: official”. New York Daily News. 2014年11月28日閲覧。
  46. ^ a b Sill, Andrew. “Hudson Yards subway extension delayed again”. 2014年12月20日閲覧。
  47. ^ Goldberg, Barbara (2014年12月21日). “NYC subway extension may transform Manhattan neighborhood”. McCall.com. 2014年12月30日閲覧。
  48. ^ Rebecca Harshbarger (2014年12月15日). “7 train opening delayed”. New York Post. 2015年2月10日閲覧。
  49. ^ 7 subway line extension delayed yet again, eyes summer opening” (2015年3月24日). 2015年3月29日閲覧。
  50. ^ Emma G. Fitzsimmons (2015年3月24日). “More Delays for No. 7 Subway Line Extension”. New York Times. 2015年3月29日閲覧。
  51. ^ MTA Begins Training Employees On No. 7 Line Extension”. CBS News (2015年6月1日). 2015年6月1日閲覧。
  52. ^ Jose Martinez (2015年6月15日). “MTA: 7 Line Extension to Open Up Before End of Third Quarter”. NY1. 2015年6月20日閲覧。
  53. ^ Emma Whitford (2015年7月20日). “7 Line Extension Will Open "By September 13th"”. Gothamist. 2015年7月21日閲覧。
  54. ^ Hudson Yards Subway Extension to Open in September: MTA”. NBC New York. 2015年7月21日閲覧。
  55. ^ Tangel, Andrew (2015年8月28日). “At Last: New Station for 7 Train Set to Open”. WSJ. 2015年9月10日閲覧。
  56. ^ Newman, Philip (2015年9月10日). “No. 7 station to open at last on 11th Ave. in Manhattan”. TimesLedger. 2015年9月10日閲覧。
  57. ^ a b Fitzsimmons, Emma G. (2015年9月10日). “Subway Station for 7 Line Opens on Far West Side”. The New York Times. 2015年9月13日閲覧。
  58. ^ a b New 7 line subway extension to the West Side opens”. ABC7 New York (2015年9月13日). 2015年9月13日閲覧。
  59. ^ a b Tangel, Andrew (2015年9月13日). “New Subway Station Opens on NYC’s Far West Side”. WSJ. 2015年9月13日閲覧。
  60. ^ Staff writer(s). “7 Line Extension”. Metropolitan Transportation Authority. 2013年7月3日閲覧。
  61. ^ Green, Dennis (2015年4月29日). “A series of delays have kept a now fully completed subway station under Manhattan from opening”. Business Insider. 2015年9月13日閲覧。 “The troubled extension ... will eventually extend the 7 train one station west to serve a new development over the West Side Yard train tracks (known as Hudson Yards) and finally provide a rail link to the Jacob Javits Convention Center.”
  62. ^ Flegenheimer, Matt (2014年5月29日). “With New Slant on Subway Elevators, Expect Delays”. The New York Times. 2014年5月29日閲覧。
  63. ^ “MTA's 7 Line Extension Project Pushed Back Six Months”. NY1. (2012年6月5日). オリジナルの2012年7月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120711160459/http://www.ny1.com/content/news_beats/transit/162481/mta-s-7-line-extension-project-pushed-back-six-months 2012年6月5日閲覧。 
  64. ^ Cuozzo, Steve (2012年6月5日). “No. 7 train 6 mos. late”. New York Post. http://www.nypost.com/p/news/business/realestate/commercial/no_train_mos_late_BEjKsCL51LL06ZSZ58ZOiI 2012年6月5日閲覧。 
  65. ^ a b c d e f g Capital Program 7 Line Extension”. MTA.info (2013年12月20日). 2014年1月30日閲覧。
  66. ^ Flegenheimer, Matt (2013年12月20日). “For a Mayor on His Way Out, a Subway Station on Its Way In”. The New York Times. 2013年12月24日閲覧。
  67. ^ Naanes, Marlene (2007年12月20日). “7 Line Extension May Get 41st Street Stop”. amNewYork. オリジナルの2009年5月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090513011927/http://www.amny.com/news/local/am-mta1221,0,632084.story 2010年2月28日閲覧。 
