ニューヨーク 冬物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニューヨーク 冬物語
Winter's Tale
監督 アキヴァ・ゴールズマン
脚本 アキヴァ・ゴールズマン
原作 マーク・ヘルプリン
ウィンターズ・テイル英語版
製作 アキヴァ・ゴールズマン
マーク・プラット
マイケル・タドロス
トニー・アラード
製作総指揮 ケリー・フォスター
ブルース・バーマン
出演者 コリン・ファレル
ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ
ジェニファー・コネリー
ウィリアム・ハート
エヴァ・マリー・セイント
ラッセル・クロウ
ウィル・スミス
音楽 ハンス・ジマー
ルパート・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 キャレブ・デシャネル
編集 ウェイン・ワーマン英語版
ティム・スクワイアズ
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
ワーナー・ブラザース
Weed Road Pictures
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年2月14日
日本の旗 2014年5月16日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $30,800,231[2]
1600万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

ニューヨーク 冬物語』(ニューヨーク ふゆものがたり、Winter's Tale)は、2014年アメリカ合衆国ファンタジー映画。原作はマーク・ヘルプリンの1983年の小説『ウィンターズ・テイル英語版』。『ビューティフル・マインド』(2001年)でアカデミー脚色賞を受賞した脚本家映画プロデューサーアキヴァ・ゴールズマンの監督デビュー作である[4]ニューヨークを舞台に、1人の男の100年の時を超えた愛を描く。

ストーリー[編集]

1895年、とある移民夫婦が、入国審査で結核にかかっていたことがわかり、ニューヨークへの入国を拒否される。夫婦は幼児を模型の船に載せて海に流し、幼児は岸に流れ着く。

1916年、幼児はギャングの親玉パーリー・ソームズに身をやつす悪魔に育てられ、盗賊ピーター・レイクと名乗っていた。ギャングを抜けようとしたピーターは殺されそうになるが、守護天使である白馬に救われる。ピーターは大きな屋敷に盗みに入り、結核で死期の近い赤毛の令嬢ベバリー・ペンに出会う。ピーターは盗みをあきらめ、ベバリーにお茶に誘われる。2人は互いのことを語り合い、恋に落ちる。

ベバリーを救うことはピーターの運命であると信じ、邪魔するためにパーリーは屋敷に向かう。白馬に乗ったピーターはベバリーを救い出し彼女が望むままに湖に連れていく。掟によってパーリーらは境界を超えて追いかけることが出来ないため、2人は逃げ切ることに成功する。ピーターは夏屋敷に滞在するベバリーの家族と親しくなる。ベバリーはピーターと散歩し、誰の中にも奇跡があり、死んだ後には星になるのだと言う。

一方パーリーは境界を超える許可をルシファーに求めるが却下され、代わりにルシファーの元天使の力を借りる。舞踏会でベバリーは毒の入った酒を飲まされる。その夜、2人は愛を交わすが、毒のためにベバリーは死に、ピーターは奇跡を起こしてベバリーを甦らせることが出来ず悲しみに暮れた。

葬儀の後、ピーターと白馬はニューヨーク市内に戻るが、橋でパーリーらに襲われる。ピーターは白馬を逃がし、パーリーに激しく殴られたのち川に突き落とされてしまう。パーリーらが去った後、満身創痍のピーターは岸にたどり着くが、殴られたことによって記憶を失っていた。その後彼は100年間市内を彷徨い、自分の名前すらもわからぬまま、赤毛の娘の絵を道路に描き続けた。

2014年、年を取らないピーターは少女アビーにぶつかり、その母バージニアに出会う。ピーターはベバリーの父が建てたという図書館に行き、バージニアに昔の写真を見せられて記憶を一部取り戻す。ピーターは、現在はバージニアの新聞社の社主であるベバリーの妹ウィラとの再会を果たす。ピーターは自分の救うべき赤毛の娘がベバリーではなく、末期ガンに侵されたアビーであることに気づく。

ピーターが生きていることを知ったパーリーは激怒し、ピーターを破滅させるために不死性を放棄する。パーリーはバージニアのアパートを襲うが、ピーター、バージニア、アビーは翼の生えた白馬と共に逃げ出す。一行は屋敷のある湖に来るが、今や不死性を失い掟に縛られないパーリーは手下と共に境界を超えて追いかける。しかし白馬が氷を割って手下を湖に沈め、ピーターはパーリーと格闘したのちパーリーは死に、雪に変わる。そしてピーターはアビーの命を救う奇跡を起こす。

ピーターは最後にベバリーの墓を訪ね、白馬に乗って星になる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

挿入曲[編集]

原作小説[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Winter's Tale (2014)” (英語). Box Office Mojo. 2014年5月15日閲覧。
  2. ^ Winter's Tale”. Boxoffice.com. 2014年4月16日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 96頁
  4. ^ ニューヨーク 冬物語”. allcinema. 2014年5月15日閲覧。