ニー・ドロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ニー・ドロップKnee Drop)は、プロレス技の一種である。ニー・プレスKnee Press)とも呼ばれる。日本名は膝落とし(ひざおとし)。打撃技浴びせ技)に分類される。

概要[編集]

ダウンした相手に対し、片膝を突き出すように折り曲げてジャンプして、相手の体に片膝を落とす。

古典的なプロレス技であり、フィニッシュ・ホールドとしても使用されていたが、近年では繋ぎ技として使用される場合が多い。

ニー・スタンプの派生技とされ、後述する応用型も存在する。

主な使用者[編集]

派生技[編集]

ランニング・ニー・ドロップ[編集]

ジャンピング・ニー・ドロップフライング・ニー・ドロップとも呼ばれる。助走してジャンプしながら相手の体に片膝を打ちつける。

ダイビング・ニー・ドロップ[編集]

フライング・ニー・ドロップとも呼ばれる[1]。コーナー最上段もしくはセカンドロープからジャンプして相手の体に片膝を打ちつける。軸足(相手の体にぶつけず、着地させる方の足)を前方へと伸ばして足の裏で着地するタイプと、軸足をもう片足(相手にぶつける方の足)と同様に膝を曲げた状態で着地するタイプの2種類がある。

ジプシー・ジョー金網デスマッチにおいて、金網の最上段から放ったことがある[2]

ダブル・ニー・ドロップ[編集]

ダブル・ニー・プレスとも呼ばれる。ダウンした相手に対し、両膝を突き出すように折り曲げてジャンプして、相手の体に両膝を打ちつける。上記ランニング・ニー・ドロップのように、助走してジャンプしながら落とす場合もある。

ダイビング・ダブル・ニー・ドロップ[編集]

【使用者】ジョン・トロスキラー・カーンリコシェ - チョコレートレインの名称で使用。、KUDO木高イサミ中洲ヨースケ - フライング・モンキーの名称で使用。エイサー8ラ・ピートザ・ブラディーKAZUKI世羅りさ
フライング・ダブル・ニー・ドロップとも呼ばれる。コーナー最上段もしくはセカンドロープからジャンプして相手の体に両膝を打ちつける。
ダイビング・ダブルニースタンプ
座りこんだ相手の両肩に向けてトップロープからダイビングダブルニードロップを放つ技。
メテオラ
【使用者】CIMAのオリジナル技。
尻餅状態の相手に対し、トップロープからダイブして両膝を顔面に叩き込むダイビング・ダブル・ニー・ドロップ。CIMAの経験と技術、そして類い稀なセンスが光る完成度の高いフィニッシャー。

2009年3月5日後楽園ホール大会での復帰戦にて日本初披露。「技のアイディア自体は前から考えていたが、以前は膝の状態が悪かったので使用しなかった。」と語っている。最近では、相手の腹部へ放ったり、トップロープから相手の背後から放ったりとバリエーションを増やしている。技の名はギリシャの修道院群であり、ユネスコの世界遺産でもあるメテオラから因んだ。

メテオラホールド
【使用者】CIMAのオリジナル技。
尻餅状態の相手に対し、コーナー最上段からメテオラを繰り出し、両膝を相手の顔面に乗せたまま両足を抱え込み、エビで固めてフォールを奪う最上級フィニッシュ・ホールド。ちなみに公式では「メテオラ→エビ固め」と表記される。

2013年の鷹木とのドリームゲート戦ではこれを返されてしまい、王座陥落してしまった。それ以降は2016年のKOGで戸澤陽に使用し、フィニッシュ技になり、2016年12月25日ではツインゲート防衛戦でT-Hawkに対して使い、こちらもフィニッシュ・ホールドになっているが、ドラゴンゲートの公式サイトでは、どちらもメテオラからエビ固めと表記されている。

ムーンサルト・ニー・プレス[編集]

リングに背を向けた状態でコーナー最上段から体を360度後方回転するようにジャンプして、両膝を相手の体に打ちつける。

シューティング・スター・ダブル・ニー・ドロップ[編集]

コーナー最上段からジャンプして空中で体を450度後方回転させ、両膝を相手の体に打ちつける。

脚注[編集]

  1. ^ フライング・ニー・ドロップという名称はランニング式ダイビング式の両方で使用されている。
  2. ^ 『Gスピリッツ Vol.19』P99(2011年、辰巳出版、ISBN 4777808920)

関連項目[編集]