ニンガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ニンガル(Ningal)は、シュメール神話におけるヨシ女神エンキとニンギクルガ(Ningikurga)の娘で、月神シンとの間に、太陽神ウトゥと金星の女神イナンナイシュタルをもうける(イシュタルに関しては異説あり)。主にウル出土の文献にて言及され、もともとはメソポタミア南部の湿地帯に暮らす牛飼いの間で信仰されていた神だったと考えられている。

ニンガルは、「偉大なる女王」の意("Nin"は貴婦人・女王を、"Gal"は偉大なるを表す)。

画像[編集]

ニンガルのアッカド語楔形文字表記法。

参考文献[編集]

  • Jordan, Michael (2002). Encyclopedia of Gods. Kyle Cathie.