  68. ^ Kabak, Benjamin (2009年2月2日). “Will the Stimulus Save 7 Extension Stop?”. Second Ave. Sagas. http://secondavenuesagas.com/2009/02/02/will-the-stimulus-save-7-extension-stop/ 2010年2月28日閲覧。 
  69. ^ Agovino, Theresa (2010年2月16日). “Outcry Emerges for 41st St. Stop on New 7-Line”. Crain's New York Business. オリジナルの2010年2月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100218115623/http://www.crainsnewyork.com/article/20100216/FREE/100219925 2010年4月3日閲覧。 
  70. ^ Urban, Jill (2010年4月2日). “West Side Developers Fight For 7 Line Extension”. NY1. オリジナルの2010年4月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100417140042/http://www.ny1.com/1-all-boroughs-news-content/ny1_living/116312/west-side-developers-fight-for-7-line-extension/ 2010年4月3日閲覧。 
  71. ^ “City Officials Seek Federal Assistance For 7 Subway Extension”. NY1. (2010年4月27日). オリジナルの2010年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100531155214/http://manhattan.ny1.com/content/top_stories/117672/city-officials-seek-federal-assistance-for-7-subway-extension 2010年4月27日閲覧。 
  72. ^ “City Considering 10th Avenue Stop For 7 Train”. NY1. (2010年6月10日). オリジナルの2012年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120927055352/http://www.ny1.com/content/top_stories/120156/city-considering-10th-avenue-stop-for-7-train 2010年6月10日閲覧。 
  73. ^ “Mayor Applies For Funds To Redesign 7 Train Extension”. NY1. (2010年6月30日). オリジナルの2011年7月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110714220335/http://manhattan.ny1.com/content/top_stories/121366/mayor-applies-for-funds-to-redesign-7-train-extension 2010年6月30日閲覧。 
  74. ^ Charles V., Bagli (2010年11月17日). “Take the No. 7 to Secaucus?”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/11/17/nyregion/17tunnel.html 2013年7月3日閲覧。 
  75. ^ Bagli, Charles (2010年11月16日). “New York Studies Extending Subway Line to New Jersey”. The New York Times. オリジナルの2010年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101118062720/http://www.nytimes.com/2010/11/17/nyregion/17tunnel.html 2010年11月16日閲覧。 
  76. ^ Bernstein, Andrea (2011年2月4日). “City finally puts $ behind subway to New Jersey”. Transportation Nation. 2011年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月7日閲覧。
  77. ^ New York City Economic Development Commission (2011年2月2日). “No. 7 Line Extension to Secaucus Consultant Services (PDF)”. www.scribd.com. 2011年2月7日閲覧。
  78. ^ Frasinelli, Mike (2013年4月10日). “Plan to extend No. 7 subway from NYC to New Jersey could be back on track”. The Star-Ledger. http://www.nj.com/news/index.ssf/2013/04/plan_to_extend_no_7_city_subwa.html 2013年4月10日閲覧。 
  79. ^ Rouse, Karen (2013年4月10日). “Report: Extending NY No. 7 subway line to Secaucus would accommodate commuter demand”. The Record. オリジナルの2013年4月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130413011350/http://www.northjersey.com/news/NY_No_7_Subway_to_Secaucus.html 2013年4月10日閲覧。 
  80. ^ Parsons Brinkerhoff (April 2013) (PDF). No 7 Secaucus Extension Feasibility Analysis Final Report (Report). NYCEDC. p. 1. http://www.nycedc.com/sites/default/files/filemanager/Resources/Studies/No_7_Secaucus_Extension_Final_Report_April_2013.pdf 2013年4月10日閲覧。. 
