ヌアイエ=モーペルテュイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Nouaillé-Maupertuis
Blason ville fr Nouaillé-Maupertuis (Vienne).svg
Nouaillé Maupertuis panorama.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) ヴィエンヌ県Blason département fr Vienne.svg
(arrondissement) ポワティエ郡
小郡 (canton) ヴィヴォンヌ小郡
INSEEコード 86180
郵便番号 86340
市長任期 ミシェル・ビュニェ
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de Communes Vallées du Clain
人口動態
人口 2745人
2015年
人口密度 125人/km2
住民の呼称 Nobiliens
地理
座標 北緯46度30分34秒 東経0度24分54秒 / 北緯46.5094444444度 東経0.415度 / 46.5094444444; 0.415座標: 北緯46度30分34秒 東経0度24分54秒 / 北緯46.5094444444度 東経0.415度 / 46.5094444444; 0.415
標高 平均:?m
最低:93m
最高:139m
面積 22.13km2
Nouaillé-Maupertuisの位置(フランス内)
Nouaillé-Maupertuis
Nouaillé-Maupertuis
テンプレートを表示

ヌアイエ=モーペルテュイNouaillé-Maupertuis)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ヴィエンヌ県コミューン

地理[編集]

ヌアイエ=モーペルテュイは、ポワティエ近郊に位置しているにもかかわらず、いまだ農村コミューンである。ヌアイエは、ミオソン川沿いに建つ修道院建築物を領域内に抱えている。

由来[編集]

地名は、780年に記されたラテン語形のNovaliacinseとして証明されている[1]。-éが名詞の最後にくるのはフランス西部で常に見られる。

最初の要素Noval(i)-は、おそらくラテン語で『新しく一掃された土地』を意味するnovalis(novaliaのニュートラルな複数形)を示す[2]。ヌアイユ(NoailleやNoailles)といった地名と同様である。したがって、地名の全体的な意味は『新しく一掃された土地のある場所』となる。

ヌアイエ、ヌアイユといった地名の形はフランス北部に存在しないようだが、フランス南部では頻繁に見られる。

歴史[編集]

1356年9月19日に起きたポワティエの戦いにおいて、12,000人の兵を従えたジャン2世エドワード黒太子率いるイングランド軍に打ち負かされた。ジャン2世と王子はイングランド軍の捕虜となり、大勢の領主たちが殺害された。この戦いの間に、のちにブルゴーニュ公となるフィリップ王子(フィリップ豪胆公)が有名な言葉を述べた。『父上、右を守ってください!左を守ってください!』[3]

イングランド軍はポワティエの町を攻撃することなく、ジャンセ、クエ、リュフェックへ退却した。毎年の中世祭りにおいて、ヌアイエ1356年協会がこの戦いを再現している。

この敗北の直接の結果となったブレティニー条約では、フランスはイングランド王兼アキテーヌ公に、ポワトゥー、サントンジュ、アングーモワ、リムーザン、ペリゴール、ケルシーおよびルエルグを割譲した。

ヌアイエはフランス革命の進展を歓迎した。町には革命の象徴である自由の木が植えられた。自由の木は、全ての祝祭や全ての革命的行事が行われる場所となった[4]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2005年 2015年
740 796 1017 1433 2142 2404 2588 2745

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[5]、2006年以降INSEE[6][7]

史跡[編集]

姉妹都市[編集]

参照[編集]

  1. ^ fr:Albert Dauzat et fr:Charles Rostaing, DNLEF, p. 488b
  2. ^ Albert Dauzat et Charles Rostaing, op. cit.
  3. ^ Jacques Marseille, Journal de la Bourgogne, Larousse,‎ , p. 108. Ces mots célèbres auraient été transmis par le chroniqueur fr:Giovanni Villani.
  4. ^ Robert Petit, Les Arbres de la liberté à Poitiers et dans la Vienne, Poitiers, Éditions CLEF 89/Fédération des œuvres laïques, 1989, p. 77-78 et 175
  5. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=25243
  6. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-86180
  7. ^ http://www.insee.fr