ニュー・ムーンに逢いましょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ニュー・ムーンに逢いましょう
Winkシングル
初出アルバム『Crescent
B面 水の星座
リリース
規格 8cmCD
デジタル・ダウンロード
ジャンル ポップス
時間
レーベル ポリスター
作詞・作曲 作詞:及川眠子
作曲:門倉有希
編曲:門倉聡
プロデュース 水橋春夫
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本・旧):1990年12月認定[1]
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン、1990年12月3日)[2]
  • 1991年度年間55位(オリコン)[3]
  • Wink シングル 年表
    夜にはぐれて 〜Where Were You Last Night〜
    (1990年)
    ニュー・ムーンに逢いましょう
    (1990年)
    きっと熱いくちびる 〜リメイン〜
    1991年
    テンプレートを表示

    ニュー・ムーンに逢いましょう」(ニュー・ムーンにあいましょう)は、Winkの9枚目のシングルである。1990年11月21日ポリスターより発売された。

    解説[編集]

    表題曲は、作詞を及川眠子、作曲を門倉有希、編曲を門倉聡が担当したWinkの楽曲。1989年11月1日発売の「One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜」以来、3作品ぶりの同デュオの非カバー曲である。『ザテレビジョン』では、「アップテンポぎみのユーロビートの中にオリエンタル調のフレーズを織り込んだ作品」と紹介された[4]。また『ORICON WEEKLY』では、「アップ・テンポ気味の哀愁ユーロビート…というとWinkの王道って感じだけど、今回は東洋音階が取り入れられていてチャイニーズ風に迫るサビの部分が妖しい雰囲気をかもし出しているのだ。」とされている[5]

    この曲は、パナソニック・ヘッドホンステレオRQ-S45松下電器産業)のCMソングに起用された。

    カップリング曲は「水の星座」。原曲は、アメリカ合衆国の歌手・女優であるトリシア・リー・フィッシャー英語版の1990年のアルバム曲 "Let an Angel" [注 1]である。日本語詞を及川眠子、編曲を門倉聡が担当した。

    1990年11月21日に発売。オリコンチャートの週間ランキングでは、12月3日付の初登場2位を最高位とし、以後、100位以内には、翌1991年3月4日付の81位まで、13週連続ランクインした[6][7]。同チャートの年間ランキングでは、1991年度において売上24.899万枚により55位となっている[3]

    収録曲[編集]

    1. ニュー・ムーンに逢いましょう
    2. 水の星座
      • 作詞・作曲:ロッド・ギャモンス, アンジー・ルービン, シェリー・スペック、日本語詞:及川眠子

    収録アルバム[編集]

    • ニュー・ムーンに逢いましょう

    テレビ番組における歌唱[編集]

    ※ 在京キー局のテレビ番組の放送日は首都圏のもの。地方の系列局の放送日は異なる場合がある。

    放送日 (曜日) 番組名 放送局 衣装 備考
    1990.11.16 (金)[注 2] ヒットパレード90's[注 2] フジテレビ Winkは同番組で小泉今日子の楽曲「木枯らしに抱かれて」も歌唱。
    1990.11.18 (日)[注 3] 歌謡びんびんハウス[注 3] テレビ朝日 Winkは同番組の次回12月2日(日)放送分にも出演[注 4]
    1990.11.21 (水)[注 3] 邦ちゃんのやまだかつてないテレビ[注 3] フジテレビ
    1990.11.30 (金)[8] ミュージックステーション[8] テレビ朝日
    1990.12.02 (日)[注 5] スーパーJOCKEY[注 5] 日本テレビ
    1990.12.14 (金)[注 6] ヒットパレード90's[注 6] フジテレビ Winkは同番組で伊東きよ子の楽曲「花と小父さん」も歌唱。
    1990.12.21 (金)[注 7] SOUND ROOF[注 7] 日本テレビ Winkは同番組で松任谷由実の楽曲「恋人がサンタクロース」も歌唱。
    1990.12.28 (金)[9] ミュージックステーション[9] テレビ朝日 Winkはコンサート用の衣装を着用し、「夜にはぐれて」、「Sexy Music」、「淋しい熱帯魚」、本曲のメドレーを歌唱[9]
    1991.01.11 (金)[注 8] ヒットパレード90's[注 8] フジテレビ Winkは同番組で「愛が止まらない」も歌唱。
    1991.01.20 (日)[注 9] 歌謡びんびんハウス[注 9] テレビ朝日
    1991.02.06 (水)[注 10] 邦ちゃんのやまだかつてないテレビ[注 10] フジテレビ Winkは同番組で、やまだかつてないWINKとともに本曲を歌唱。
    1991.02.15 (金)[注 11] ヒットパレード90's[注 11] フジテレビ Winkは同番組で「夜にはぐれて」も歌唱。
    1992.06.15 (月)[10] Winkコンサートツアー'92[10] NHK BS2 同番組は1992年4月5日(日)に中野サンプラザで開催された「Sapphire」コンサートを収録したもの。Winkはコンサート用の衣装を着用。
    1993年1月3日(日)に再放送[11]
    ライブビデオ『WINK '92 CONCERT SAPPHIRE』(ポリスター、1992年9月26日)に本曲歌唱部分も収録。
    • 「衣装」欄の記号:A=PV[注 12]の衣装と同じもの B=上着に雑誌『VOGUE』を切り貼りした衣装 C=その他(「備考」欄参照)

    カバー[編集]

    • ニュー・ムーンに逢いましょう
      • Yoo Yoo英語カバー。タイトルは「Meet You Under The Gypsy Moon」。Yoo Yooによる、シングル「Meet You Under The Gypsy Moon」(ポリスター、1991年2月25日)、Winkの楽曲の英語カバーアルバム『BEST OF WINK』(ポリスター、1991年11月25日)、同『WINK COLLECTION』(同前、1992年9月26日)に収録。

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ Tricia Leigh Fisher, Tricia Leigh Fisherアトコ・レコード、1990年)に収録。
    2. ^ a b 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1990年第46号)p.43(各地方版共通)に出演予定記載あり。
    3. ^ a b c d 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1990年第47号)p.45(各地方版共通)に出演予定記載あり。
    4. ^ 『ザテレビジョン 首都圏関東版』1990年第49号の番組表p.84に出演予定記載あり。
    5. ^ a b 読売新聞』1990年12月2日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1990年月12号p.84)テレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
    6. ^ a b 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1990年第50号)p.45(各地方版共通)に出演予定記載あり。
    7. ^ a b 『読売新聞』1990年12月21日朝刊第28面(『読売新聞縮刷版』1990年月12号p.1014)テレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
    8. ^ a b 「年末年始ビッグスター50」(『ザテレビジョン』1991年第1号)p.93(各地方版共通)に出演予定記載あり。
    9. ^ a b 『読売新聞』1990年1月30日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1991年1月号p.952)のテレビ番組表に「ウィンクVSチャチャの若き闘いに大月血圧あがり新沼ボケる」として番組放送予定記載あり。
    10. ^ a b 「TV解説」(『ザテレビジョン』1991年第5号)p.98(各地方版共通)に、「ライブは、やまかつWINKとWINKの共演」として番組放送予定記載あり。
    11. ^ a b 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1991年第6号)p.40(各地方版共通)に出演予定記載あり。
    12. ^ 外部リンク」の節の「ニュー・ムーンに逢いましょう / Wink【Official Music Video】」。

    出典[編集]

    参考文献[編集]

    関連項目[編集]