ニュールンベルグ裁判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニュールンベルグ裁判
Judgment at Nuremberg
Judgment at Nuremberg-Maximilian Schell3.JPG
監督 スタンリー・クレイマー
脚本 アビー・マン
原案 アビー・マン
製作 スタンリー・クレイマー
出演者 スペンサー・トレイシー
バート・ランカスター
リチャード・ウィドマーク
マクシミリアン・シェル
マレーネ・ディートリヒ
ジュディ・ガーランド
モンゴメリー・クリフト
音楽 アーネスト・ゴールド
撮影 アーネスト・ラズロ
編集 フレデリック・ナドソン
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1961年12月19日
日本の旗 1962年4月28日
上映時間 186分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
製作費 $3,000,000
テンプレートを表示

ニュールンベルグ裁判』(ニュールンベルグさいばん、Judgment at Nuremberg)は、1961年アメリカ合衆国のドラマ映画。

概要[編集]

ナチスドイツ第二次世界大戦で犯した大罪や戦犯を裁いたニュルンベルク裁判を基に、スペンサー・トレイシーバート・ランカスターリチャード・ウィドマークマクシミリアン・シェルマレーネ・ディートリヒジュディ・ガーランドモンゴメリー・クリフトら豪華スターを迎えて、スタンリー・クレイマー監督によって映画化された作品。

ドイツ側の弁護人を演じたマクシミリアン・シェルはこの映画で第34回アカデミー賞主演男優賞に輝いたのを始めとして、スペンサー・トレイシーが主演男優賞、モンゴメリー・クリフトが助演男優賞、ジュディ・ガーランドが助演女優賞にそれぞれノミネートされるなど、出演俳優の演技も高く評価された。他に脚色賞にも輝いたが、作品賞の受賞は逃した。

ストーリー[編集]

1946年ドイツニュルンベルクで国際軍事裁判が開かれた。そのうちの一つ、ナチ政権下エルンスト・ヤニングら4人の法律家が関わった2つの裁判の是非を巡り、占領国・被占領国双方の思惑も絡み、検察側・弁護側の間で激しい攻防が繰り広げられる。

登場人物[編集]

ダン・ヘイウッド
演 - スペンサー・トレイシー
裁判長。元メイン州判事。
エルンスト・ヤニング
演 - バート・ランカスター
被告。元法務大臣、判事。
タッド・ローソン
演 - リチャード・ウィドマーク
検察官、合衆国陸軍法務大佐。
ハンス・ロルフ
演 - マクシミリアン・シェル
エルンスト・ヤニング担当の弁護人。
ベルトホルト夫人
演 - マレーネ・ディートリヒ
カール・ベルトホルト将軍の未亡人。
イレーネ・ホフマン・ウォルナー
演 - ジュディ・ガーランド
証人。「フェルデンシュタイン事件」の共同被告。
ルドルフ・ペーターゼン
演 - モンゴメリー・クリフト
証人。断種裁判の犠牲者。
ハリソン・ベイヤーズ
演 - ウィリアム・シャトナー
書記官、合衆国陸軍大尉。
マット・メリン将軍(占領軍司令部)
演 - アラン・バクスター
バーケット議員
演 - エド・ビンズ
ヘイウッドの友人。
ケネス・ノリス判事
演 - ケネス・マッケンナ
カーティス・アイヴス判事
演 - レイ・ティール
ラドニッツ法務少佐
演 - ジョゼフ・バーナード
検察官。
フリードリヒ・ホフステッター
演 - マーティン・ブラント
被告。元判事。
エミール・ハーン
演 - ウェルナー・クレンペラー
被告。元判事。
ウェルナー・ランペ
演 - トーベン・マイヤー
被告。元判事。
カール・ヴィーク
演 - ジョン・ウェングラフ
証人。元判事、ヤニングの恩師。
グーター弁護士
カール・スウェンソン
証人。「フェルデンシュタイン事件」での被告弁護人。
リンドナウ夫人
オルガ・フェビアン
証人。元フェルデンシュタイン使用人。
ポール
オットー・ワルディス
服役囚。元強制収容所管理者。
ハルプシュタット
ベン・ライト
判事宿舎使用人。
ハルプシュタット夫人
ヴァージニア・クリスティーネ
夫と同じ判事宿舎使用人。
シュミット
パウル・ブッシュ
ヘイウッド付き運転手。
マックス・パーキンス
バーナード・ケイツ
UP通信の記者。
ウォルナー
ハワード・ケイン
イレーネ・ホフマンの夫。
エルサ・シェッフラー
ジーナ・テイラー
ベイヤーズ大尉の恋人。
アイヴス夫人
シェイリア・ブロムリー

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
NETテレビ 劇場公開版
ダン・ヘイウッド裁判長 スペンサー・トレイシー 森山周一郎 巌金四郎
エルンスト・ヤニング被告 バート・ランカスター 久松保夫
タッド・ローソン検察官 リチャード・ウィドマーク 大塚周夫
ハンス・ロルフ弁護人 マクシミリアン・シェル 羽佐間道夫 久米明
ベルトホルト夫人 マレーネ・ディートリヒ 黒柳徹子
イレーネ・ホフマン・ウォルナー ジュディ・ガーランド 浦川麗子
ルドルフ・ペーターゼン モンゴメリー・クリフト 山内雅人
ハリソン・ベイヤーズ書記官 ウィリアム・シャトナー  細井重之
マット・メリン将軍 アラン・バクスター
バーケット議員 エド・ビンズ
ケネス・ノリス判事 ケネス・マッケンナ
カーティス・アイヴス判事 レイ・ティール 塩見竜介
ラドニッツ法務少佐 ジョゼフ・バーナード 大宮悌二
フリードリヒ・ホフステッター マーティン・ブラント
エミール・ハーン ウェルナー・クレンペラー
ウェルナー・ランペ トーベン・マイヤー
カール・ヴィーク ジョン・ウェングラフ
グーター弁護士 カール・スウェンソン 千葉耕市
リンドナウ夫人 オルガ・フェビアン 麻生美代子
ポール服役囚 オットー・ワルディス
ハルプシュタット ベン・ライト
ハルプシュタット夫人 ヴァージニア・クリスティーネ
シュミット パウル・ブッシュ
マックス・パーキンス バーナード・ケイツ
ウォルナー ハワード・ケイン
エルサ・シェッフラー ジーナ・テイラー
アイヴス夫人 シェイリア・ブロムリー
ナレーター - 矢島正明

脚注[編集]

  1. ^ 字幕での説明が困難なため、当時としては珍しく日本語吹替で上映が行われた(字幕版も同時公開されているが、1日1回の上映だった)。ただし、後のリバイバル上映は大半が字幕での公開となっている。