ニューヨーク市地下鉄K系統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
K系統
シンボルマーク
基本情報
路線網 ニューヨーク市地下鉄
起点 168丁目駅
終点 ワールド・トレード・センター駅
駅数 23駅
経由路線 IND8番街線
開業 1932年9月10日
廃止 1988年12月11日
運営者 ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ
路線諸元
NYCS map K
Linea K metropolitana di New York.png
テンプレートを表示

ニューヨーク市地下鉄K系統(にゅーよーくしちかてつKけいとう、英語K Eighth Avenue Local)はかつてニューヨーク市地下鉄Bディビジョンで使用されていた運転系統。カラーは(ビビット・ブルー)で、1988年までマンハッタン区のIND8番街線で運行されていた。1985年5月6日まではニューヨーク市地下鉄AA系統という名前であった。

歴史[編集]

AA系統での運行[編集]

1979年まで使用されていたロゴ
1979年から1985年まで使用されていたロゴ
1940年の6番街線各駅停車の運転の開始による、運行内容の変更が説明されている張り紙。

1932年9月10日、A系統とAA系統はIND8番街線の開通に伴って、運行が開始された。インディペンデント・サブウェイ・システム(IND)は急行運転する系統には大文字一つを使い、緩行運転する系統には大文字二つを使って区別した。AA系統は168丁目駅からハドソン・ターミナル駅(後のワールド・トレード・センター駅)まで緩行線で運用されることになった。1933年2月1日、A系統がチェンバーズ・ストリート駅からINDフルトン・ストリート線ジェイ・ストリート-ボロー・ホール駅まで延長されるのに伴い、この系統もチェンバーズ・ストリート駅まで延長されたが、Aが運行されなかった時間帯だけの適用であった。[1][2]

1933年7月1日、AA系統はINDコンコース線が開通された時に運用停止となり、新しくCC系統がIND8番街で緩行線で運行されることになった。

1940年12月15日、IND6番街線の開通に伴い、約7年間運用が停止されていたAA系統は、ラッシュアワー時以外の運行に戻された。ラッシュアワー時の運行はBB系統が6番街線経由で行うことになった[3]。 このパターンは、深夜時間帯の運行がA系統に置き換えられた1977年8月28日まで変更されなかった。[1][2][4]

K系統での運行[編集]

1985年の系統名の変更が説明されているパンフレットの表紙。

1985年5月6日、(系統名の)二重文字の削除の一環として、AAKに変わった。 この系統は昼間、夜間、週末の3つの時間帯に168丁目駅からワールド・トレード・センター駅まで運行し、深夜時間帯にはA系統がK系統の停車駅に停車した。 ラッシュアワー時では、CCだったC系統が,ベッドフォード・パーク・ブールバード駅ロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅を往復して、K系統が8番線の各駅停車になった[5]。 この変更は1987年5月24日まで公式にはスケジュールに反映されなかった[2]

1988年12月11日、広範囲にわたるサービス変更の一環として、K系統はBおよびC系統に代替され、廃止された[6]

停車駅一覧[編集]

この系統が使われていた路線[編集]

路線 始発駅 終着駅 線路
IND8番街線 168丁目駅 ワールド・トレード・センター駅 緩行線

停車駅[編集]

凡例
Stops all times 終日停車
Stops all times except late nights 深夜を除き終日停車
Stops weekdays only 平日のみ停車
Stops rush hours in peak direction only 平日のピーク時のみ停車
時間帯詳細
K service バリアフリー・アクセス 乗換 接続と備考
マンハッタン
Stops all times 168丁目駅 バリアフリー・アクセス
Stops all times 163丁目-アムステルダム・アベニュー駅
Stops all times 155丁目駅
Stops all times 145丁目駅 A Stops all times D Stops all times (INDコンコース線)
Stops all times 135丁目駅
Stops all times 125丁目駅 Aall times Dall times
Stops all times 116丁目駅
Stops all times カテドラル・パークウェイ-110丁目駅
Stops all times 103丁目駅
Stops all times 96丁目駅
Stops all times 86丁目駅
Stops all times 81丁目-自然史博物館駅
Stops all times 72丁目駅
Stops all times 59丁目-コロンバス・サークル駅 A Stops all times D Stops all times1 Stops all times (IRTブロードウェイ-7番街線)
Stops all times 50丁目駅 E Stops all times
Stops all times 42丁目-ポート・オーソリティ・バスターミナル駅 A Stops all times E Stops all times1 Stops all times 2 Stops all times 3 Stops all times except late nights (IRTブロードウェイ-7番街線),

7 Stops all times (IRTフラッシング線), (BMTブロードウェイ線),S all times (42丁目シャトル)

ポート・オーソリティ・バスターミナル
備考:黄色のB及びD系統は廃止
Stops all times 34丁目-ペン・ステーション駅 A Stops all times E Stops all times アムトラック, ロングアイランド鉄道, ニュージャージー・トランジットペンシルベニア駅
Stops all times 23丁目駅 E Stops all times
Stops all times 14丁目駅 A Stops all times E Stops all timesL Stops all times (BMTカナーシー線)
Stops all times 西4丁目-ワシントン・スクエア駅 A Stops all times E Stops all timesF Stops all times S all times JFK all times except late nights (IND6番街線) パストレイン9丁目駅乗換
備考:グランド・ストリート・シャトルJFKエクスプレスは廃止。
Stops all times スプリング・ストリート駅 E Stops all times
Stops all times キャナル・ストリート駅 A Stops all times E Stops all times
Stops all times ワールド・トレード・センター駅 E Stops all timesA Stops all times (IND8番街線、チェンバーズ・ストリート駅)

2 Stops all times 3 Stops all times except late nights (IRTブロードウェイ-7番街線パーク・プレイス駅)

パストレインワールド・トレード・センター駅

脚注[編集]

  1. ^ a b NYCT Line by Line History”. www.erictb.info. 2016年6月9日閲覧。
  2. ^ a b c The ERA Bulletin 2011-11” (英語). Issuu. 2016年6月19日閲覧。
  3. ^ “The New Subway Routes”. The New York Times. (1940年12月15日). ISSN 0362-4331. https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9E01E5DF1F3EE33ABC4D52DFB467838B659EDE&legacy=true 2016年6月20日閲覧。 
  4. ^ Service Adjustments on the BMT and IND Lines Effective Midnight, Saturday, August 27 New York City Transit Authority (1977)”. Flickr - Photo Sharing!. 2016年6月9日閲覧。
  5. ^ Hey, What's a "K" train? 1985 Brochure”. Flickr - Photo Sharing!. 2016年6月17日閲覧。
  6. ^ Johnson, Kirk (1988年12月9日). “Big Changes For Subways Are to Begin” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1988/12/09/nyregion/big-changes-for-subways-are-to-begin.html 2018年12月9日閲覧。