ヌアクショット・オムタウンシー国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヌアクショット・オムタウンシー国際空港
مطار نواكشوط الدولي - أم التونسي
Nouakchott–Oumtounsy International Airport
IATA: NKC - ICAO: GQNO
概要
国・地域 モーリタニアの旗 モーリタニア
所在地 ヌアクショット
種類 民間
所有者 モーリタニア政府
開港 2016年6月23日
拠点航空会社 モーリタニア航空インターナショナル
標高 3 m (9 ft)
座標 北緯18度18分36秒 西経15度58分11秒 / 北緯18.31000度 西経15.96972度 / 18.31000; -15.96972
地図
ヌアクショット・オムタウンシー国際空港の位置
ヌアクショット・オムタウンシー国際空港の位置
NKC/GQNO
ヌアクショット・オムタウンシー国際空港の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
06/24 2,400×45 コンクリート
16/34 3,400×60 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ヌアクショット・オムタウンシー国際空港(ヌアクショット・オムタウンシーこくさいくうこう、アラビア語:مطار نواكشوط الدولي - أم التونسي)は、モーリタニアヌアクショットにある国際空港である。ヌアクショットの中心部から北西25キロメートルに位置している。

2016年6月23日に開港し、ヌアクショット空港から機能を引き継いだ。

歴史[編集]

2011年11月に建設に向けた作業が始まり[1]2016年6月23日に同年の7月23日から7月25日ヌアクショットで行われたアラブ首脳会談に間に合わせる形で開港した[2]

これに伴い、従来のヌアクショット空港は閉鎖された。

施設[編集]

延床面積30,000平方メートルの旅客ターミナルには4本のボーディング・ブリッジを備え、年間200万人の旅客取扱能力を誇っている[1][2]

他にも貨物ターミナルやVIPターミナルが設置されている。

就航航空会社と就航都市[編集]

旅客便[編集]

航空会社 就航地
アルジェリアの旗 アルジェリア航空 フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港アビジャン)、ブレーズ・ジャーニュ国際空港ダカール
コートジボワールの旗 エール・コートジボワール フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港アビジャン
フランスの旗 エールフランス コナクリ国際空港コナクリ)、パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ
スペインの旗 ビンターカナリア
 スペインの旗 NAYSAが運航
グラン・カナリア空港グラン・カナリア島
モーリタニアの旗 モーリタニア航空インターナショナル フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港アビジャン)、バマコ・セヌー国際空港バマコ)、ムハンマド5世国際空港カサブランカ)、コナクリ国際空港コナクリ)、レオポール・セダール・サンゴール国際空港ダカール)、グラン・カナリア空港グラン・カナリア島)、ヌアディブ国際空港ヌアディブ
モロッコの旗 ロイヤル・エア・モロッコ ムハンマド5世国際空港カサブランカ
ポルトガルの旗 TAPポルトガル航空 ウンベルト・デルガード空港リスボン)(2018年6月18日より運航開始)
チュニジアの旗 チュニスエア チュニス・カルタゴ国際空港チュニス
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ アタテュルク国際空港イスタンブール

脚注[編集]

  1. ^ a b Mauritanie : inauguration du nouvel aéroport international de Nouakchott (JeuneAfrique.com・2018年1月7日閲覧)
  2. ^ a b Nouakchott, Mauritania's new airport opens to all traffic(ch-aviation.com・2018年1月7日閲覧)