ニューヨーク市地下鉄R142形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニューヨーク市地下鉄R142形電車
ニューヨーク市地下鉄R142A形電車
4号線を走行するR142A (2014年8月・125丁目駅)
4号線を走行するR142A
(2014年8月・125丁目駅)
基本情報
運用者 ニューヨーク市地下鉄
製造所 ボンバルディア・トランスポーテーション (R142)
川崎重工業車両カンパニー (R142A)
製造年 1999年 - 2004年
製造数 1030両 (R142)
600両 (R142A)
運用開始 1999年
主要諸元
編成 5両編成
軌間 1,435mm(標準軌
電気方式 直流625V
最高運転速度 91 km/h
起動加速度 4.0 km/h/s
減速度(常用) 最大 4.0 km/h/s
減速度(非常) 5.2 km/h/s
車両定員 176名(先頭車)
188名(中間車)
全長 15,560 mm
全幅 2,620 mm
全高 3,622 mm
車体 ステンレス
台車 ボルスタ付き軸梁式
主電動機 かご形三相誘導電動機
4LCA1640A
主電動機出力 110kW
駆動方式 たわみ板式継手
歯車比 不明
制御方式 2レベルIGBT素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生併用電気指令式空気ブレーキ
RT-96
保安装置 打子式ATS
テンプレートを表示

ニューヨーク市地下鉄R142形電車(ニューヨークしちかてつR142がたでんしゃ)は、ニューヨーク市地下鉄にて1999年より使用されている通勤形電車(ニュー・テクノロジー・トレイン)である。

本稿では、同様の構造を持ち、川崎重工業製のニューヨーク市地下鉄R142A形電車についても取り扱う。

概要[編集]

ニューヨーク市地下鉄で従来なかった新機軸を多数取り入れた「ニュー・テクノロジー・トレイン」の量産車両第1号として1999年より製造されたAディビジョン用の車両である。

R142はボンバルディア・トランスポーテーション製、R142Aは川崎重工業[1]である。

本車両のプロダクトデザインは工業デザイナーの宇多川信学によるもので、エクステリア・インテリアを担当し、2001年にはインダストリアル・デザイン・エクセレンス賞英語版(IDEA)の銀賞を受賞、さらにデザイン誌「I.D.英語版」の「ID Annual Design Review」において「Design Distinction, Equipment」に選出された[2]

R142は1999年より1030両が、R142Aは同年より600両が導入され、2004年には全1630両が出揃った。2018年現在はR142Aのうち380両がR188形に編入されたため1250両在籍する。

車体[編集]

ニューヨーク市地下鉄では標準的なステンレス車体であるが、側面のビードがなくなっている点が従来との違いであり、また運転席直後のドア左右には白と赤のグラデーションが配された飾り帯が貼られている[3]

行先表示器は前面がLED式[4]、側面はLCD式で、側面のものはR142とR142Aで号線表示部分の書体が若干異なる。

車内[編集]

水色のプラスチックのベンチのようなロングシートで構成され、クッション類の設置はない。また、立ち客用には座席端と中央、扉付近には握り棒があるがつり革はない。 また窓上には路線図式の案内表示器が、枕木方向にはLED式のフリーボード案内表示器が設置されている。

運転・走行機器[編集]

ニューヨーク市地下鉄の量産車両では初めてVVVFインバータ制御を採用した。R142はアルストム製、R142Aはボンバルディア・トランスポーテーション製をそれぞれ使用している。また、主電動機もかご形三相誘導電動機が採用され、4LCA1640Aと称される。

現状[編集]

現在、R142Aのうち380両 (5両76本) はR188形へ改造および編入され、6号線から7号線へ転属[5]し、かわりにR62A形が6号線へ転属した。しかしそれでもR142Aの一部が6号線に残っていたが、こちらは4号線へ転属し、R142Aは全車4号線 (ジェローム車庫) 所属となった[6]

2017年現在、R142は2号線4号線および5号線で、R142Aは4号線で走っている[6]

脚注[編集]

  1. ^ 初期車は日本製だが、途中より製造ペースを上げるためアメリカ国内で製造されるようになった
  2. ^ R142/R142A Subway Car MTA/New York City Transit”. Antenna Design New York Inc.. 2013年7月25日閲覧。
  3. ^ Bディビジョンの車両にこのような飾り帯がある車両はない。
  4. ^ 系統番号のみ表示し、行先は表示されない。
  5. ^ 2本に1本は新造車1両を加えて6両編成となる
  6. ^ a b Subdivision 'A' Car Assignments: Cars Required June 24, 2018. 61. Electric Railroaders' Association. (July 2018). p. 16. https://erausa.org/pdf/bulletin/2018/2018-07-bulletin.pdf 2018年11月8日閲覧。. 

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ニューヨーク市地下鉄R142形電車に関するカテゴリがあります。
ウィキメディア・コモンズには、ニューヨーク市地下鉄R142A形電車に関するカテゴリがあります。