ニューラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ニューラ
全国
ヘラクロス - ニューラ(#215) - ヒメグマ
ジョウト
マグカルゴ - ニューラ(#218) - ムウマ
シンオウ
ユキノオー - ニューラ(#144) - マニューラ
基礎データ
英語名 Sneasel
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 マニューラ
世代 第2世代
ポケモン学
分類 かぎづめポケモン
タイプ あく / こおり
高さ 0.9m
重さ 28.0kg
特性 するどいめ / せいしんりょく
かくれ特性 わるいてぐせ
テンプレートを表示

ニューラは、ポケットモンスターシリーズに登場する649種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

特徴[編集]

鋭いカギ爪を持った黒猫のような姿をしたポケモン。木に登り、アーボと同様にポッポオニスズメの卵を食べる。

体色は『金・銀』では茶色だったが、『クリスタル』以降では公式イラストにあわせ体色が紺色になっている。メスは赤い耳がオスよりも短い。

ゲームでのニューラ[編集]

『金・銀』、『リーフグリーン』、『ダイヤモンド・パール』で捕獲することが可能だが、いずれもストーリーがかなり後半になってから。

『ダイヤモンド・パール』以降は「するどいツメ」を持たせて夜にレベルアップするとマニューラに進化する。

ストーリー中では『金・銀』のライバル(あるトレーナーから奪い取ったもの)やキッサキシティジムリーダーのスズナ、ギンガ団ボスのアカギが使用するポケモンでもある。

こおり・あくタイプの両方を持つポケモンはニューラと進化系のマニューラだけである。

アニメでのニューラ[編集]

無印ではジョウトリーグ直前に登場。大会の聖火が納められている所に住み着き、近づく者は追い返してしまう。実力はサトシワニノコを倒すほど強い。ハヅキがバシャーモを使ってゲットし、ジョウトリーグで使用した。第1回戦でカイリキーに勝利し、第2回戦ではピカチュウを倒すが、ワニノコとの再戦で敗れた。

アドバンスジェネレーション』バトルフロンティア編では、はぐれマニューラの恋人の♀のニューラが登場している。

映画でのニューラ[編集]

セレビィ 時を超えた遭遇』ではビシャスのポケモンとしてハッサムと共に登場したが、サトシのベイリーフ、ユキナリのリザードに倒された。

ポケモンカードでのニューラ[編集]

ポケモンカードゲームでは、悪タイプのたねポケモンとして扱われている。

初登場はポケモンカードneo第一弾「金、銀 新世界へ...」で、悪タイプとして収録された。その際のレアリティは★。

その後、ポケモンカードe、ポケモンカードゲーム、ポケモンカードDP、ポケモンカードLEGENDに収録された。

漫画でのニューラ[編集]

ポケットモンスターSPECIAL』ではシルバーの手持ちとして登場。「こごえるかぜ」「だましうち」「ふくろだたき」などを使う。

ポケモンゲットだぜ!』ではよく悪者などが使用するポケモンとして登場していたが、後にシュウがゲットするポケモンとなった。だが「どろぼう」で人やポケモンの道具を盗むという悪い癖があり、当初もシュウに懐いていなかったが、後にサンダーから助ける際、懐くようになった。それ以降はセレビィ捕獲の際に活躍した。

その他におけるニューラ[編集]

「ポケモンいえるかneo?」では歌詞の最後に登場するポケモンである。

関連項目[編集]