  81. ^ Margolin, Josh (2011年10月26日). “Mayor aboard subway to NJ (Supports No. 7 extension to Secaucus)”. ニューヨーク・ポスト. http://www.nypost.com/p/news/local/manhattan/mayor_aboard_subway_to_nj_iA2sZ3IMDdLKJYx7XCxGSI 2011年10月26日閲覧。 
  82. ^ Bernstein, Andrea (2010年11月16日). “Mayor Bloomberg Explores Extending Subway to New Jersey”. WNYC. オリジナルの2010年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101120020352/http://www.wnyc.org/articles/wnyc-news/2010/nov/16/mayor-bloomberg-explores-extending-subway-new-jersey/ 
  83. ^ O'Grady, Jim (2010年11月17日). “Bloomberg: New Tunnel Could Be "Even Better" Than ARC”. Transportation Nation (WNYC). http://transportationnation.org/2010/11/17/bloomberg-new-tunnel-could-be-even-better-than-arc/#more-8561 
  84. ^ “NJ Commuters Like 7 Train Extension Plan”. WCBS. (2010年11月17日). http://newyork.cbslocal.com/2010/11/17/nyc-subway-line-may-continue-into-n-j/ 
  85. ^ “Tunnel to Nowhere Might Become 7 to Secaucus”. WNBC. (2010年11月17日). http://www.nbcnewyork.com/news/local-beat/Tunnel-to-Nowhere-Might-Become-7-to-Secaucus-108680929.html 
  86. ^ Roth, Jaime (2010年11月17日). “7 Subway Extension to NJ (Video)”. WABC. http://abclocal.go.com/wabc/video?id=7794331 
  87. ^ Gateway Project (PDF)”. Amtrak. p. 7 (2011年2月). 2011年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月7日閲覧。
  88. ^ Higgss, Larry (2011年12月4日). “Tunnelvision Gateway project, No. 7 train extension latest to vie for trans-Hudson blessing”. Asbury Park Press. http://www.app.com/article/20111204/NJOPINION06/312040019/Gateway-project-No-7-line-extension-latest-vie-trans-Hudson-blessing?odyssey=nav%7Chead 2011年12月5日閲覧。 
  89. ^ Haughney, Christine (2012年4月3日). “MTA Chief rules out subway line to New Jersey”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2012/04/04/nyregion/transit-agency-chief-rules-out-new-york-new-jersey-subway.html?_r=1&scp=1&sq=7%20subway%20extension&st=cse 2012年4月4日閲覧。 
  90. ^ Plan to extend No. 7 subway from NYC to New Jersey could be back on track, Mike Frassinelli, The Star-Ledger, April 10, 2013
  91. ^ Parsons Brinkerhoff (April 2013) (PDF). No 7 Secaucus Extension Feasibility Analysis Final Report (Report). NYCEDC. p. III-X. http://www.nycedc.com/sites/default/files/filemanager/Resources/Studies/No_7_Secaucus_Extension_Final_Report_April_2013.pdf 2013年4月10日閲覧。. 
  92. ^ Gottesman, Jerry; Spinola, Steven (2013年11月4日). “Let’s extend the 7 train to Secaucus After the far West Side, the next stop on the 7 should be across the river”. Daily News (New York). http://www.nydailynews.com/opinion/extend-7-train-secaucus-article-1.1504464 2013年11月4日閲覧。 
  93. ^ AN ASSEMBLY RESOLUTION supporting the extension of the New York City IRT Flushing Line into the State of New Jersey. (PDF)”. ASSEMBLY RESOLUTION No. 168 STATE OF NEW JERSEY 215th LEGISLATURE. New Jersey Legislature (2013年5月13日). 2013年11月26日閲覧。
  94. ^ Brenzel, Kathryn (2013年11月26日). “Committee green lights expansion of NYC subway to Hoboken”. NJ.com. 2013年11月26日閲覧。
  95. ^ New York State Society of Professional Engineers Recognizes No. 7 Line Project”. Tunnel Business Magazine (2013年7月3日). 2013年8月20日閲覧。
  96. ^ 7 Line Extension”. MTA.info. 2013年11月10日閲覧。

経路図:

KMLファイル (編集ヘルプ)
ウィキデータにあるKML
映像外部リンク
ニューヨーク市都市交通局が公開した7系統延伸工事のビデオクリップ(YouTube)
Update, 2012年1月12日、2:32
Update, 2010年6月16日、3:13
Update, 2011年5月4日、2:59
Update, 2011年11月16日、2:27
Update - Rails being delivered, 2012年5月10日、2:53
Update, 2011年11月16日、3:08
Inaugural Ride, 2013年12月21日、9:30
7 Line Extension Train Operator and Dispatcher Training, 2015年5月31日、3:39
34 St-Hudson Yards Station, 2015年9月13日、4:51